♪超録 - パソコン長時間録音機

♪超録 - パソコン長時間録音機 の概要や使い方を紹介しています

♪超録 - パソコン長時間録音機 を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

パソコン上で再生している音 / 外部音源 等を、長時間録音できる!「♪超録」。

♪超録 - パソコン長時間録音機
制作者 PINO
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download (公式 : フリーウェア版)
Download (ミラー)

● ♪超録 - パソコン長時間録音機

高機能かつ使いやすい録音ソフト。
パソコン上で鳴っている音や、外部機器(オーディオ / マイク 等)から入力されている音声を、WAVE /
WMA / MP3 / OGG といったフォーマットで取り込むことができます。
入力音声のボリュームを、レベルメーター / 波形 でリアルタイムに表示する機能や、ファイルの自動分割、
タイマー録音... などの機能が付いています。

「♪超録 - パソコン長時間録音機」は、高機能かつ使いやすい録音ソフトです。
パソコン上で鳴っている音 / 外部機器から入力された音 等々を、録音してハードディスク内に取り込んで
くれる... というレコーディングツールです※1
※1 外部機器からの音声を取り込むには、それぞれの機器に対応したケーブル等が必要。
“ 連続録音時間が 90 分まで ” という制限はあるものの、出力ファイルの品質を細かく指定できたり※2
無音区間 / 指定した時間ごと にファイルを自動分割できたりするなど、使い勝手は中々良いです。
※2 サンプルレート、ビットレート 等。
また、入力音声のボリュームを、レベルメーター / 波形 で常時確認できるようになっているので、適切な
音量値での録音が可能となっています。
加えて、タイマーを使って予約録音を行うこともできたりします。
対応している出力フォーマットは、WAVE / WMA / MP3 / OGG ※3
※3 MP3 で保存する場合、「lame_enc.dll」 を「CHoRoKuF.exe」と同じフォルダ内に入れておく必要が
ある。

基本的な使い方は以下の通りです。

    準備
  1. 最初に、Windows 側で 録音デバイス※4 の設定 を行っておきます。
    ※4 録音の際に、入力元として認識させる機器のこと。
  2. 録音した音声をMP3 で保存したい場合、「lame_enc.dll」が必要になります※5
    RareWares などのサイトから LAME をダウンロードし、解凍 して出てきた「lame_enc.dll」を
    「♪超録」のインストールフォルダ内にコピーします。
    ※5 「lame_enc.dll」がない状態で「♪超録 - パソコン長時間録音機」を起動すると、
    「lame_enc.dll」のダウンロードを促すダイアログ が表示される。

  3. 手動録音
  4. 「CHoRoKuF.exe」を実行します。
  5. 画面上部の「録音プリセット」欄の右側にある ▼ をクリックし、出力する音声の品質を設定して
    おきます。
    (ここで設定した音声品質は、後から変更することもできます)
  6. その下にある「出力先フォルダ」欄で、録音された音声の出力先フォルダを指定します。
    (右端にある「参照」ボタンをクリックし、フォルダを指定する)
  7. さらにその下にある「保存ファイル名」欄で、出力するファイルの名前を指定します※6
    ※6 ファイル名には、「%TDY%」などの変数を使うことができる。
    (もちろん、変数を使わなくてもOK)
    「%TDY% = 本日日付」「%TLN% = トラック時間」「%SNW% = 録音開始時刻」等。
    (詳しくは、ヘルプを参照
    ファイル名の途中に ¥ を入れることで、 ¥ 以前の名前をディレクトリにすることも可能。
  8. 続いて「入力デバイス」欄で録音元のデバイスを、「入力形式」欄で取り込み時の音声品質を
    指定します。
    入力形式は、よくわからなければ「44.100 Hz / ステレオ / 16 bit」でOK。
    ( CD と同じ品質)
  9. 画面中段の左側にある「出力設定」欄で、出力する音声のフォーマット&品質 を設定します。
    通常、品質は「プリセット」を選択した時点で自動設定されるので、よく分からなければそのまま
    でもOK です。
    音声を劣化なく保存したい場合は、
    • ファイル形式 →「WAV」
    • 音質 →「44.1kHz / stereo」or「48.0kHz / stereo」
    にしておきます。
  10. 録音したファイルには、ID3 タグが自動で付加されます。
    通常はそのままでOK ですが、必要であれば「タイトル」「コメント」「歌手」「アルバム」等の
    内容を変更しておきます。
    (ここでも、「%TDY%」「%STM%」などの変数を使うことができる)
  11. 録音中に、音声をトラック分け(分割)することも可能です。
    トラック分けの方法は、
    • 手動で分割
    • 自動で分割(一定時間置き)
    • 自動で分割(無音になった時)
    の中から選ぶことができます。
    トラックを手動で分割する場合は、分割したいタイミングで(ツールバー上にある)「録音分割」
    ボタンをクリックするだけなので、いつでもクリックできるように準備をしておけばOK。
    音声を一定時間置きに自動で分割したい場合は、右側の「分割方法」欄で「一定時間で分割」を
    選択 → 下に表示される「分割時間」欄で、分割を実行するタイミングを設定しておきます※7
    ※7 タイミングは、 “ ○ 時間 ○ 分 ○ 秒 ごと ” というフォーマットで指定することができる。
    音声を無音区間で自動分割したい場合は、同「分割方法」欄で「無音区間で分割」を選択し、
    以下のような設定を行っておきます。
    1. 録音したい音源を、いつでも再生できるように準備しておきます。
    2. 「♪超録」のツールバー上にある「無音レベル」ボタンをクリック。
    3. 「左のボリュームメーターを目安に ~ 」というダイアログ が表示されます。
      このダイアログには一切触らず、録音したい音源をテスト再生してみます。
    4. 音が無音になった時に、先程のダイアログ上にある「OK」ボタンをクリック。
      この「OK」をクリックした時の音量値が、以降「無音」として判定されるようになります
    5. 無音レベルに設定しますか?」というような内容のダイアログ が表示されるので、
      「はい」を選択します。
      (無音判定をやり直す場合は、「いいえ」を選択する)
    6. あとは、「分割方法」欄の下に表示される「無音時間」欄で 先ほど設定した無音状態が、
      どれだけの時間続いたら分割を行うのか
      ということを設定すればOK!
      ( 時間は、 “ ○ 時間 ○ 分 ○ 秒 ” というフォーマットで指定することができる)
  12. 最後に、最適な音量値の設定を行います。
    操作は、先述の無音判定の時とほとんど同じ。
    1. 録音したい音源を、いつでも再生できるように準備しておきます。
    2. 「♪超録」のツールバー上にある「無音レベル」ボタンをクリック。
    3. 「左のボリュームメーターを目安に ~ 」というダイアログが表示されます。
      このダイアログには一切触らず、録音したい音源をテスト再生してみます。
    4. すると、「♪超録」の左下にあるボリュームメーターが反応します。
      このメーターが一番上まで振り切らない程度に、録音デバイスの音量を調整します。
      (一番上まで振り切ってしまうと、録音した音声が音割れしてしまいます)
    5. 設定できたら、先程のダイアログ上にある「キャンセル」ボタンを押します。
  13. ここまでの設定内容は、「プリセット」として保存することができます※8
    ※8 設定内容を保存しておくと、次回から保存内容を一発で呼び出せるようになる。
    設定内容を保存したい場合は、画面上部の「録音プリセット」欄を一回クリックし、適当な
    プリセット名を入力 → 右側の「保存」ボタンを押します。
    以降、この「録音プリセット」欄のプルダウンメニューから、登録したプリセットを呼び出せるように
    なっています。
  14. 設定が済んだら、ツールバー上の「録音開始」ボタンをクリック → 録音したい音源を再生し、
    録音を開始します。
  15. 録音を終了する時は、「録音停止」ボタンをクリックすればOK。
    設定しておいたフォルダ内に、録音された音声ファイルが出力されます。
    タイマー録音
    • 指定した時間になったら、録音を自動で開始させたい
    • 指定した時間になったら、録音を自動で停止させたい
    というような時は、タイマー機能を使います。
    以下に、このタイマー録音の使用方法を紹介します。
  1. まず最初に、手動録音の時と同じように設定を行っておきます。
    “ あとは、「録音開始」ボタンを押すだけ ” ... の状態にしておく)
  2. ツールバー上にある「録音タイマー」ボタンをクリック。
  3. 「録音タイマー設定」という画面 が表示されます。
    画面上部の「録音開始」欄で、録音を開始するタイミングを指定します。
    タイミングは、
    • 今すぐ(タイマーの内容を設定したらすぐ)
    • 指定した日の特定時刻
    のどちらかを選択できるようになっています。
  4. 中段の「録音終了」欄で、録音を終了するタイミングを指定します。
    タイミングは、
    • 手動(自分で停止ボタンを押す)
    • 経過時間(指定しただけ時間が経ったら、自動で終了)
    のどちらかを指定することができます。
  5. 必要であれば、録音終了後のアクションを設定することもできます。
    録音終了後のアクションを設定したい場合は、下部の「録音終了時に下記アクションを実行する」
    にチェックを入れ、下のプルダウンメニューをクリック → 目的とするアクションを選択しておきます。
    アクションは、
    • パソコンの電源を落とす
    • スタンバイ状態にする
    • 休止状態にする
    • 「♪超録」を終了する
    の中から選べるようになっています。
  6. 設定が済んだら、下部の「開始」ボタンを押せばOK。
    設定した通りの内容で、録音が実行されます。

 ♪超録 - パソコン長時間録音機 マニュアル
[ ♪超録 - パソコン長時間録音機 ] 公式サイト
トップ音楽・動画関連ソフト録音 ♪超録 TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Explzh
高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 ffdshow
各種動画ファイルを再生できるようにするソフト

 Macrium Reflect Free Edition
指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 Rainmeter
カスタマイズ性の高いリソースメーター

 Domino
高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 Revo Uninstaller
ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 新着フリーソフト
 Rufus
様々なOS のディスクイメージを元にして、ブータブルなUSB を高速作成することができる
 avast! Free Antivirus 10
豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス
 Metascan Online
指定したファイルを、40 種類のアンチウイルスで一括スキャン
 UpSafe GMail Backup
シンプルで使いやすいGmail バックアップツール
 Trimless for Google MailTM
Gmail で「…」となって短縮される部分が、短縮されないようにするFirefox アドオン
 Air Explorer
様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面型のファイラー
スポンサード リンク

♪超録 - パソコン長時間録音機 を紹介しているページです