アマレココ

アマレココ の使い方を紹介しています

アマレココ の紹介ページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

低負荷&高画質 なコーデックも付いてくる動画キャプチャーツール!「アマレココ」。

アマレココ
制作者 amaman
対応 2000/XP/Vista/7

Download (公式)
Download (ミラー)

● アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、AVI 形式の動画ファイルとしてキャプチャーしてくれるソフト。
指定した矩形領域内 / 指定したウインドウ、あるいはデスクトップ全体の動作風景を、そのままAVI 形式の
動画ファイルとして録画することができます。
映像を、独自の低負荷コーデック or 任意の コーデック で圧縮する機能や、音声を録音する機能、録画を
自動的に停止させる “ 録画タイマー ” などの機能も付いています。

「アマレココ」は、高機能なディスプレイキャプチャーです。
マウスドラッグで指定した矩形領域内、あるいは指定したウインドウ上の動作風景を、AVI 形式の
動画ファイルとして録画してくれる... というデスクトップキャプチャーツールです。
録画した動画を、 “ AMV3 ビデオコーデック※1 という

  • 低負荷 & 高画質
な自前の コーデック で圧縮保存できるところが最大のポイントで、ハイスペックのパソコンでなくても
ストレスのない録画を行えるようになっています。
(もちろん、「Huffyuv」 などのコーデックで圧縮を行うことも可)
※1 アマレココとは別に、この「AMV3 ビデオコーデック」もインストールする必要がある。
「AMV3 ビデオコーデック」はシェアウェアだが、「アマレココ」で使う限りにおいては無料。

また、音声を同時に録音する機能や※2、録画対象のアプリをスムーズに動作させる “ 分散処理機能 ” 、
録画する動画のフレームレートを設定する機能、動画をハーフサイズで録画する機能※3... なども付いて
います。
※2 音声のサンプリングレート / ビットレート / チャンネル を設定することもできる。
※3 任意のサイズに縮小する機能もある。

使い方は以下のとおりです。
事前に 「AMV3 ビデオコーデック」 をインストールしておいて下さい。

    準備
  1. 「AmaRecCo.exe」を実行します。
    Windows Vista / 7 について
  2. 少し待つと、 というダイアログが表示されるので、「OK」をクリックします。
    「ルーキーモード」とは簡易設定モードのことで、これは後からいつでも解除することができます。
  3. メイン画面と、青色の “ 取り込み枠 ” が表示されます。
    ルーキーモード
  1. まず、メニューバー上にある「設定」をクリックします。
  2. 「設定画面」というウインドウ が表示されます。
    最初に、左上にある「保存先」欄で、キャプチャした動画の保存先とするフォルダを指定します。
    また、ここの「トレーへ移動」にチェックを入れておくと、録画時に「アマレココ」のウインドウを
    タスクトレイに格納させることができます。
    (タスクトレイに格納しておいた方が、キャプチャ時の負荷が軽くなるようです)
  3. 標準では、録画開始時 / 停止時 / 一時停止時 に効果音が鳴るようになっています。
    これを無効化したい場合は、「効果音」のチェックを外しておきます。
  4. 画面中段の左にある「ビデオ」欄で、映像に関する設定を行います。
    ここでは、
    • フレームレート※4
    • タイムスタンプ(を、キャプチャ動画に合成するかどうか)※5
    • マウスカーソルを録画するかどうか
    • 圧縮設定(圧縮率 / 画質 の設定※6
    の設定を行うことができます。
    ※4 1 秒あたりに使用する画像(フレーム)枚数のこと。
    この値が大きいほど映像は滑らかになるが、その分録画時に負荷がかかる。
    (正常に録画できない場合は、この値を下げてみる)

    ※5 タイムスタンプは、映像の右上に 現在の日付(曜日)時間(フレーム数) 形式で
    合成される。
    例) 2008/09/09(火) 19h30m01s871(100)
    (表示位置は、設定により変更可)

    ※6 初回設定時に、このボタンをクリック → メニューバー上の「ライセンス」から、
    「AMV3 ビデオコーデック」のレジストキーを登録しておく。
    (ライセンスキーは、アマレココの「readme_jp.txt」に記載されている)
    Lagarith」 などの外部コーデックを使いたい場合は、ルーキーモードを解除する必要がある。
  5. 音声を録音する場合は、下部の「オーディオ」欄にある「録音」にチェックを入れておきます。
    また、録音デバイス を、OS 側で正しく設定しておきます。
  6. 右下の「OK」ボタンをクリックし、設定画面を閉じます。
  7. キャプチャしたい領域を、 “ 取り込み枠 ” で囲みます※7
    ※7 取り込み枠の部分も、キャプチャ領域になる。
    取り込み枠が消えてしまった場合は、メイン画面上の 取り込み枠を表示します ボタンをクリックする。

    取り込み枠は、ドラッグ&ドロップで移動させることができるほか、端をドラッグすることで、サイズを
    調整することも可能となっています。
    さらに、右クリック →「規定のサイズ」から、特定サイズに一発でリサイズすることもできたりします.
  8. キャプチャする領域を囲んだら、取り込み枠上で右クリック →「常に手前に表示」にチェックが
    入っていないことを確認します。
    (取り込み枠もキャプチャしたい場合は、チェックを入れておく)
  9. 取り込み枠上で右クリックし、「閉じる」を選択。
    (メイン画面上の 取り込み枠を表示します ボタンをクリックしてもOK)
  10. タイマー機能を使って録画を自動終了させたい場合は、次のような設定を行っておきます。
    1. メニューバー上の「表示」から「録画タイマー」を選択 →
    2. メイン画面上に「録画タイマー」という欄が追加されるので、
      ここに録画停止までの時間を 時間 h 分 m 秒 s 形式で入力します※8
      ※8 例) 1 分30 秒後に自動停止させたい場合 → 00h01m30s
    3. 「録画タイマー」の前にあるチェックボックスをON にしておきます。
  11. 録画対象の準備が整ったら、「スタート」ボタンを押します。
    録画を終了する時は、「ストップ」ボタンを押せばOK です。
    (もしくは、タスクトレイアイコンを右クリック →「録画停止」を選択)
  12. ちなみに、デフォルトでは
    • 録画開始(スタート) - 「Ctrl」+「Z」
    • 停止(ストップ) - 「Ctrl」+「X」
    • 一時停止(ポーズ) - 「Ctrl」+「A」
    というホットキーが割り当てられています。
    これらを変更したい場合は、
    1. メニューバー上の「ファイル」から「ルーキーモード」のチェックを外し、
    2. 「設定画面」を開きます。
    3. 左上にある 「全般」タブ をクリック。
    4. 画面左下にある「ホットキー」欄で、それぞれのホットキーを変更しておきます。
      ホットキーは、任意のキー +「Shift」「Ctrl」「Alt」といった修飾キー で指定できるように
      なっています。
      ( フォーム上で 任意のキー を実際に押し、組み合わせる修飾キーにチェック)
    ついでに、デフォルトではVista / 7 のAero が無効化されるようになっています。
    Aero を有効化させたい時は、ルーキーモードを解除 → 設定画面を開き、「コンポジション無効」の チェックを外しておく必要があります。
    (その後、アマレココを再起動させる)

通常は上記の “ ルーキーモード ” で問題ないと思いますが、より詳細な設定を行いたい場合は、
“ ルーキーモード ” を解除しておきます。

    通常モード
  1. メニューバー上の「ファイル」から「ルーキーモード」のチェックを外します。
  2. メニューバー上にある「設定」をクリック。
  3. 設定画面」が開きます。
    通常モードの設定画面は、「全般」「設定A」~「設定D」といった 5 つのタブに分けられています。
    「設定A」~「設定D」は、言わばプロファイルのようなもので、設定できるオプションは同じです。
    (「設定B」~「設定D」は、録画設定を複数使い分けたい時に使う)
    以下に、それぞれのタブで設定できる項目を簡単に紹介します。
    (基本的な部分は、ルーキーモードと同じです)
    尚、設定変更を行った場合、その都度「適用」ボタンを押さないと、他のタブへと移動することが
    できないので注意。

  4. 全般 タブ
    ここでは、
    • キャプチャ動画の最大ファイルサイズ
    • 処理時のバッファサイズ
    • HDD 空き容量チェック※9
    • タスクトレイに格納の ON / OFF
    • 効果音の ON / OFF
    • マウスカーソル録画の ON / OFF
    • コンポジション無効の ON / OFF※10
    • 保存先のフォルダ
    • ショートカットキー
    などの設定を行うことができます。
    ※9 ハードディスクの空き容量がここのサイズを下回ると、自動的にキャプチャが停止される。
    ※10 OS がVista / 7 の場合で、Aero を有効化したい場合は、これのチェックを外す。
    (設定は、次回アマレココを起動させた時から切り替わる)

  5. 基本設定 タブ(「設定A」~「設定D」タブ内 )
    ここでは、出力するファイルの名前を設定することができます。

  6. ビデオ1 タブ(「設定A」~「設定D」タブ内 )
    ここでは、
    • 映像のフレームレート
    • 分散処理※11 のON / OFF
    • 垂直同期のON / OFF
    • RGB のフォーマット
    • 映像圧縮の際に使用する コーデック
    といったオプションを設定することができます。
    ※11 録画対象のアプリケーションに、極力負荷をかけずにキャプチャを実行する機能のこと。
    フレームレートを高く設定している場合は( 20 以上)、分散処理をOFF にしておいた方がよい。

    「AMV ビデオコーデック」以外のコーデックを使いたい場合は、「コーデックいろいろ」を選択 →
    「選」ボタンをクリックし、コーデックの選択を行います。

  7. ビデオ2 タブ(「設定A」~「設定D」タブ内 )
    ここでは、
    • 出力画像のサイズ (縮小のみ)
    • タイムスタンプ※12
    に関する詳細設定を行うことができます。
    ※12 タイムスタンプの位置 / フォント / 文字タイプ / 文字色 などを設定することができる。

  8. オーディオ / 録画タイプ タブ(「設定A」~「設定D」タブ内 )
    ここでは、録画タイプ※13、録音機能のON / OFF をはじめ、音声の
    • サンプリングレート
    • ビットレート
    • チャンネル
    を設定することができます。
    ※13 “ 画像と音声のどちらを優先するか ” ということを設定することができる。
    一応、Windows 7 を使用している場合は「プラグイン」が「Core Audio Capture (Win7) 」に
    なっていることを確認して下さい。
    ( OS が 2000 / XP である場合は、「waveIn Capture」)

  9. 設定が終わったら、下部の「OK」ボタンを押して「設定画面」を閉じます。
    後の操作は、ルーキーモードの時と同じです。

そのほか、メイン画面を常に最前面に表示させる機能や、各種プラグイン などもあります。

トップ音楽・動画関連ソフト動画キャプチャ・録画 アマレココ TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 BunBackup
定番のファイルバックアップツール

 Orchis
シンプルで使いやすいランチャー

 Permissions Time Machine
“ アクセスが拒否されました ” を一発解除

 LinuxLive USB Creator
Linux 系OS のライブUSB を作成

 Revo Uninstaller
ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 Unchecky
アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 新着フリーソフト
 JPview
テキスト抽出機能付きのシンプルなPDF ビューア
 Hddb
“ 超シンプル&超高速 ” なファイル検索ソフト
 Iperius Backup Free
高機能なファイルバックアップソフト
 Iconion
無料のアイコンフォントを元に、アイコンを作成
 FileSearchy
高機能かつ高速なファイル検索ソフト
 Filelist Creator
カスタマイズ性の高いファイルリスト作成ツール

 もっと見る
スポンサード リンク

アマレココ を紹介しているページです