劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ

劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ の使い方を紹介しています

劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ の紹介ページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

デスクトップの様子を、動画としてキャプチャ!「劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ」。

劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ
制作者 小紅
対応 98/Me/2000/XP

Download

● 劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ

デスクトップ上の動作風景を、動画 or 連番画像 としてキャプチャしてくれるソフト。
指定した矩形領域内 / マウスカーソルを中心とする矩形領域内 / 指定したウインドウ上 の動作風景を、avi / mpg / bmp / png / jpg 形式のファイルとしてキャプチャ&保存 してくれます。
音声を同時に録音する機能や、保存した avi ファイルをコーデック で圧縮保存する機能、指定した日時に自動で録画を開始する “ タイマー ” 機能、時間差キャプチャ... 等の機能が付いています。

「劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ(劇あれ)」は、画面上の動きを録画してくれるソフトです。
指定した矩形領域内※1 or 指定したウインドウ上 の動作風景を、AVI / MPG といった動画ファイルとしてキャプチャ&保存 してくれる... というディスプレイキャプチャーツールです※2
(連番の静止画ファイルとして出力することも可能)
※1 キャプチャ領域を、マウスカーソルの動きに合わせて移動させることもできる。
※2 AVI で保存する場合、キャプチャした映像&音声 を コーデック で圧縮保存することもできる。
操作はマウスでもホットキーでも行うことができ、さらにはタイマー予約機能なども付いていたりするので、使い勝手は中々良いです。
チュートリアル / マニュアル の作成 や、ゲームプレイの録画... 等々、様々な場面で使うことができると思います。

基本的な使い方は以下のとおり。
デフォルトでは、「Ctrl+S」で録画が開始されるようになっているので、普段「上書き保存」する際にホットキー「Ctrl+S」を押している人は気を付けましょう。

    準備 ~ 録画
  1. 「TOMOYO.exe」を実行します。
  2. 「設定1」タブを開きます。
  3. タブのすぐ下にあるプルダウンメニューをクリックし、「絶対座標指定」を選択します。
  4. 画面右下の「範囲選択」ボタンをクリック。
  5. マウスの左ドラッグで、キャプチャ領域を指定できる状態になっています。
    このまま、キャプチャしたい領域をドラッグして囲みます。
    尚、「カーソルを中心とする領域を録画」にチェックを入れておくと、マウスカーソルの動きに合わせて、(先ほど指定した)キャプチャ枠が自動で移動するようになります。
  6. 「設定2」タブを開きます。
  7. 録画時に、(キャプチャ領域内の)マウスカーソルもキャプチャしたい場合、「カーソルの録画」にチェックを入れておきます。
  8. 続いて、上の「レート」欄で、録画する動画のフレームレート※3 を設定します。
    ※3 フレームレートとは、1 秒あたりに使用する画像(フレーム)枚数のこと。
    この値が大きいほど映像は滑らかになるが、その分録画時にかかる負荷も大きくなる。
    (うまくキャプチャできない場合は、この値を下げてみる)
  9. 録画する際に、音声を同時に録音することもできます。
    音声の録音を行う場合、「録音」にチェックを入れ、隣の欄で「waveIn」を選択 → 右側の「音質」ボタンをクリックし、録音音声の品質を設定しておきます※4
    ( 品質は、よく分からない場合「16 ビット 44.100 kHz ステレオ」にしておく)
    ※4 あらかじめ、録音デバイスを正しく設定しておく 必要もある。
    (ヘルプも参照)
  10. 「設定3」タブを開き、録画を開始 / 終了 する際のホットキーを設定しておきます。
    (必要な場合のみ)
    録画を長時間行う時は、下部にある「一時ファイルサイズの最大値」を、1000 ~ 2000 くらいまで上げておくとよいでしょう。
  11. 「劇あれ」のウインドウを、邪魔にならない場所に移動させておきます。
    ホットキーを使って操作を行う場合は、ツールバー上にある「隠す」ボタンをクリックし、「劇あれ」をタスクトレイに格納しておくとよいでしょう。
  12. 録画対象の準備が整ったら、「録画」ボタンをクリックします※5
    (あるいは、あらかじめ設定しておいたホットキーを押す)
    ※5 数字キーを押しながら「録画」ボタンを押すと、時間差録画になる。
    例えば、「3」キーを押しながら「録画」ボタンを押すと、ボタンを押してから3 秒後に録画が始まる。

    録画中は、タスクトレイアイコンが笑顔になります。
  13. 録画を停止する時は、「停止」ボタンを押すか、タスクトレイアイコンを右クリック →「録画停止」を選択します。
    (もしくは、設定しておいたホットキーを押す)

  14. 録画終了 ~ 出力設定
  15. 録画を停止すると、「中間ファイルを作成しています」というダイアログが表示されます。
    ここで、
    • 出力先のフォーマット(上部のタブで指定する)
    • 保存先のフォルダ & ファイル名
    をそれぞれ指定しておきます。
    AVI で出力する場合は、コーデックを使って
    • ビデオデータの圧縮
    • オーディオデータの圧縮
    を行うこともできます※6
    ※6 うまく圧縮できない場合は、コーデックを変えるか、圧縮せずに保存してみる。
    画像(BMP / PNG / JPEG)で出力する場合、動画は連番の静止画ファイルとして出力されます。
  16. 最後に、下部の「OK」ボタンをクリックすれば作業完了。
    タイマー録画 編
  1. 「TIMER.exe」を実行します。
  2. タスクトレイ上に時計のアイコンが表示されるので、これを右クリック →「設定」を選択。
  3. 「劇あれタイマー」という画面が表示されます。
    最初に、左上の「録画時間」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、タイマー録画を行う頻度を指定します。
    頻度は、毎日 / 毎週 日 ~ 土曜 / 日付指定(特定日時のみ)の中から選べるようになっています。
    (「日付指定」を選択した場合は、録画を行う日にちも指定しておく)
  4. すぐ下の欄で、
    • (録画の) 開始時間
    • 録画時間 (上記開始時刻から、どれだけの時間録画するか... ということ)
    を設定します。
  5. 右側の「録画範囲」欄にある「範囲選択」ボタンをクリックし、キャプチャ対象とする領域をマウスドラッグで囲みます。
  6. 左の「録画精度」欄で、キャプチャする動画のフレームレートを設定します。
  7. マウスカーソルもキャプチャする場合は「カーソルの録画」に、音声も録音する場合は「録音」にチェックを入れておきます。
    (録音する場合は、録音デバイスをあらかじめ設定しておく)
  8. 通常、キャプチャされた動画(のソース)は、「劇あれ」のフォルダ内に「tmp」という名前で出力されます。
    (フォルダとして保存される)
    これをあとから「KERO.exe」にドラッグ&ドロップすることで、ソースを動画 or 画像 として出力できるようになっています。
    この作業を後から行うのが面倒な場合、処理を自動化させることもできたりします。
    処理を自動化させる場合は、画面下部の「自動的にKERO.exe を起動する」にチェックを入れ、
    • 出力先のフォーマット※6
    • 一時ファイル(「tmp」フォルダ)を削除するかしないか
    というオプションを設定しておきます※7
    ※6 AVI で保存する場合、コーデックは選択できない?模様。
    (「DCTM VIDEO IMAGE」というコーデックになる)

    ※7 出力先のフォルダは指定できない。
    (「劇あれ」で、ファイルを最後に保存したフォルダ内に出力される)
  9. 一番下の「OK」ボタンをクリックし、タイトルバー上の「×」ボタンを押します。
  10. あとは、録画開始時間まで待つだけです。
    (録画開始時間になると、自動で「TOMOYO.exe」が起動する)
    タイマーを複数登録したい場合は、再度タスクトレイアイコンを右クリック →「設定」を選択し、上部のプルダウンメニューをクリック → 予約が入っていない番号を選択し、予約設定を行います。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の動画キャプチャーツール
 AG-デスクトップレコーダー

シンプルでありながらも高性能なデスクトップ録画ツール

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、AVI 形式の動画ファイルとしてキャプチャーしてくれるソフト

 VClip

超シンプルな動画キャプチャーツール

劇あれ TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 Borderless Gaming

ゲーム等のウインドウを、“ ウインドウ枠なし&フルスクリーン表示化 ” できるようにする

 Yet another flagsChrome

現在開いているサイトのサーバーが、どこの国に存在するのか一目で確認できるようにする

 Gmail - Add Row Highlights

Gmail 上で、マウスカーソルの下にある行が、ハイライトして表示されるようにする Firefox アドオン

 AnimaPaper

各種動画ファイルを、“ 動く壁紙 ” としてデスクトップの背景に設定できるようにする

 VidCutter

各種動画ファイル内の特定場面を、無劣化で高速に切り出すことができるソフト

 gBurner Virtual Drive

多形式に対応した仮想ドライブ作成ソフト

 おすすめフリーソフト
 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 Quick Startup

総合的なスタートアップアイテム管理ツール

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

スポンサードリンク

劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ を紹介しているページです