Winja

Winja の概要や使い方を紹介しています

Winja を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

気になるファイルを、VirusTotal で手軽にウイルスチェックできるようにする!「Winja」。

Winja

● Winja

パソコン内のファイルやウェブ上のファイルを、直接 VirusTotal でスキャンできるようにするソフト。
ローカルやオンライン上の不審なファイルを、VirusTotal で手軽にウイルスチェックできるようにしてくれます。
実行中のプロセスをウイルスチェックにかける機能や、ファイルを右クリックメニューからスキャンできるようにする機能、スタートアップアイテム / サービス などを一元管理する機能... 等々が付いています。

「Winja」は、高機能なVirusTotal※1 アップローダーです。
※1 指定したファイルを、複数のアンチウイルスエンジンで徹底的にウイルスチェックしてくれるオンラインスキャンサービス。
非常に便利なサービスではあるが、VirusTotal にアップロードされたファイルは、VirusTotal の有償サービスを利用することで、誰でもダウンロードすることが可能となっている
そのため、個人情報や機密情報を含むファイルは、むやみにアップロードしない方がよい。

  • 指定したファイル
  • ウェブ上のファイル(URL)
  • 現在実行中のプロセス
を、手早くVirusTotal へ送信できるようにするセキュリティソフトで、いちいちVirusTotal のページを開かなくても、不審なファイルをその場でウイルスチェックできるようにしてくれます。
VirusTotal へのファイル送信は、ドラッグ&ドロップやファイルの右クリックメニューから行うことができ、複数のファイルをまとめてスキャンに送ることも可能となっています。
普段、VirusTotal を利用することが多い人にはもちろん、ファイルのダウンロードを頻繁に行っていたりする人にもおすすめです。
ちなみに、スキャン結果の情報はアプリケーション内部で確認することができ、必要であればVirusTotal のスキャン結果ページを開くことも可能となっています。
その他、
  • 現在実行中のプロセス
  • 登録済みのタスク
  • スタートアップアイテム
  • サービスアプリケーション
を一元的に管理できる「Security Tools」というツールも付いています。
(「Security Tools」では、通信中のプロセスなども管理できるようになるようです)

使い方は以下の通り。

  1. 「Winja.exe」を実行します※2
    ※2 「Winja.exe」は C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\PhrozenWinja 内にインストールされている。
    このディレクトリは、 %appdata%\PhrozenWinja と入力することでも開くことができる。
  2. メイン画面が表示されます。
    Winja
    そのまま、実行する処理の内容を選択します。
    処理内容は、
    • Browse for File - パソコン内のファイルをスキャン
    • Download and Scan - ウェブ上のファイル(URL)をスキャン
    • Quick Process Scan - 現在実行中のプロセスをスキャン
    の 3 つの中から選べるようになっています。
    (「Open Extra Tools」は後述)
    パソコン内のファイルをスキャンしたい時は、「Browse for File」ボタンをクリック → スキャンしたいファイルを選択します。
    (メイン画面上に、目的のファイルを直接ドラッグ&ドロップしてもOK)
    ウェブ上のファイルをスキャンしたい時は、「Download and Scan」ボタンをクリック → スキャンしたいファイルのURL を入力し、右下の「Download and Scan」ボタンをクリックします。
    スキャンしたいURL を入力する
    実行中のプロセスをスキャンしたい時は、「Quick Process Scan」ボタンをクリック → 現在起動中のプロセスが一覧表示されるので、スキャンしたいプロセスをダブルクリックします。
    スキャンしたいプロセスをダブルクリック
  3. 選択されたファイルのスキャンが開始されるので、しばらく待ちます。
    スキャン中...
  4. 少し待ち、デスクトップの右下からトースト通知が表示されたらスキャン完了です。
    トースト通知
    この通知の最下部にある「Detection Rate」が検出割合を表していて、ここが「0 / 53」の時はファイルが “ 危険性のあるアイテム ” として検知されなかった... ということになります。
    一方、上記スクリーンショットのように「1 / 53」以上の値になっている時は、何らかのアンチウイルスエンジンがファイルを “ 危険性のあるアイテム ” として判定した、ということになります。
    いずれの場合も、通知をクリックすることでスキャン結果ウインドウを表示することができます。
    スキャン結果ウインドウ
    ファイルを “ 危険性のあるアイテム ” として判定したアンチウイルスは、赤くハイライトして表示されようになっています。
  5. 尚、メイン画面の「Session Scan Results」タブでも、スキャン結果の情報を確認することができます。
    スキャン結果ウインドウ
    ここでスキャン結果のファイルを右クリックすることにより、
    • Open Report Window - スキャン結果ウインドウを表示する
    • Request File Rescan - ファイルをもう一度スキャンする
    • Open on VirusTotal - VirusTotal のスキャン結果ページを開く
    • Open file Properties - ファイルの「プロパティ」を開く
    といったコマンドを実行することもできたりします。
    スキャンしたファイルの右クリックメニュー
    オプション設定
  1. タイトルバー左端の「Phrozen」ボタンをクリック → 「Program Settings」を選択します。
  2. 設定画面が表示されます。
    設定画面
    ここでは、
    • Register Winja to Microsoft Windows Startup
      Windows 起動時に、Winja を自動で起動する
    • Add Winja to Explorer Contextual Menu
      ファイルの右クリックメニュー内に、「Winja でスキャン」コマンドを追加
    • Minimize program to System Tray on close
      Winja を閉じた時に、タスクトレイに最小化する
    • Automatically check for update
      アップデートを自動でチェックする
    • Push a toast notification when a report is available
      スキャン完了時に、トースト通知を表示する
    • Use you own VirusTotal API Key to submit files and request reports
      任意のVirusTotal API キーを使用する
    といったオプションの設定を行うことができます。
  3. 左の「Network」メニューでは、プロキシに関する設定を行うことができます。
    「Network」メニュー
    通信の際にプロキシを使いたい時は、「I want to configure proxy settings manually」にチェック → 使用するプロキシサーバーのアドレスとポート番号を指定しておきます。
    その他のシステム機能(「Security Tools」)
  1. メイン画面の一番下にある「Open Extra Tools」ボタンをクリックします。
    Winja
    「Winja」を管理者として実行していない時は「Reload as Administrator」というダイアログが表示されるので、「Yes」ボタンをクリックして下さい。
    Reload as Administrator
    (「Winja」が、管理者権限付きで再起動します)
  2. 「Security Tools」というウインドウが表示されます。
    Security Tools
    この「Security Tools」は、
    • Process Viewer - プロセスビューア
    • Task Scheduler - タスクスケジューラ
    • Windows Startup - スタートアップマネージャー
    • Registered Services - サービスマネージャー
    の 4 つのタブで構成されていて、不要なアイテムを停止したり、指定したアイテムをVirusTotal のスキャンに送ったりすることができます。
    「Process Viewer」タブでは、プロセスを右クリックすることにより
    • Kill Selected Process - プロセスを強制終了する
    • Kill Process Tree - プロセスツリーを強制終了する
    • Open In Palette - パレットを開く(読み込み中のモジュール等を確認できる)
    • Scan with VirusTotal - VirusTotal でスキャン
    • Open file Properties - ファイルの「プロパティ」画面を開く
    といったコマンドを実行することができます。
    プロセスの右クリックメニュー
    「Task Scheduler」タブでは、“ タスク スケジューラ ” に登録されているアイテムを一覧表示することができ、ここでは指定したタスクに対して
    • Delete Task - 削除する
    • Disable Task - 無効化する
    • Open In Palette - パレットを開く
    • Scan with VirusTotal - VirusTotal でスキャン
    • Open file Properties - ファイルの「プロパティ」画面を開く
    といったコマンドを実行することができます。
    Task Scheduler
    「Windows Startup」タブでは、スタートアップに登録されているアイテムを一覧表示することができ、選択したアイテムに対して
    • Delete Startup Entry - エントリを削除する
    • Scan with VirusTotal - VirusTotal でスキャン
    • Open file Properties - ファイルの「プロパティ」画面を開く
    といったコマンドを実行することができます。
    Task Scheduler
    「Registered Services」タブでは、サービスアプリケーションを一覧表示することができ、選択したサービスに対して
    • Scan with VirusTotal - VirusTotal でスキャン
    • Open file Properties - ファイルの「プロパティ」画面を開く
    といったコマンドを実行することができます。
    サービスの右クリックメニュー
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のウイルス対策ソフト
 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 AVG AntiVirus

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

Winja TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 LosslessCut

動画や音声ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 AG-デスクトップレコーダー

シンプルでありながらも高性能なデスクトップ録画ツール

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 Quiet on the Set

システム音量に “ 上限値 ” を設定できるようにするソフト

 特に感動した / 気に入ったフリーソフト in 2016

2016 年に紹介したフリーソフトの中から、“ 特に感動した / 気に入った ” ものを 30 本紹介

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

 WOW64Menu

64 bit 版のエクスプローラ上で、32 bit 用の右クリックメニューを使えるようにする

スポンサードリンク

Winja を紹介しているページです