KillProcess

KillProcess の概要や使い方を紹介しています

KillProcess を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

複数のプロセスを一括して強制終了させることもできる「KillProcess」。

KillProcess
制作者 Orange Lamp Software Solutions
日本語化パッチ 制作者 Tilt
対応 2000/XP/Vista/7

Download

● KillProcess

複数のプロセスを、一括して強制終了させることができるソフト。
強制終了の対象となるプロセスが記述された “ Kill リスト ” を元に、複数のプロセスをまとめて強制終了させることができます。
“ Kill リスト ” を複数作成する機能や、手動で単一 or 複数のプロセスを強制終了させる機能、特定のプロセスを実行できなくする機能、選択したプロセスの優先度を変更する機能 等があります。

「KillProcess」は、強力なプロセスキラーです。
任意の単一プロセスを強制終了させたり、あらかじめ指定しておいた複数のプロセスを一気に強制終了※1 させたりすることができるソフトです。
※1 “ Kill リスト ” というプロファイルに登録されたプロセスを、一括して終了させることができる。
(リストを使わずに、手動で複数のプロセスを一括終了させることも可能)
プロファイルは複数作成することができるので、状況に応じて使い分けることができる。
さらに、特定のプロセスの起動を検知した際に、該当プロセスを即座に強制終了させる機能もあるので、簡単なプロセスガードとしても使えるかと思います。
また、指定したプロセスの優先度を調整したり、Windows をシャットダウンさせたり、任意のプログラムを実行※2 したりするタスクマネージャーのような機能も備えています。
※2 「ファイル名を指定して実行」のような機能。
プログラムの優先度を指定して実行することができる。

使い方は以下のとおり。

    基本操作 編
  1. 「KillProcess.exe」を実行します。
    すると、現在実行中のプロセスが
    • Image Name - 名前
    • Mem Usage - 使用メモリ量(KB)
    • Description - 説明 (2 バイト文字は文字化けします)
    • Full Path - フルパス
    • PID - プロセスID
    • Parent ID - 親プロセスのID
    といった情報ごとにカラム分けして表示されます。
    (各カラムをクリックすることにより、プロセスを項目別にソートすることができます)
  2. 任意のプロセスを右クリックすることにより、該当プロセスの(を)
    • 詳細情報を確認したり、
    • “ Kill リスト ” に加えたり、
    • 優先度を変更したり、
    • ウインドウを表示したり、
    • 名前をGoogle 検索にかけたり※3
    • 強制終了したり※4
    することができます。
    ※3 拡張子「htm」が、何らかの ブラウザ関連付け られている必要がある。
    ※4 複数のプロセスを選択状態 にし、それらを一気に強制終了することもできる。
    “ Kill リスト ” を使い、複数のプロセスを一括して強制終了 編
  1. まず最初に、 “ Kill リスト ” を作成します。
    メニューバー上の「ツール」→「設定」から「Kill リスト」タブを開き、リスト内にある「killlist.lst」を選択 → 「編集」ボタンを押します。
  2. 画面中段の右側にある「リスト情報」ボタンをクリック。
  3. 「情報リストの編集」というウインドウが開きます。
    ここの「説明」欄に、これから作成するリストの説明(名前)、作者名 などを入力し、「OK」ボタンをクリック。
    (通常は、「説明」だけ入力しておけばよいでしょう)
  4. 「プロセスをリストに追加」欄で、強制終了の対象とするファイルを登録します。
    (対象とするファイルが現在実行中であれば、ここで登録する必要はありません)
    ちなみに、ファイルをリストに登録した後、リスト上のファイルを選択 → 画面下部にある「選択されたアイテム」欄の「プロセスをスキャン (すぐに終了)」にチェックを入れておくと、該当プロセスを “ 起動できないプロセス※5 として登録することができます。
    ※5 「KillProcess」が該当プロセスの起動を検知すると、該当プロセスを即強制終了する。
    このプロセススキャンの間隔、および有効 / 無効の切り替えは、設定画面の「拡張」タブで設定することができる。

    ファイルを登録し終えたら、「OK」をクリックしてウインドウを閉じます。
  5. この “ Kill リスト ” を複数作成したい場合は、さらに「新規」ボタンをクリックし、同じような手順で新たなリストを作成します。
  6. メイン画面に戻ります。
    画面右上にあるプルダウンメニューをクリックし、利用したいKill リスト を選択します※6
    ※6 選択したKill リストに追加したいプロセスが現在実行中である場合は、そのプロセスを右クリック →「リストに追加」を選択します。
  7. あとは、プロセスの終了を行いたい場面で Kill リストからプロセスを停止! ボタンを押せばOK。
    「本当に ○○(プロセス名)を停止させますか?」というダイアログが表示されるので、「はい」をクリックします。
尚、終了時の確認ダイアログをいちいち表示させたくない場合は、設定画面の「一般」タブ内にある「極悪モードを有効化」にチェックを入れておきます。
また、プロセス終了時の進捗バーも表示させたくない場合は、同設定画面の「表示」タブ内にある「進捗ダイアログを表示」のチェックを外しておきます。

そのほか、 “ Kill リスト ” を使用してプロセスを停止させた際に、音を鳴らす機能などがあります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 KillProcess 日本語化パッチ
TiltStr::不定期版
KillProcess TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 GoogleImageShell

エクスプローラ上で選択した画像ファイルを、直接 Google 画像検索 にかけられるようにするソフト

 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト(スクリプト)

 Windows Update MiniTool

「設定」や「コントロールパネル」に代わり、Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 Argente Autorun

不要アイテム自動検出機能も備えたスタートアッププログラム管理ツール

 Zoom for Microsoft Edge

ウェブページの拡大率(表示倍率)を、詳細に調整できるようにする Microsoft Edge 拡張機能

 Dark Skin for Youtube / Dark Theme for YouTube

YouTube の " ダークモード " を、面倒な設定なしで実装できるようにする(ChromeFirefox

 おすすめフリーソフト
 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

スポンサードリンク

KillProcess を紹介しているページです