RollBack Rx Home

RollBack Rx Home の概要や使い方を紹介しています

RollBack Rx Home を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

システムドライブの内容を、過去の時点に戻せるようにするロールバックツール!「RollBack Rx Home」。

RollBack Rx Home
制作者 Horizon Data Sys
対応 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10

Download

● RollBack Rx Home

システムドライブ上で起きたハプニング等を、“ なかったこと ” にすることができるロールバックツール。
ある時点でのシステムの内容を “ スナップショット ” として保存し、あとからいつでもその時の状態に戻せるようにしてくれます。
スナップショットを仮想ドライブとして開けるようにする機能や、Windows 起動時に自動でスナップショットを作成する機能、ロールバックの際に復元しないファイルやフォルダを指定する機能 などが付いています。

「RollBack Rx Home」は、シンプルなシステムロールバックツールです。

  1. ある時のシステム(C ドライブ)の状態を “ スナップショット ” として保存し、
  2. 以降好きなタイミングで、システムをスナップショット作成時点のものに戻せるようにする
というタイムマシンツールで、予期せぬエラー、システムクラッシュ、ウイルス感染 などを、“ なかったこと ” にできるようにしてくれます※1
※1 「RollBack Rx Home」のコアシステムは、Windows が起動する前に立ち上がるので、Windows が起動しない状態でもシステムのロールバックを行うことができる。
スナップショットは任意のタイミングで 7 個まで作成することができ、また任意のタイミングで削除することが可能となっています。
加えて、作成したスナップショットを “ 仮想ドライブ ” としてマウントし、中身のファイルを普通に開くこともできたりします。
(スナップショット内のファイルを、個別に復元したりすることができる)
機能的には “ システムの復元 ” と同じようなものですが、こちらはシステムファイルやレジストリに加えて、普通のファイルやフォルダも復元できるところが大きな特徴。
普段、実験的な行為を行ったりすることがある人におすすめです。

尚、フリー版には、

  • 保護(ロールバック)できるのは、C ドライブのみ
  • 作成できるスナップショットは、7 個まで
  • スケジュール機能が使えない※2
などの 機能制限が付いている ので注意が必要です。
※2 一応、毎日 “ 初回起動時のみ ” スナップショットが自動生成されるようになっている。
(設定により、ロールバック後に自動でスナップショットを作成することもできたりする)

使い方は以下の通りです。

    インストール時の注意
  1. インストーラーを実行すると、最初に 使用言語を問うダイアログ が表示されます。
    ここで、中央のプルダウンメニューをクリック → 「Japanese」を選択しておきます。
  2. インストールが完了すると、自動的にWindows の再起動が行われるようになっています。
    そのため、現在起動中のプログラムがある場合は、あらかじめ閉じておくとよいでしょう。
    スナップショットの作成
  1. インストールが完了し、システムの再起動が完了すると、タスクトレイ上に「RollBack Rx Home」のアイコン( RollBack Rx Home )が表示されています。
    これをダブルクリック。
  2. メイン画面 が表示されます。
    まず、左メニュー内の「スナップショット」を選択。
  3. スナップショット管理画面 が表示されます。
    ここで、スナップショットリストの上部にある「新規」ボタンをクリックします。
  4. 「新スナップショット」という画面 が表示されるので、これから作成するスナップショットの
    • 名前
    • 説明
    • 削除できないようにロックするかどうか
    といったオプションを設定 → 「次へ」ボタンをクリックします。
    名前 / 説明 は日本語でもOK ですが、 サブコンソール上では文字化けする ので注意が必要です。
  5. スナップショットの作成が行われる ので、しばらく待ちます。
  6. 少し待ち、「新しいスナップショットは正常に作成されました!」と表示されたら処理完了です。
    右下の「終了」ボタンを押して下さい。
    ベースラインの更新
    Windows の再起動が行われます
  1. 「RollBack Rx Home」をインストールした時に、“ ベースライン ” という
      すべてのスナップショットのベースとなるスナップショット
    が作成されます。
    (スナップショットは、この “ ベースライン ” からの変更分を元にして生成されていく)
    システムにある程度大きな変更が加えられた時には、ベースラインを更新してやるとよいでしょう※3
    ※3 現在のシステムの状態を元に、“ ベースラインスナップショット ” を作成する。
    ベースラインの更新を行うと、それまでに作成してきたスナップショットがすべてクリアされるので注意。

    ベースラインを更新する時は、ツールバー上の「ツール&設定」から「ベースライン更新」を開きます。
  2. 「ベースライン管理」という画面 が表示されるので、「ベースラインに更新」を選択。
  3. 警告画面 が表示されます。
    ここで、左下の「分かりました」にチェック → 「再起動」ボタンをクリックします。
  4. Windows が再起動し、べースラインの更新が行われます。
    スナップショットの管理
  1. 作成されたスナップショットは、スナップショット管理画面 内にリスト表示されます。
    任意のスナップショット上で右クリック することにより、
    • ロック - 削除できないようにロックする
    • ロック解除
    • 削除※4
    • エクスプローラ - 仮想ドライブとしてシステムにマウントし、中身を閲覧可能にする
    • ロールバック
    • プロパティ - プロパティを表示
    といったコマンドを実行することもできたりします。
    ※4 ベースラインを削除することはできません。
  2. ちなみに、スナップショットリストの上部にある「最適化」ボタンをクリックすることで、作成済みのスナップショットをデフラグすることも可能となっています。
    「スナップショット最適化」という画面 が表示されるので、右下の「次へ」ボタンを押す)
    ロールバックを行う
    Windows の再起動が行われます
  1. 左メニュー内の「スナップショット」を選択。
  2. スナップショット管理画面 が表示されます。
    ここで、復元したいスナップショットを選択 → 右クリックし、「ロールバック」を選択。
  3. 警告画面 が表示されるので、右下の「再起動」ボタンをクリック※5
    ※5 左下の「除外」ボタンを押すことで、ロールバックしないファイルやフォルダを選択することもできる
    (ロールバックしないファイルやフォルダを選択 → 上部の「追加」ボタンを押す)
  4. Windows が再起動し、システムのロールバックが実行されます。
  5. デフォルトでは、ロールバック後にスナップショットが自動生成されるようになっています。
    また、ロールバック後に「回復ウィザードを使用することができます」という通知 も表示されます※6
    ※6 「OK」をクリックすると、「ファイル修復」ウィザード を呼び出すことができる。
    これを使って、スナップショット内のファイルを検索したりすることができるが、必要なければ閉じてよい。

    こういった挙動内容は、後述する「詳細設定」画面内で無効化することもできたりします。
    サブコンソール上での操作 - Windows が起動しなくなった時などに
  1. Windows が起動しなくなった時等には、サブコンソール上で操作を行います。
    まず、普通にパソコンを起動させ、サブコンソールの起動画面 で「Home」キーを押します。
  2. メインメニュー が表示されます。
    ロールバックを行う時は、ここで「Restore System」を選択して「Enter」キーを押します。
    (メニューの選択は、方向キーを使って行います)
    「New Snapshot」を選択することで、スナップショットを新規作成 することもできます。
  3. 作成済みのスナップショットが、リスト表示されます
    あとは、復元したいスナップショットを選択し、「Enter」キーを押せばOK です。
    スケジュール機能
  1. フリー版では、この機能を使うことができません。
    一応、“ 毎日初回起動時 ” に、スナップショットが自動で作成されるようになっています。
    (この機能は、無効化したり変更したりすることができない模様)
    各種設定 - 必要な場合のみ
  1. ツールバー上の「ツール&設定」 → 「設定」から、設定画面を開くことができます。
    この設定画面の左メニュー「詳細設定」から、各種オプションの設定を行えるようになっています。
    実際に設定できるオプションには、下記のようなものがあります。
      ロック解除されたスナップショットを、自動的に削除する
    • ○ 日以上古くなった “ 全て ” のスナップショット※7
    • フリースペースが、○○ MB 以下の時
    ※7 “ 全て ” の部分 は、ユーザー / 再起動 / One time / 時間ごと / 日にちごと / 週ごと / 月ごと / イベント に変更することもできる。
    (フリー版では、全て / ユーザー / 再起動 / 日にちごと 以外のものを指定しても意味がないと思われる)
      スナップショットを最適化するタイミング
    • スナップショットを、○ 個削除した後
    • 新しいスナップショットを、○ 個作成した後
      システムをロールバックした後に行うアクション
    • 現在のシステムのスナップショットを取る
    • ファイル修復を通知 して、思い出させる
    アンインストール
    スナップショットがすべて削除されます
  1. アンインストールの際には、 「Uninstallation」という画面 が立ち上がります。
    ここで、任意のスナップショットを選択して「Uninstall」ボタンを押すと※8、選択したスナップショットの内容にロールバックすることができます。
    (「RollBack Rx Home」のアンインストールも行われる)
    ※8 スナップショットを選択 → 左下のボックスに「YES」と入力する。
    ロールバックを行わず、普通にアンインストールしたい時は、「現在のシステム」を選択 → 左下のボックスに「YES」と入力し、「Uninstall」ボタンを押して下さい。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のシステムバックアップツール
 Macrium Reflect Free Edition

指定したディスク or パーティション を、丸ごと完全にバックアップしてくれるソフト

RollBack Rx Home TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GIMP

超高機能なペイントソフト

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

スポンサードリンク

RollBack Rx Home を紹介しているページです。