Rufus

Rufus の概要や使い方を紹介しています

Rufus を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

様々なOS のブートUSB を、素早く作成する!「Rufus」。

Rufus
制作者 Pete Batard/Akeo
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download

● Rufus

様々なOS のディスクイメージを元にして、ブータブルなUSB を高速作成することができるソフト。
Windows、BartPE、Linux ディストリビューション、FreeDOS 等々のイメージファイルを元に、ブータブルなUSB ドライブを高速に作成することができます。
作成するUSB ドライブのパーティションスタイル(MBR / GPT) / ファイルシステム / ボリュームラベル を指定する機能や、USB に書き込んだOS をUEFI モードでインストールできるようにする機能 などが付いています。

「Rufus」は、各種ディスクイメージを元にブートUSB を作成することができるソフトです。
Windows、BartPE、Linux ディストリビューション(Ubuntu、Fedora、Gentoo など)、FreeDOS 等々のイメージファイルを元に、起動可能なUSB ドライブを作成することができる... というブートUSB 作成ツールで、ディスクイメージの焼き込み速度が非常に速いところが最大の特徴。
速度比較表
書き込み元のディスクイメージによっては、他のツールの 2 倍程度速く書き込めたりするので、比較的ストレスなく使うことができます。
また、作成するUSB の

  • パーティションスタイル(MBP / GPT)
  • 起動モード(UEFI / BIOS)
  • ファイルシステム(FAT32 / NTFS / exFAT / UDF)
  • ボリュームラベル
を設定できるなど、まずまずカスタマイズ性が高いところもポイントの一つ。
色々とオプションを設定できる一方、基本的には書き込むイメージファイルを選択するだけなので、操作は非常に簡単です。
ダウンロードしたら即使えるポータブルアプリで、持ち運びにも便利。

使い方は以下の通りです。
Windows のインストールディスクからディスクイメージを作成する時は、 「ImgBurn」 を使うと簡単です。
(「ディスクからイメージファイルを作成」機能を使う)

  1. まず、ブートUSB として使用するUSB ドライブを、パソコンに接続させます。
    (このUSB 内のデータは、すべて消去されるので注意)
  2. 「Rufus」を実行します。
  3. 初回起動時に、「アップデートチェックを自動で行いますか?」という内容のダイアログ が表示されるので、適宜「はい」か「いいえ」を選択しておきます。
  4. メイン画面 が表示されます。
    一番上の「デバイス」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、ブートUSB として使用するデバイスを選択します。
  5. 画面右下の アイコンをクリックし、焼き込むイメージファイルを選択します。
  6. 画面上部の「パーティション構成とターゲットシステムの種類」欄で、USB のパーティションスタイルと起動モードを選択します。
    よくわからない場合は、「MBR バイオスまたはUEFI コンピューターのためにパーティション構成」を選択します。
    UEFI に対応しているパソコンを使用している場合で、OS をUEFI モードでインストールしたい場合は、
    • MBR UEFI コンピューターのためにパーティション構成※1
    • GPT UEFI コンピューターのためにパーティション構成
    のどちらかを選択します。
    ※1 作成したUSB ドライブに、Windows XP からアクセスすることがありそうな場合は、こちらを選択。
  7. ファイルシステム」は、「パーティション構成とターゲットシステムの種類」を選択すれば最適なものが設定されるので、そのままでOK です。
  8. 画面中段の「ボリュームの新ラベル」欄に、作成するブートUSB のボリュームラベルを入力します。
  9. 基本的にはこれで設定完了です。
    必要に応じて、
    • 破損したブロックを検索する
    • 古いバイオスのためにフィクスを追加する
    • バイオスID でRufus のMBR を作る
    などの オプションを設定してもOK です※2
    ※2 下記二つのオプションは、「フォーマット設定」欄の 詳細設定に切り替えます をクリックすると表示される。
  10. 準備が整ったら、画面下部の「スタート」ボタンをクリックします。
  11. 「選択したUSB ドライブ内のデータは、すべて削除されます」というような内容のダイアログ が表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
  12. 画面下部のメーターがいっぱいになり、ステータスバー上に「準備できた」と表示されたら処理完了です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Rufus TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 AG-デスクトップレコーダー

シンプルでありながらも高性能なデスクトップ録画ツール

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Folder Marker Free

右クリックで選択したフォルダに、マークや色を付けられるようにするソフト

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

スポンサードリンク

Rufus を紹介しているページです。