Win+X Menu Editor for Windows 8

Win+X Menu Editor の概要や使い方を紹介しています

Win+X Menu Editor for Windows 8 を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows 8 / 10 の “「Win」+「X」” メニューをカスタマイズ!「Win+X Menu Editor」。

Win+X Menu Editor

● Win+X Menu Editor

Windows 8 / 10 の “「Win」+「X」” メニュー の内容を、カスタマイズできるようにするソフト。
“「Win」+「X」” を押した時に表示されるランチャー風メニュー内に、普段よく使うファイルを登録したり、メニューから不要アイテムを削除したりすることができます。
登録アイテムを並べ替える機能や、アイテムの表示名を変更する機能、設定内容を復元する機能... なども付いています。

「Win+X Menu Editor」は、“「Win」+「X」” メニューをカスタマイズできるようにするソフトです。
ホットキー “「Win」+「X」” を押した時に表示されるポップアップメニューを、自分好みに改造することができる... という Windows 8 / 10 カスタマイズツールです。
できることは、

  • メニュー内へのファイル登録
  • 登録アイテムの削除
  • 登録アイテムの並べ替え
  • 登録アイテムのリネーム
といったことがメインで、いずれも OS の再起動なしに行えるようになっています。
(ただし、エクスプローラは再起動する)
設定した内容はいつでも元に戻すことができるので、気軽に使えると思います。

使い方は以下の通り。

    ダウンロード
  1. ダウンロード先のページでは、「Donate options for satisfied」というテキストの上にある「Download Win+X Menu Editor for ~」というテキストリンクをクリックしてください。
    「Download Win+X Menu Editor for ~」というテキストリンクをクリック

  2. 実際に使う
  3. 「WinXEditor.exe」を実行します。
  4. メイン画面が表示されます。
    Win+X Menu Editor
    ここに、“「Win」+「X」” メニュー内に登録されているアイテムが、リスト形式で一覧表示されます。
    (「Group」は、セパレータを意味しています)

  5. 不要なアイテム / グループ の削除
  6. 不要なアイテムがある場合は、該当のアイテムを選択 → 画面上部の「Remove」ボタンをクリックします。
    任意のグループを丸ごと削除することもできたりします。
    (グループ内のアイテムも削除されるので注意)

  7. アイテムの並び順を変更
  8. 画面右側にある各種ボタンを使うことで、選択したアイテムを
    • Move Top - (グループ内の) 一番上へ移動
    • Move UP - 一つ上へ移動
    • Move Down - 一つ下へ移動
    • Move Bottom - (グループ内の) 一番下へ移動
    させられるようになっています。
    尚、 Move UP Move Down ボタンを使っても、アイテムを他のグループへ移動させることはできないので注意※1
    ※1 アイテムを他のグループへ移動させる時は、アイテムを右クリック → 「Move to group」から、移動先のグループを選択する。
    同様に、グループそのものを移動させることもできません。

  9. アイテムの登録
  10. アイテムの登録先とするグループを選択します。
  11. 画面左下にある「Add a program」ボタンをクリック →
    • Add a program - プログラムを追加
    • Add preset - プリセットされたアイテムを追加
      • Shutdown options - シャットダウンコマンド(再起動 / シャットダウン 等)
      • Services - サービス
      • Paint - ペイント
      • Calculator - 電卓
      • Windows Media Player
      • Snipping Tool
      • Notepad - メモ帳
    • Add a Control Panel item - 「コントロールパネル」内のアイテムを追加
    • Add an Administrative Tools item - 「管理ツール」内のアイテムを追加
    のいずれかを選択します。
    Add a program
  12. 「Add a program」を選択した場合は、「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、目的とするプログラムを選択します。
    「Add a Control Panel item」や「Add an Administrative Tools item」を選択した場合、登録可能なアイテムが一覧表示されるので、この中から目的とするアイテムを選択すればOK です。
    Add a Control Panel item
    Add an Administrative Tools item

  13. アイテムのリネーム - 表示名変更
  14. リネームしたいアイテムを右クリックし、「Rename」を選択します。
    もしくは、目的とするアイテムを選択し、「F2」キーを押します。
  15. すると、リネームダイアログが表示されます。
    リネームダイアログ
    あとは、ここに新しい名前を入力 →「OK」ボタンをクリックすればOK。

  16. グループの作成
  17. 画面上部にある「Create a group」ボタンをクリックします。
  18. リストの一番上に、新しいグループが作成されます。
    グループの作成

  19. 設定内容を反映させる
  20. すべての設定が終わったら、画面右下にある「Restart Explorer」ボタンをクリックします。
  21. エクスプローラが再起動し、設定内容の反映が行われます。

  22. 設定を元に戻す
  23. 設定内容をデフォルトに戻したくなったら、画面右上にある「Restore Defaults」ボタンをクリックします。
  24. 「Are you sure?」というダイアログが表示されるので、「はい」を選択すればOK です。
    Are you sure?

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Win+X Menu Editor TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 Windows Update MiniTool

Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Office の ISO イメージファイル入手を支援

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 おすすめフリーソフト
 Pasteasy

パソコン ⇔ iPhone / iPad / Android 間で、クリップボードの中身を共有

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 Quick Startup

総合的なスタートアップアイテム管理ツール

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

スポンサードリンク

Win+X Menu Editor for Windows 8 を紹介しているページです