Aero Glass for Win8

Aero Glass for Win8 の概要や使い方を紹介しています

Aero Glass for Win8 を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows 8 / 8.1 / 10 に、Aero Glass 風のエフェクト効果をかける!「Aero Glass for Win8」。

Aero Glass for Win8

● Aero Glass for Win8

Windows 8 / 8.1 / 10 上で、Aero Glass 風の半透明効果を再現できるようにするソフト。
インストール → 再起動 するだけで、Vista / 7 風のAero ウインドウを再現できるようにしてくれます。
レジストリエディタを使うことで、透明度 / ぼかし / 発光の強さ 等を調整することも可能となっています。

「Aero Glass for Win8」は、Windows 8 / 8.1 / 10 のウインドウを半透明にしてくれるソフトです。
Windows Vista / 7 のような “ 半透明&ぼかしエフェクト ” が、Windows 8 / 8.1 / 10 のウインドウにもかかるようにする... というデスクトップテーマ拡張ツールで、Windows 8 / 8.1 / 10 の見た目をより自由にカスタマイズしていけるようにしてくれます。
基本的にインストールするだけで使うことができますが、レジストリエディタを使うことで

  • 発光の強さ(彩度)
  • アクティブウインドウの色の鮮やかさ
  • 非アクティブウインドウの鮮やかさ
  • アクティブなウインドウの透明度
  • 非アクティブなウインドウの透明度
  • ぼかしエフェクトの強度
  • ウインドウの角の丸み※1
等々のパラメータをカスタマイズすることもできたりします。
※1 角を丸めても、なんだか 元の枠が薄っすらと見える感じ になるが...
UltraUXThemePatcher」 のような視覚スタイルパッチと併用すると、中々面白いと思います。
尚、この「Aero Glass for Win8」は無料で使うことができますが、
  • デスクトップの右下に、ウォーターマークが表示される
    ウォーターマーク
  • パソコン起動時に、毎回寄付を促すダイアログが表示される
    寄付を促すダイアログ
という制限が付きます。
(寄付を行うと、これらの制限がなくなるようです)

使い方は以下の通り。
Windows 10 を使用している場合、「Aero Glass for Win8.1」の方をインストールして下さい。

    インストール
  1. インストール時に表示される「Select Additional Tasks」という画面で、いくつかのオプション設定を行えるようになっています。
    Select Additional Tasks
    一番上の「Install Aero Glass theme」にチェックを入れると、独自のテーマもインストールされます。
    Aero Glass テーマ
    ↓ Windows 10 標準のテーマ
    標準のテーマ
    独自のテーマをインストールした場合、標準のテーマに戻すのにレジストリ編集が必要になるので注意が必要です※2
    ※2 「HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\DWM」内の「CustomThemeAtlas」というエントリを削除 → 下記手順 により、「dwm.exe」を再起動させる。
    真ん中の「Protect Aero Glass by adjusting access permissions」は、根幹となるコンポーネント
    • aerohost.exe
    • DWMGlass.dll
    を保護するかどうかという内容のものです。
    (管理者以外が編集できないようにする)
    通常はチェックを入れないでも良いと思いますが、心配なようであればチェックを入れておいてもよいでしょう。
    一番下の「I understand it and I want to enable glass frame on modern apps」にチェックを入れると、モダンアプリ上でもAero Glass が有効になります。
    (要セキュアブート)
    ただし、このオプションは実験的なものなので、心配なようであればチェックを外しておくとよいでしょう。
  2. インストールが完了すると、Aero Glass 効果が有効になっています。
    Aero Glass for Win8
    パラメータをカスタマイズ
  1. パラメータをカスタマイズするには、レジストリ内のデータを直接編集する必要があります。
    作業の際には、「regjump」 「Registry Key Jumper」 といったツールを使うと楽かもしれません。
  2. ホットキー “「Win」+「R」” を押すなどして「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、
      regedit
    と入力 →「Enter」キーを押します。
    (適当なレジストリエディタを使ってももちろんOK )
  3. レジストリエディタが起動します。
    そのまま、
      HKEY_CURRENT_USER¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows¥DWM
    を開きます。
    もしくは、
      HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows¥DWM
    というキーを新たに作成してもOK です。
  4. あとは、各種パラメータ を調整すればOK。
    変更できるパラメータは数種類ありますが、主なものは次のようなものだと思います。
    (右端の数値はデフォルト値です)
    • ColorizationAfterglowBalance - 発光の強さ(0 ~ 100 ) 7
    • ColorizationColorBalance - アクティブウインドウの色の鮮やかさ(0 ~ 100 ) 62
    • ColorizationColorBalanceInactive - 非アクティブウインドウの色の鮮やかさ(0 ~ 100 )
    • ColorizationBlurBalance - アクティブなウインドウの透明度(0-100 ) 31
    • ColorizationBlurBalanceInactive - 非アクティブなウインドウの透明度(0 ~ 100 )
    • BlurDeviation - ぼかしエフェクトの強度( 0 ~ ) 30
    • RoundRectRadius - ウインドウの角の丸み(Win 8 = 0 Win 7 = 12 )
    いずれも、数値が高くなるほど “ 高く強く ” なります。
    デフォルトでは存在しないパラメータについては、下記のような手順で作成します。
    1. レジストリエディタの右側にあるパネル内で、右クリックします。
    2. 「新規」→「DWORD(32 ビット)値」を選択し、新しいパラメータを作成します。
      「新規」→「DWORD(32 ビット)値」を選択
    3. 作成されたパラメータの名前を、たとえば「BlurDeviation」とします。
      (名前は、右クリックメニューや「F2」キーから変更できる)
    4. 作成されたパラメータをダブルクリックします。
    5. 「DWORD (32 ビット) 値の編集」という画面が表示されます。
      DWORD (32 ビット) 値の編集
      「表記」欄の「10 進数」にチェック →「値のデータ」欄に設定値を入力します。
  5. パラメータを編集し終わったら、タスクトレイ上で右クリック →「タスクマネージャー」を開きます。
  6. タスクマネージャーが簡易表示になっている場合は、左下の「詳細(D )」をクリック。
  7. 「詳細」タブを開き、「dwm.exe」を右クリック →「タスクの終了」を選択。
    「dwm.exe」を右クリック →「タスクの終了」を選択
  8. 確認ダイアログが表示されるので、そのままプロセスの終了を行います。
  9. すると自動的に「dwm.exe」が再起動し、パラメータの反映が行われます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Aero Glass for Win8 TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 GIMP

超高機能なペイントソフト

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 KillKeys

指定したキーを、無効化してくれるソフト

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

 tsMuxeR

Blu-ray データを、作成 / 分解 / 編集 することができる

スポンサードリンク

Aero Glass for Win8 を紹介しているページです