Picture Cutout Guide Lite

Picture Cutout Guide Lite の概要や使い方を紹介しています

Picture Cutout Guide Lite を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

複雑な輪郭の物体でも、簡単に切り抜くことができる!「Picture Cutout Guide Lite」。

Picture Cutout Guide Lite
制作者 Two Pilots
対応 XP/Vista/7

Download (Lite version )

● Picture Cutout Guide Lite

画像内の特定物体を、半自動で切り抜いてくれるソフト。
目的とする物体の輪郭を塗ったり、切り抜き対象物&背景 を大まかに指定してやったりするだけで、目的とする物体の輪郭検出&切り抜き を行うことができます。
指定された物体を切り抜くのではなく、物体以外の領域に ぼかし / シャドウ / モノクロ といったエフェクトをかける機能も付いています。

「Picture Cutout Guide Lite」は、“ 半自動エッジ検出機能 ” を搭載した画像トリミングツールです。

  • 切り抜き対象物&背景領域 を、それぞれアバウトに区別する
  • 切り抜きたい物体の輪郭を、専用のブラシで塗る
ことにより、目的の物体を一発で選択状態にすることができます。
(選択状態にされた部分は、そのまま切り抜くことができる)
複雑な輪郭でも割りと正確に検出してくれるため、 “ 手動で選択するにはやや面倒 ” な物体でも、手軽に切り抜くことができると思います。
尚、切り抜きを行う代わりに、背景領域※1 に シャドウ / ぼかし / モノクロ といったエフェクトをかけることもできたりします。
※1 “ 範囲選択された領域 ” 以外の領域 を指す。
その他、切り抜き対象とされる領域を、反転させる機能 なども付いています。
対応しているフォーマットは、JPG / PNG / BMP / TIFF。

操作の流れは、以下のようになっています。
インストール時に 外部ツールバーのインストールを促すような画面 が表示されますが、これはインストールする必要ありません。
(「Custom Installation (advanced) 」を選択し、全てのチェックを外す)

  1. 「PictureCutoutGuide.exe」を実行します。
  2. 起動時に、「Demonstration」というダイアログ が表示されます。
    ここで任意のデモを選択 → 右下の「Start」ボタンを押すことで、選択したデモを見れるようになっています。
    しかし、Lite 版とは関係ないデモも含まれているので、特に見なくてもOK です※2
    ※2 「Simple Background Erase」「Jagged Object Edge」は見ておいてもよいかも。
    デモ再生を途中で中断する時は、「Esc」キーを押す。

    次回からこのダイアログを表示させたくない場合は、左下にある「Show At Startup」のチェックを外してから「Close」ボタンを押します。
  3. メニューバー上の「File」から「Open」を選択し、編集したい画像ファイルを読み込みます。
    (ファイルを、ウインドウに直接ドラッグ&ドロップしてもOK)
  4. 画像のサイズが大きかったり小さかったりする場合は、ツールバー上にある Zoom ボタンを使い、適宜やりやすいサイズに調整しておきます。
    左から順に、拡大 / 縮小 / オリジナルサイズで表示 / ウインドウサイズに合わせる という意味になっています。

  5. “ 切り抜く物体&背景 ” をそれぞれ指定し、トリミング
  6. 画面右側にある Full ボタンをクリック。
  7. 続けて、下にある Background ボタンをクリック。
  8. そのまま、 を塗っていきます。
    ここで注意したいのは、“ 切り取る物体 ” と “ 背景 ” の境目を塗るのではなく、いくらか背景寄りの部分を塗っていくというところです。
    (結構アバウトでも平気なはずです)
    尚、右側にある Cleaning ブラシを使うと、一度塗った部分を元通りにすることができます。
    Clear ボタンをクリックすると、塗った部分を一括アンドゥすることができる)
    ブラシのサイズは、右上にある「Size」欄のスライダー、もしくはキャンバス上でのホイール回転で調整することができます。
  9. 次に、右側にある Object ボタンをクリックし、 を塗っていきます。
  10. 画面右側にある Separate ボタンをクリック。
  11. 自動的に、エッジの抽出が行われます。
    検出された輪郭で切り取りを行ってもよければ、右側にある Effect ボタンをクリック。
    思ったとおりにエッジ検出が行われなかった場合、続けて切り取り対象物 & 背景 の指定を行います。
    (修正が終ったら、再度 Separate ボタンをクリック)
  12. 画像の切り取りが行われます。

  13. このまま保存してもよければ、 Done ボタンをクリック → メニューバー上の「File」→ 「Save As」からファイルの保存を行います。
    Done を押す前に Swap ボタンをクリックすることで、切り取る領域を反転させることもできたりします。

    対象物の “ 輪郭 ” を指定し、トリミング
  1. 画面右側にある Edge ボタンをクリック。
  2. 少し下にある Object Or Backgrnd ボタンをクリックします。
  3. 右側にある Fill ボタンをクリック。
  4. キャンバス上で一回クリックし、画像全体にマスクをかけます。
  5. そのまま、切り抜きたい物体の輪郭を塗っていきます※3
    ※3 塗った部分だけ、マスクが解除される感じになる
    ブラシのサイズは、右上にある「Size」欄のスライダー、もしくはキャンバス上でのホイール回転で調整することができます。
    輪郭でない部分まで塗ってしまったら、 Object Or Backgrnd ボタン(背景領域指定ブラシ)をクリック → 塗りすぎた部分を修正していきます。
  6. 画面右側にある Separate ボタンをクリック。
  7. 自動的に、エッジの抽出が行われます。
    検出された輪郭で切り取りを行ってもよければ、右側にある Effect ボタンをクリック。
    修整したい箇所がある場合は、
    • Cleaning - 輪郭指定ブラシ
    • Object Or Backgrnd - 背景領域指定ブラシ
    を使い、直したい部分をポチポチと塗っていきます。
    (修正が終ったら、再度 Separate ボタンをクリック)
  8. 画像の切り抜きが行われます。
    このまま保存してもよければ、 Done ボタンをクリック → メニューバー上の「File」→ 「Save As」からファイルの保存を行います。
    Done を押す前に Swap ボタンをクリックすることで、切り取る領域を反転させることもできたりします。

ちなみに、“ エッジ検出により切り抜かれた部分 ” 以外の領域に対し、様々なエフェクトをかけることもできます。
以下に、その方法を紹介します。

  1. まず、輪郭検出 → 切り抜き実行 までの操作を行っておきます。
  2. 背景にシャドウエフェクトをかけたい場合は、右下の「Shadow」にチェックを入れ、右側にあるスライダーで影の濃さを調整します。
    背景にぼかしエフェクトをかけたい場合、右下の「Blur」にチェック → 右側にあるスライダーでぼかしの強度を調整します。
    背景をモノクロにしたい場合、右下の「Monochrome」にチェック → 右にあるプルダウンメニューをクリック → エフェクトの際に使用する色を選択します。
  3. 操作が終わったら、画面右側にある Done ボタンをクリック → メニューバー上の「File」→ 「Save As」からファイルの保存を行います。

そのほか、以下のような操作を行うこともできたりします。

  • Rotate clockwise - 右に90 度回転
  • Rotate counter clockwise - 左に90 度回転
  • Flip vertical - 上下反転
  • Flip horizontal - 左右反転
  • + Brightness - 明度を上げる
  • - Brightness - 明度を下げる
  • + Contrast - コントラストを上げる
  • - Contrast - コントラストを下げる
  • Resize - リサイズ
  • Crop - クロップ

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の画像編集・加工ソフト
 JTrim

高機能でありながらも使いやすいレタッチソフト

 BeFunky

超多機能な画像編集サービス

Picture Cutout Guide Lite TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 おすすめフリーソフト
 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

スポンサードリンク

Picture Cutout Guide Lite を紹介しているページです