Google ドライブ for Windows

Google ドライブ for Windows の概要や使い方を紹介しています

Google ドライブ for Windows を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

Google ドライブとパソコンを、自動で同期できるようにする!「Google ドライブ for Windows」。

Google ドライブ for Windows
制作者 Google
対応 XP/Vista/7

Download

● Google ドライブ for Windows

Google ドライブ 内のファイルと、パソコン内の特定フォルダが自動で同期されるようにしてくれるソフト。
“ Google ドライブ 内のファイル&フォルダ ” と、“ パソコン内の特定フォルダ ” の内容が、常に同じになるようにリアルタイムで同期を行ってくれます。
同期するフォルダを指定する機能や、Google ドキュメント形式のファイル( .gdoc )をダブルクリックで開けるようにする機能... 等が付いています。

「Google ドライブ for Windows」は、Google ドライブとパソコンを自動で同期できるようにするソフトです。
最大で 5 GB まで使える無料オンラインストレージ “ Google ドライブ ” と、パソコン内の特定フォルダが自動で同期されるようにしてくれるソフトで、基本的にノータッチで勝手に同期処理を行ってくれるところが最大の特徴。
Google ドライブ内にファイルをアップロードすると、アップロードされたファイルがパソコン内にも自動でダウンロードされ、パソコン内の特定フォルダにファイルを保存すれば、保存したファイルが Web 上のGoogle ドライブにも自動でアップロードされる... といった具合です。
もちろん、Google ドライブ内のファイルを編集すれば、パソコン内のファイルも “ 編集されたもの ” で自動的に上書きされる... ということになります。
(逆も然り)
Google ドライブ内の特定フォルダのみ同期するように設定することもでき、またGoogle ドキュメント形式のファイルを同期させないように設定することも可能※1 となっています。
※1 Google ドキュメント形式に変換されたファイルも同期するようにした場合、dgoc 形式のファイルをダブルクリックで(既定のブラウザで)開けるようになる。

使い方は以下のとおり。
「Google ドライブ」をダウンロードするには、Google アカウントへのログインが必要になります。

    インストール ~ 初期設定
  1. ダウンロードした「googledrivesync.exe」を実行し、インストールを行います。
    (IE 系ブラウザでダウンロードした場合?、ダウンロード時にインストールも自動で行われます)
  2. インストールが完了 したら、「閉じる」ボタンをクリック。
  3. 続いて ログイン画面 が表示されるので、使用しているメールアドレス&パスワード を入力 → 「ログイン」ボタンをクリック。
  4. スタートガイド が表示されます。
    そのまま、右下の「次へ」ボタンをクリック。
  5. 解説のような画面 が表示されます。
    デフォルトでは、Google ドライブの内容は
    • C:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥My Documents¥Google ドライブ (XP )
    • C:¥Users¥ユーザー名¥Google ドライブ (Vista / 7 )
    に作成されるフォルダと同期されるようになっています。
    加えて、通常はGoogle ドライブ内の全フォルダが同期されるように設定されています。
    この設定を変更したい場合は、左下の「詳細設定」ボタンをクリックします。
    (以降、「詳細設定」を選択した時の内容です)
  6. 「詳細設定」という画面 が表示されます。
    ここで、
    • フォルダの場所
      Google ドライブと同期する、パソコン側のフォルダ(「変更」ボタンを押して指定する)
    • このパソコンに一部のフォルダのみを同期※2
      ローカルと同期する、Google ドライブ側のフォルダ
    • Google ドキュメント のファイルを同期※3
      Google ドキュメント形式のファイルも同期する
    • パソコンの起動時に Google ドライブを自動的に起動する
      Windows 起動時に、Google ドライブを自動で起動させる
    といったオプションを設定しておきます。
    ※2 Google ドキュメント内のフォルダも、Google ドライブ内のフォルダとして扱われるので注意。
    同期させたくないフォルダがある場合、「このパソコンに一部のフォルダのみを同期」にチェックを入れ、同期させたいフォルダにのみチェックを入れる。

    ※3 テキスト、オフィス系ファイル、PDF、画像 などを(ブラウザから)Google ドライブにアップロードする時には、Google ドキュメント形式に変換するかどうかを問うダイアログ が表示される。
    ここで「変換する」ようにしていたファイルは、Google ドキュメント形式(.gdoc )に変換されてからアップロードされる。
    (そういったファイルも同期する、というオプション)

    設定が終わったら、右下の「同期を開始」ボタンをクリック。
  7. 「同期を開始」ボタンをクリックすると、Google ドライブとの同期処理が開始されます。

  8. 実際に使う
  9. これで、Google ドライブの内容と、パソコン内にあるGoogle ドライブフォルダの内容が、自動で同期されるようになっています。
    尚、タスクトレイアイコンを右クリックすることで、
    • 一時停止
      同期処理を、一時停止させる
    • Google ドライブフォルダを開く
      パソコン内のGoogle ドライブフォルダを(エクスプローラで)開く
    • ウェブ上のGoogle ドライブにアクセス
      Web 上のGoogle ドライブを(既定のブラウザで)開く
    • 共有アイテムを表示※4
      他のユーザーと共有しているファイル一覧を(既定のブラウザで)表示する
    といった操作を 行えるようになっています
    ※4 オーナーが自分のファイルは、一覧に表示されない。

  10. 設定変更
  11. 初期設定時に「詳細設定」画面で設定した内容は、後から変更することもできます。
    設定変更を行う時は、タスクトレイアイコンを右クリック →「設定」を選択。
  12. 設定画面 が表示されます。
    あとは、適宜設定変更を行い、画面下部の「変更を適用」ボタンをクリックすればOK。

  13. パソコン側の同期フォルダを変更
  14. タスクトレイアイコンを右クリック →「設定」を選択。
  15. 右上にある「アカウントの接続を切断」ボタンをクリック。
  16. 警告ダイアログ が表示されるので、「はい」を選択します。
  17. 「同期が解除されました」という内容のダイアログ が表示されるので、「OK」ボタンをクリック。
  18. タスクトレイアイコンを右クリックし、「ログイン」を選択します。
  19. 初期設定画面が表示されるので、再度設定を行います
    (同期するフォルダは、空のフォルダでなくてはならないので注意)

トップユーティリティ総合オンラインバックアップ Google ドライブ for Windows TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 SpeedyFox

Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 Free Hide Folder

シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 簡単デジカメ写真整理

デジカメで撮った写真や動画を、撮影日時名のフォルダに振り分けてくれるソフト

 7z NSE

7Z / RAR / ISO 等々のファイルを、エクスプローラ上で普通に開けるようにする

 Add Desktop Background to Desktop context menu

デスクトップの右クリックメニューから、ダイレクトに壁紙変更を行えるようにする

 Super Sleep

指定したホットキーが押されるまで、ディスプレイを強制的にスリープさせ続ける

 Tab ListerFirefox

現在開いているすべてのタブの “ タイトル&URL ” を、特定の書式で一括コピー

 FortiClient

強力なWeb ページフィルタ機能を備えた、常駐監視型のアンチウイルス

スポンサード リンク

Google ドライブ for Windows を紹介しているページです