Helium Desktop

Helium Desktop の概要や使い方を紹介しています

Helium Desktop を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Android 内のアプリ&アプリデータ を、手軽にバックアップ!「Helium Desktop」。

Helium Desktop

● Helium Desktop

Android 内のアプリ&アプリデータ を、手軽にバックアップできるようにするソフト。
現在インストールされているアプリ&アプリのデータ を、Android 端末内 or 外部SD カード内 に手早くバックアップできるようにしてくれます。
よくバックアップするアプリをグループでまとめる機能や、選択したアプリのデータのみをバックアップする機能 などが付いています。

「Helium Desktop」は、Android アプリを手軽にバックアップ / 復元 できるようにするソフトです。
(実際のバックアップ / 復元 操作は、Android 側で行います)
USB で接続されたAndroid 内のアプリ&アプリデータ を、Android 端末内 or 外部SD カード内 に手早く保存できるようにする... というアプリバックアップツールで、直感的に使えるシンプルなインターフェースが最大の特徴。
基本的に、バックアップしたいアプリを選択 → バックアップ先を選択するだけ で使えるので操作は簡単。
(復元も似たような感じ)
選択したアプリの “ データのみ ” をバックアップすることも可能なため、容量も最小限に抑えられるようになっています※1
※1 データのみをバックアップした場合、復元の際にアプリ本体のインストールが必要になる。
その他、よくバックアップするアプリ群を、 “ グループ ” でまとめる機能も付いていたりします。

使い方は以下のとおり。
Motorola 製のデバイスには対応していないようです。

    準備
  1. Android 端末に、「Helium」 をインストールします。
  2. パソコンに 「Helium Desktop」 をインストールします。
  3. 続けて、パソコンに 「Android driver」 をインストールします。
    ドライバーは、自分の端末に合ったものをダウンロード&インストール します。
  4. パソコンを再起動させ、操作するAndroid 端末を接続します。
  5. パソコン側で「Carbon.exe」を実行します。
    バックアップ
  1. Android 端末で「Helium」(Carbon )を実行します。
  2. 最初に、バックアップするアプリの選択画面 が表示されます。
    ここで、バックアップするアプリにチェックを入れていきます。
    下部の操作メニューを上にスワイプすることで、
    • アプリデータのみをバックアップ(最小のバックアップ)※2
    • 選択したアプリにグループ名を付ける
    • すべて選択
    といったコマンドを 実行できるようにもなります
    ※2 これにチェックを入れてバックアップを行った場合、アプリ本体はバックアップされない。
    復元の際に、アプリ本体の ダウンロード&インストール が必要になる。

    ちなみに、一度グループを作成しておくと、次回から画面上部に「保存済みグループ」という欄が表示されるようになります。
    ここでグループ名をタップすると、関連付けられているアプリを一括選択できるようになります。
    (作成したグループを削除する時は、目的のグループを押し続ければよい)
  3. アプリを選択したら、「バックアップ」ボタンをタップ。
  4. バックアップ先選択画面 が表示されます。
    ここで、データのバックアップ先デバイスを選択します。
    フリー版では、基本的に「USB ストレージ」「外部SD カード」のどちらかになります。
    (スケジュールバックアップやオンラインバックアップを利用したい場合、有償版 を使う)
  5. 一瞬 確認画面 が表示され、そのまま バックアップが実行されます
    選択したアプリの数によっては、結構時間がかかります。
  6. しばらく待ち、「バックアップ完了」と表示されたら処理完了です。
    復元
  1. Android 端末で「Helium」(Carbon )を実行します。
  2. 画面上部の 「リストアと同期」タブ をタップします。
  3. 画面下部の「マイデバイス」欄で、バックアップデータが保存されているデバイスを選択します。
  4. バックアップされているアプリが、一覧表示されます
    ここで、復元したいアプリにチェック※3 → 下部の「リストア」ボタンをタップします。
    ※3 グループを作成しておいた場合、グループ名を選択すれば関連アプリに一括チェックが入る。
    (グループを削除する時は、目的のグループ名を押し続ける)

    下部の操作メニューを上にスワイプすることで、
    • すべて選択
    • すべて選択解除
    といったコマンドを 実行できるようにもなります
    尚、アプリにチェック → 画面右上のごみ箱ボタンをタップすることで、選択したバックアップデータを削除することもできたりします。
  5. バックアップの際に、「アプリデータのみ(最小のバックアップ)」にチェックを入れていた場合、この時 「アプリのダウンロードが必要」という画面 が表示されます。
    この画面が表示されたら、「OK」ボタンをタップし、アプリをインストールしておきます。
  6. 一瞬 確認画面 が表示され、そのまま 復元処理が開始されます
    選択していたアプリの数によっては、結構時間がかかります。
  7. しばらく待ち、「アプリのリストアは完了しました」と表示されたら処理完了です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Helium Desktop TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Internet Friendly Media Encoder

各種動画ファイルを、H.264 / H.265 / VP9 圧縮の MP4 / MKV / WebM に変換してくれるソフト

 Change Timestamp

シンプルで手軽に使えるタイムスタンプ変更ツール

 Task Manager

現在開いているタブやアドオンの負荷率(CPU 使用率、メモリ使用量)を、個別に確認できるようにする Firefox アドオン

 Compressor.io

JPEG / PNG / GIF / SVG ファイルを、画質劣化なしに圧縮することができるウェブサービス

 ShowKeyPlus

“ Windows 10 にアップグレードする前 ” のプロダクトキーも確認できるプロダクトキー解析ツール

 Reduce Memory

非常駐型のシンプルなメモリ解放ツール

 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 Textify

選択&コピーできない場所のテキストを、選択&コピー可能な状態にしてくれる

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上にミラーリング表示させるソフト

スポンサードリンク

Helium Desktop を紹介しているページです