Filedrop

Filedrop の概要や使い方を紹介しています

Filedrop を紹介しているページです

ファイルやフォルダを、ドラッグ&ドロップで簡単転送!「Filedrop」。

Filedrop
制作者 Filedrop
対応 -

Filedrop

簡単なドラッグ&ドロップ操作のみで、ファイルやフォルダをLAN 内のパソコンに送れるようにするソフト。
専用のドロップゾーンにファイルをドラッグ&ドロップするだけで、対象のファイルを他のユーザーに一発送信できるようにしてくれます。
(複数のファイル / フォルダ をまとめて送ることもできる)
ダウンロードフォルダを指定する機能や、ファイルの受け取りを拒否する機能 などが付いています。

「Filedrop」は、LAN 内で使えるシンプルなファイル転送ソフトです。
専用のドロップゾーン※1 にファイルやフォルダを放り込むだけで、指定したユーザーへのファイル転送を行えるようにしてくれます。
1 ドロップゾーンは、接続しているユーザーの数だけ表示される。
(一人なら 一つ、 二人なら 二つ

各PC 上で「Filedrop」を起動するだけで通信は確立するため、難しい知識は一切不要です。
ファイルのダウンロードフォルダは自由に選ぶことができ、またファイルの受信拒否も可能となっています。
LAN 内にあるパソコン間で、ファイルを頻繁にやりとりしている人におすすめ。
様々なOS に対応しているようで、Windows / Mac / iOS で使えるようです。
( iOS 用のアプリは準備中)

使い方は以下のとおり。

    準備
  1. ファイルをやりとりする全てのパソコンに、「Filedrop」をインストールします。
  2. 「Filedrop.exe」を実行します。
    もしファイアウォールのアラートが表示されたら、アクセスを許可するように設定して下さい。
    ファイアウォールのアラート
  3. LAN 内に「Filedrop」が起動しているパソコンが見つかると、該当 PC ユーザーの名前とドロップゾーン(青い領域) が画面中央に表示されます※2
    ドロップゾーン
    2 「Filedrop」ユーザーが見つからないと、「Refresh to find computers with filedrop around」と表示される。
    Refresh to find computers with filedrop around

    ユーザーが複数存在する場合、その数だけドロップゾーンとユーザー名が表示されます。
    ユーザーの数だけドロップゾーンが表示される
    ファイルを送る
  1. 送り先とするユーザーのドロップゾーンに向かって、ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップします。
    ファイルを受け取る
  1. 誰かからファイルが送られてくると、ポップアップが表示されます※3
    ポップアップ
    3 ポップアップは、送信ユーザーのドロップゾーンから表示される。
    最初に、ポップアップの右下にある「Downloads」というリンクをクリック。
  2. 「フォルダの参照」ダイアログが表示されます。
    ここで、ファイルのダウンロード先フォルダを選択します。
  3. あとは、ポップアップ内の「Accept」ボタンをクリックすればOK です※4
    4 ファイルを受取拒否する時は、「Decline」ボタンをクリックする。
    選択しておいたフォルダ内に、ファイルが保存されています。
  4. 尚、メイン画面の下部にあるダウンロードボタンをクリックすると、ダウンロードしたアイテムがリスト形式でポップアップ表示されます。
    ダウンロードしたアイテム
    ここで任意のアイテムをクリックすると、アイテムを関連付けソフトで開くことができます。
    (ポップアップ右端の をクリックすると、格納フォルダを開くことができる)
    ついでに、ポップアップ下部の「Change folder」を選択すると、保存フォルダの変更を行うことができます。

Filedrop TOPへ

Filedrop を紹介しているページです。