コードマン(Chordman!!)

コードマン の概要や使い方を紹介しています

コードマン(Chordman!!) を紹介しているページです

指定したコード(和音)を鳴らす!「コードマン(Chordman!!)」。

コードマン
制作者 青い鴉
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7
バージョン 1.6
更新日時 2011-11-16
ファイルサイズ 83.4 KB

コードマン(Chordman!!)

指定したコード(和音)を、指定した楽器音で鳴らしてくれるソフト。
コード一覧表の中に並べられたコードのうち、クリックしたものを好きな楽器音で鳴らすことができます。
各種コードは 3 オクターブ分用意されていて、音源 / 音色 は自由に変更できるようになっています。

「コードマン」は、指定したコード(和音)を鳴らしてくれるソフトです。
メイン画面 (コードマップ) 上に並べられたコードボタンのうち、クリックしたものを鳴らしてくれるというコードプレイヤーで、直感的に使えるその分かりやすいインターフェースが最大の特徴。
各種コードは3 オクターブ分用意されていて、コード構成音の配置(オクターブ)はいくらか変化させられるようになっています※1
1 たとえば、コード中の最高音を 1 オクターブ下げたり、最低音以外を 1 オクターブ下げたりすることができる。
また、音源として外部 MIDI 音源を使用することもでき、音色(楽器音)ももちろん変更できるようになっています。
作曲ソフトのお供としてはもちろん、簡易作曲ソフトとしても使えると思います。

使い方は以下のとおり。
外部音源を使用する場合は、あらかじめそれをパソコンに繋いでおきます。

  1. 「chordman.exe」を実行します。

  2. 音源設定
  3. 小さいウインドウと、大きいウインドウが表示されます。
    小さいウインドウ
    大きいウインドウ
    最初に、小さいウインドウ上の「MIDI 出力デバイス」欄で、これから使用する音源を選択 → 「変更」ボタンをクリックします。
    (外部音源等を使わない場合は、「Microsoft GS Wavetable Synth」を選択)
  4. 続いて、その下にある「プログラムナンバー」欄で、鳴らす楽器の音を選択 →「変更」ボタンをクリックします。

  5. 実際に使う
  6. 操作は、基本的に鳴らしたいコードの名前をクリックするだけです。
    一応、左にいくほどオクターブは下がり、右にいくほどオクターブが上がるようになっています。
    また、コード名を右クリックすると、コード中の最高音を 1 オクターブ下げることができます。
    加えて、 “「Ctrl」+ クリック ” すると、コード中の上位 2 音を 1 オクターブ下げることでき、“「Ctrl」+ 右クリック ” すると、最低音以外を 1 オクターブ下げることできます。

コードマン TOPへ

コードマン(Chordman!!)を紹介しているページです