SuperTagEditor 改造版

SuperTagEditor 改造版 の概要や使い方を紹介しています

SuperTagEditor 改造版 を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

エクセルライクなインターフェースのタグエディタ!「SuperTagEditor 改造版」。

SuperTagEditor 改造版
制作者 haseta
対応 2000/XP/Vista

Download

● SuperTagEditor 改造版

表計算ソフト風なインターフェースのタグエディタ。
エクセルでデータ編集を行うのと同じような感覚で、音声ファイルのタグ情報を編集できるようにしてくれます。
ファイル名を元にタグを自動生成する機能や、タグ情報を元にファイルをリネームする機能、データの連番化、定型文入力支援機能、検索 / 置換、タグ情報コピー、プレイリスト作成... などの機能が付いています。

「SuperTagEditor 改造版」は、表計算ソフト風なインターフェースのタグエディタです。
各種音声ファイルのタグ情報を、Excel で編集するのと同じような感覚で編集することができる... というスプレッドシートライクなインターフェースのタグエディタです※1
※1 音声ファイルのタグ情報(トラック名 / アーティスト名 / アルバム名 等)がセル上に並べられるので、変更したい部分をクリックして編集していく。
各種情報を手動で編集できるのはもちろん、ファイル名を元にタグを自動生成したり、テキスト変換機能※2 を使ってタグを一括編集したりすることも可能となっています。
※2 全角 ⇔ 半角、大文字 ⇔ 小文字、ひらがな ⇔ カタカナ 等を相互に変換することができる。
単語の一文字目のみを大文字にする機能や、タグ情報の先頭 or 末尾 から指定した文字数分だけを削り取る機能 もある。

普段、Excel を使うことが多い人におすすめです。
尚、

  • 指定したセルの内容を、下方向に向かって一括コピペ(上書き)する機能
  • 下方向に向かって連番を一発入力する機能
  • クリップボード内の文字列を、複数のセルに一括貼り付けする機能
  • タグ情報を元にファイルをリネームする機能
なども付いていたりします。

基本的な使い方は以下の通り。

    基本(手動編集)
  1. 「SuperTagEditor.exe」を実行します※3
    ※3 「プラグイン (.¥Plugin¥STEP_fla.ste) の読み込みに失敗しました」というダイアログが表示されたら、一度「SuperTagEditor 改造版」を終了させる。
    その後、インストールフォルダ内の「Plugin」フォルダ内に入っている「libFLAC.dll」を、「SuperTagEditor.exe」と同じフォルダ内に移動させる。
  2. メイン画面が表示されます。
    SuperTagEditor 改造版
    まず、タグ編集を行いたいファイル(または、ファイルの入ったフォルダ)を、メインウインドウにドラッグ&ドロップします。
    (メニューバー上の「ファイル」→「フォルダを開く」から、目的のフォルダを追加してもOK)
  3. 任意のセルをダブルクリック※4 し、
    • ファイル名
    • トラック名
    • アーティスト名
    • アルバム名
    ... 等々の情報を編集します。
    ※4 シングルクリック or「F2」キー押し でもOK。
    シングルクリックの場合、既存のテキストを上書きするかたちになる。

    もちろん、セル内でテキストをコピー&ペースト したりすることも可能です※5
    ※5 クリップボード内のテキストを、指定したセル内の情報に “ 付け加える ” かたちでペーストすることもできる。
    (「追加貼り付け」という機能)
    追加貼り付けしたいテキストをコピーしたら、貼り付け先のセルをクリック → 右クリック し、「追加で貼り付け」を選択する。
    (その後、セル内の情報の “ 前 ” に追加するのか、 “ 後 ” に追加するのかを選択する)
  4. 編集が終わったら、メニューバー上の「ファイル」から「タグ情報を更新」を選択すればOK。
    変換機能を使う
  1. 任意のセルをクリック※6 → 右クリック することで、該当セル上にある情報の
    • 半角を全角に、
    • 全角を半角に、
    • 小文字を大文字に、
    • 大文字を小文字に、
    • 単語の一文字目を大文字に、
    • ひらがなをカタカナに、
    • カタカナをひらがなに、
    変換したり、
    • 先頭 or 末尾から n 文字目までを削除
    したりすることができます。
    ※6 「Shift」キーを押しながらセルを選択すると、複数のセルを選択状態にすることができる。
  2. また、
    • ファイル名をトラック名で、
    • トラック名をファイル名で
    上書きすることもできたりします※7
    ※7 ファイルを右クリック →「デフォルト変換」から。
    デフォルト変換
  3. あるセルの情報を、下方向に向かって自動コピペ ( = 自動上書き入力) していくこともできます。
    (リストに読み込んだファイルの “ アーティスト名 ” “ アルバム名 ” を統一させたい時などに)
    この機能を利用したい場合、情報源とするセルから下方向に (必要なだけ) セルを選択していき、右クリック →「下方向へコピー」を選択すればOK。
  4. 同じような機能で、下方向に連番を上書き入力していく機能があります。
    (トラック番号を一発入力したい時などに便利)
    この連番機能を利用したい場合、連番の先頭となるセルから下方向に (必要なだけ) セルを選択していき、右クリック →「下方向へ連番」を選択します。
    (「下方向へ連番を追加」を選択すると、セル内の情報に連番を “ 追加 ” することができる)
    ユーザー指定変換機能を使う
    ファイル名を元にタグを自動生成したり、タグ情報を元にファイルをリネームしたりする
  1. まず、メニューバー上の「変換」から「ユーザー指定変換」→「書式設定」を選択します。
  2. 「ユーザー変換書式設定」というウインドウが表示されます。
    ユーザー変換書式設定
    ここの「タグ情報 ⇒ ファイル名」欄で、 “ タグ情報を元にファイルをリネームする場合 ” の、リネーム書式を設定しておきます※8
    (必要な場合のみ)
    ※8 デフォルトの %ARTIST_NAME%-%ALBUM_NAME%-%TRACK_NAME% は、アーティスト名-アルバム名-トラック名 を意味している。
    たとえば、アーティスト名に hoge 、アルバム名に test 、トラック名に open というタグが書きこまれているとすると、リネーム後のファイル名は hoge-test-open になる。
    %ARTIST_NAME% %ALBUM_NAME% %TRACK_NAME% 等の変数を、並べ替えたり削除したり追加 したりすることで、ファイル名のフォーマットを自由に設定することができる。

  3. 同じように、「ファイル名 ⇒ タグ情報」欄で、 “ ファイル名を元にタグを自動生成する場合 ”、ファイル名のどの部分をどのタグと一致させるのか... ということを設定します※8
    ちなみに、これらの書式は、上にある「カレント書式」欄のプルダウンメニューをクリックすることで、最大 5 パターンまで登録しておけるようになっています。
  4. あとは、任意のファイルをクリック → 右クリック し、「ユーザー指定変換」から
    • 「タグ情報 ⇒ ファイル名」 - タグ情報を元に、ファイルをリネーム
    • 「ファイル名 ⇒ タグ情報」 - ファイル名を元に、タグ情報を入力
    のどちらかを選択すればOK。
    ユーザー指定変換
    ファイル名やタグ情報が、設定したとおりに上書きされます。
    定型文入力支援機能を使う
    指定したセルに、定型文を貼り付ける
  1. まず、メニューバー上の「オプション」から「定型文」を選択します。
  2. 「定型文設定」という画面が表示されます。
    定型文設定
    ここに、任意の定型文を登録しておきます※9
    ※9 右端にある「詳細」ボタンをクリックすることで、定型文の貼り付け方を指定することもできる。
    (貼り付け先にあるセルの情報と置き換えるのか、前 or 後ろ に追加貼り付けするのか)

    定型文は、最大で 30 個まで登録できるようになっています。
  3. 定型文を登録し終えたら、下部の「OK」ボタンをクリックして設定画面を閉じます。
  4. 任意のセルをクリックし、右クリック →「定型文貼り付け」を選択します。
  5. そのまま、貼り付けたい定型文を選択します。
  6. 「定型文貼り付け」というダイアログが表示されます。
    定型文貼り付け
    ここで、選択中のセルに、定型文を上書き(置換)するのか、前 or 後ろ に追加するのかを選択 → 「OK」ボタンを押します。
  7. すると、選択した定型文が、指定のセルに貼り付けられます。

そのほか、検索 / 置換、お気に入りフォルダの登録、プレイリスト作成※10、ファイル移動※11 等の機能も付いています。
※10 リスト上のファイルを元に、m3u 形式のプレイリストを作成することができる。
※11 移動先のフォルダに、タグ情報を元にしてフォルダを自動生成することもできる。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のタグ編集ソフト
 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 mp3infp

ファイルの “ プロパティ ” 画面上で、メディアファイルのタグ編集を行えるようにするソフト

 TagScanner

高機能なタグエディタ

SuperTagEditor 改造版 TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Windows Update MiniTool

Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Office の ISO イメージファイル入手を支援

 Waterfox

古い Firefox アドオン(レガシーアドオン)の使用も可能な Firefox 派生ブラウザ

 Jerboa

マウスカーソルの移動や表示、ウインドウの切り替えやスクロール 等々の操作を補助してくれる

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 おすすめフリーソフト
 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

 KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト

スポンサードリンク

SuperTagEditor を紹介しているページです。