KeyScrambler

KeyScrambler の概要や使い方を紹介しています

KeyScrambler を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ブラウザ上で入力した文字列が、キーロガーに記録されるのを防ぐ!「KeyScrambler」。

KeyScrambler
制作者 QFX Software Corporation
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download (Personal )

● KeyScrambler

ブラウザ上で入力された文字列が、暗号化して送信されるようにするキーロガー対策ソフト。
キー入力された情報が自動で暗号化されるようにし、万が一 “ キーロガー ” を仕掛けられている場合でも、実質的にその脅威を無効化することができます。
(暗号化 / 復号化 はシステム深部で行われるため、見かけ上は普通に文字入力が行われる)
対応しているブラウザは、IE / Firefox / Google Chrome / Opera 等々、全部で 38 種類

「KeyScrambler」は、ブラウザ上で入力した文字列を全自動で暗号化してくれるソフトです。
各種ブラウザ上で入力された文字列を、ドライバーレベルでリアルタイムに暗号化し、

  • アドレスバー
  • 検索バー
  • ログインページ等の各種テキスト入力フォーム
上に入力した文字列を、実質的に盗聴不可能な状態にしてくれます※1
※1 万が一キーロガーを仕掛けられている場合でも、キーロガーは暗号化されたデータしか記録できない。
(キーロガーとは、キーボードで打ち込まれた文字列を、ファイルに記録して送信したりするソフト)
たとえば、Web ページ上のフォームに「gigafree.net」と入力した場合、このように暗号化される
その一方、Web ページ上にはきちんと「gigafree.net」と入力されている。

暗号化された文字列は、ブラウザに到達した時点で自動的に復号化されるようになっているため、面倒な操作は一切不要。
(基本的に、「KeyScrambler」を起動させておくだけでOK)
一度インストールさえしてしまえば、あとは “ 暗号化 ” ということを意識せずに使うことができます。
普段、オンラインバンク等のサービスを利用している人におすすめです。

使い方は以下のとおり。

  1. 「KeyScrambler」をインストールし、Windows を再起動させます。
  2. 「KeyScrambler.exe」を実行します。
    64bit 版のOS を使用している場合は、「x64」フォルダ内のものを実行します。
    初期設定
  1. タスクトレイアイコンを右クリックし、「オプション」を選択します。
  2. 設定画面 が表示されます。
    ここで、適宜設定を行っておきます。
    行える設定には、次のようなものがあります。
      一般 タブ
    • KeyScrambler による保護を有効化する
      • オン / オフ ホットキー
        保護の有効化 / 無効化 を切り替えるホットキー
    • Windows 起動時に、KeyScrambler を開始する
      表示 タブ
    • KeyScrambler 起動時に、スプラッシュスクリーンを表示する
      • オーバーレイウインドウ
        保護の状態を示すバナー を表示する
        • ロケーション
          バナーの表示位置
        • バナー表示の際に、アニメーションを使用する
      • トレイアイコンのみを表示する
      • 両方 (バナーとトレイアイコン) 表示する
      Update タブ
    • 新しいバージョンを、自動的にチェックする
      詳細 タブ
    • Encrypt The Space Key
      スペースキーの入力も暗号化する
    • Support East Asian Language Input
      日本語の文字列も暗号化する
  3. Web ブラウザを起動させます。
  4. 以後、アドレスバーや検索バー、各種フォーム上でキー入力すると
      Protection is active
    と記述された 緑色のバナー が画面上に現れるようになります※3
    ※3 バナーを表示するように設定している場合。
    また、タスクトレイアイコンが緑色になり、ブラウザ上でのキー入力が安全な状態にあることを知らせてくれます。
    (通常は黄色。機能が無効になっている時は赤になる)
    暗号化は自動的に行われるので、ユーザーが手動で何かを設定する必要はなく、あとは普通にデータ入力を行うだけ※4
    ※4 この時もバナーが現れ、「キーストロークがどのように暗号化されているのか」が表示される
  5. 保護のON / OFF を切り替える際は、
    • 設定しておいたホットキーを押す
    • タスクトレイアイコンをダブルクリックする
    • タスクトレイアイコンを右クリック →「KeyScrambler オン / オフ」を選択する
    のいずれかの操作を行います。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
KeyScrambler TOPへ
 おすすめフリーソフト
 GIMP

超高機能なペイントソフト

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい音楽編集ソフト

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 JPGRepair

ヘッダが壊れて開くことができない JPEG ファイルを、修復してくれるソフト

 PinClipBoard

よく使うテキスト / フォルダ / 画像 を “ ピン留め ” する機能を備えたクリップボード拡張ソフト

 Falcon10

タスクバー上にあるタスクバーボタンを、“ 中央寄せ ” して表示できるようにするソフト

 myResources

CPU / メモリ / ディスク / ネットワーク の使用率・使用量 を、リアルタイムに表示してくれるソフト

 SmartTaskbar

何らかのウインドウが最大化表示になった時に、タスクバーを自動で隠せるようにするソフト

 Soft Organizer

アプリケーションのインストール情報を、詳細に解析することができるアンインストールマネージャー

 おすすめフリーソフト
 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

スポンサードリンク

KeyScrambler を紹介しているページです