WebBrowserPassView

WebBrowserPassView の概要や使い方を紹介しています

WebBrowserPassView を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

各種ブラウザに保存されているログイン情報を、一括表示!「WebBrowserPassView」。

WebBrowserPassView
制作者 NirSoft
対応 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10

Download

● WebBrowserPassView

IE / Firefox / Chrome / Opera / Safari に保存されている ID &パスワードを、一覧表示してくれるソフト。
各種ブラウザ上で保存してきたログイン情報を、ブラウザ、及びサイトごとにリスト表示してくれます。
表示されたログイン情報をコピーする機能や、選択したログイン情報を TXT / CSV / HTML / XML に書き出す機能 などが付いています。
ポータブル版の Firefox / Google Chrome / Opera にも対応しています。

「WebBrowserPassView」は、主要なブラウザに対応したパスワードリカバリツールです。

  • IE
  • Firefox
  • Google Chrome
  • Opera
  • Safari
といったブラウザ上で保存してきた ID(ユーザー名)& パスワード を、リストに一覧表示することができる... というパスワード解析ソフトです※1
※1 Firefox / Google Chrome / Opera は、ポータブル版のものでもOK。
(多少設定が必要になるが...)
IE 系ブラウザのパスワードは、「IE」のものとして表示される。

表示されたログイン情報は、ブラウザ / サイト(URL)ごとに並べ替えることができ、またクリップボードにコピーしたり TXT / CSV / HTML / XML ファイルに書き出したりすることも可能となっています※2
※2 選択した情報のみをコピー / 保存 したり、全ての情報を一括してコピー / 保存 したりすることができる。
“ パスワードを忘れてしまった時用のソフト ” としてだけではなく、“ バックアップ用のソフト ” としても使えるかと思います。

基本的な使い方は以下の通り。
パスワードはマスクされずに表示されるので、周囲に人がいない時に使うのがよいでしょう。

    日本語化
  1. ダウンロード先のページ で、「WebBrowserPassView」本体と日本語ランゲージファイルをダウンロードしておきます。
    日本語ランゲージファイルは、ページ下部の「Japanese」というリンクをクリックすれば入手できるようになっています。
    「Japanese」というリンクをクリック
  2. 両方のファイルを 解凍 します。
  3. 解凍して出てきた日本語ランゲージファイル(「WebBrowserPassView_lng.ini」)を、「WebBrowserPassView」のインストールフォルダ内にコピーします。
  4. これで日本語化完了!

  5. 実際に使う
  6. 「WebBrowserPassView.exe」を実行します。
  7. すると、IE / Firefox / Google Chrome / Opera に保存されている ID &パスワード が、
    • URL - ID & パスワード の保存を行ったURL
    • Web ブラウザ
    • ユーザー名
    • パスワード
    といった情報ごとにカラム分けして表示されます。
    WebBrowserPassView
    (表示されたログイン情報は、各カラムごとにソートすることも可能)
    尚、ポータブル版のFirefox / Google Chrome / Opera を使用している場合は、次のような設定を行い、それからメニューバー上の「表示」→「更新」を選択してみて下さい。
    1. メニューバー上の「オプション」から「設定」を開きます。
      設定
    2. ポータブル版のFirefox を使用している場合は、中段の「Firefox Profile」にチェックを入れ、右端の ... ボタンをクリック → プロファイルフォルダを選択します※3
      ※3 「 ~ ¥Data¥profile」フォルダ。
      ポータブル版のGoogle Chrome を使用している場合は、下部の「User Data Folder」にチェック → 右端の ... ボタンをクリックし、プロファイルフォルダ※4 を選択します。
      ※4 「 ~ ¥Data¥profile¥Default」フォルダ。
      ポータブル版のOpera を使用している場合は、「wand.dat file」にチェックを入れ、右下の ... ボタンをクリック →「wand.dat」※5 の場所を指定します。
      ※5 「~ ¥Data¥profile」フォルダ内にある。
    Firefox にマスターパスワードをかけている場合は、メニューバー上の「オプション」から「設定」を開き、上部の「Master Password」欄にマスターパスワードを入力しておいて下さい。
  8. 表示された各ログイン情報は、右クリックすることにより
    • 保存 - TXT / CSV / HTML / XML ファイルに書き出す
    • コピー
    • パスワードをコピー※6
    • HTML レポートとして出力
    できるようになっています。
    ※6 単一のファイルを選択している場合のみ有効。
    さらに、各ログイン情報をダブルクリックすることで、
    • URL
    • Web ブラウザ
    • ユーザー名
    • パスワード
    といった情報を、個別にコピーできる「プロパティ」画面を表示させられるようにもなっています。

その他、リスト内の情報を検索する機能も付いています。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のパスワード管理ソフト
 KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト

 Lazesoft Recover My Password

忘れてしまったWindows のログオンパスワードを、リセットできるようにするソフト

WebBrowserPassView TOP
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 CCCP

定番のコーデックパック

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 “ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す方法

Windows 10 のタスクマネージャーを使い、“ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す

 おすすめフリーソフト
 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

スポンサードリンク

WebBrowserPassView を紹介しているページです