Windows10 設定変更ツール

Windows10 設定変更ツール の概要や使い方を紹介しています

Windows10 設定変更ツール を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows Update のインストール方法 / 自動メンテナンス / Cortana を、カスタマイズしたり無効化したりできる!「Windows10 設定変更ツール」。

Windows10 設定変更ツール

● Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト。
ラジオボタンの切り替え操作のみで、更新プログラムのダウンロード方法・インストール方法 / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、変更・無効化 できるようにしてくれます。
“ Microsoft Compatibility Appraiser(「カスタマー エクスペリエンス向上プログラム」関連のタスク)を無効化する機能や、設定内容を Windows 10 標準に戻す機能も付いています。

「Windows10 設定変更ツール」は、Windows 10 の設定を手軽に変更できるようにするソフトです。

  • Windows Update(更新プログラム)のダウンロード方法 / インストール方法
  • 自動メンテナンス の ON / OFF
  • Cortana の ON / OFF
  • Microsoft Compatibility Appraiser※1 の ON / OFF
を、超簡単な操作で変更できるようにするシステム設定変更ツールで、基本的にラジオボタンの切り替え操作のみで手軽に使えるところが最大の特徴。
※1 カスタマー エクスペリエンス向上プログラム」関連のタスク。
これのせいで、パソコンが異常に重くなることがある?らしい。
(特に、HDD 環境)

通常、上記のような機能の設定変更を行う場合、「ローカルグループポリシーエディター」や「レジストリエディタ」を使った操作が必要になりますが、こういったツールは操作が中々難しく、やり方が公開されていても手を出しにくかったりします。
そんな “ なんだか面倒くさそうで難しそうな操作 ” を、簡単に行えるようにするのが「Windows10 設定変更ツール」です。
ラジオボタンの切り替え操作のみで、Windows Update のダウンロード方法 / インストール方法 を変更したり、自動メンテナンス、Cortana、Microsoft Compatibility Appraiser を無効化できるようにしたりしてくれます。
普段、Windows Update や自動メンテナンス、Cortana の動作に疑問・不満 を持ちつつも、なんとなく放置していた人におすすめです。

使い方は以下の通り。

  1. 「WinUpdateSettings.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    Windows10 設定変更ツール
    あとは、
    • Windows10 Pro(/Home)用 Windows Update設定※2
    • 自動メンテナンス
    • Cortana設定
    • Microsoft Compatibility Appraiser 設定※3
    の各欄で、変更先のオプションを選択 → それぞれの欄内にある「設定を変更する」ボタンをクリックすればOK です。
    ※2 更新プログラムのダウンロード方法 / インストール方法 については、下記の MS 公式ブログが参考になる。
     Windows 10 の Windows Update の自動更新設定

    ※3 「Microsoft Compatibility Appraiser」は、Windows 起動時等にパソコンが異常に重くなったりすることがある場合にのみ無効化すればよい。
    (とは言っても、無効化して問題が起きることはないと思われる)

    「自動メンテナンス」「Microsoft Compatibility Appraiser 設定」の変更以外は、設定内容の反映にWindows の再起動が必要になります。
    特別な理由があって Windows Update を無効化したい時は、画面左下にある「Windows Update の無効化設定」欄で「無効にする」ボタンをクリックします。
  3. ちなみに、Windows 10 Home を使用している場合、Windows Update の設定が正しく反映されない?ことがあるようです。
    そのため、Windows 10 Home を使用している場合は、画面左下にある
    • 「WinUpdateManagerをタスクスケジューラに追加(起動時に実行)」ボタン
    • 「登録されたWinUpdateManagerタスクを直ちに実行」ボタン
    の二つを押しておくとよいでしょう※4
    ※4 「WinUpdateManager」とは、“ Windows Update ” サービスを監視するプログラム。
    “ Windows Update ” サービスが開始されているのを検知すると、該当サービスを自動停止する。

    「WinUpdateManager」を実行するとタスクトレイに常駐して Windows Update サービスの監視&自動停止 を行います。
    「WinUpdateManager」アイコン
    Windows Update を行いたい時は、タスクトレイアイコンを右クリックして「監視機能を無効にする」を選択します。
    (もしくは、終了させる※5
    トレイアイコンの右クリックメニュー
    ※5 再度実行する時は、「WinUpdateSettings.exe」を起動 → 左下にある「登録されたWinUpdateManagerタスクを直ちに実行」ボタンを押す。
  4. また、特定の曜日&時間帯 にのみ “ Windows Update ” サービスの監視&自動停止 を行うように設定することもできたりします。
    (必要な場合のみ)
    “ Windows Update ” サービスの監視を行う曜日&時間帯 を指定したい時は、次のような操作を行います。
    1. タスクトレイ上に表示された「WinUpdateManager」アイコンを右クリックし、「設定」を選択。
      「WinUpdateManager」アイコン
      右クリック → 「設定」を選択
    2. 設定画面が表示されます。
      設定画面
      デフォルトでは、すべての曜日&時間帯 に Windows Update サービスの監視&自動停止 を行うように設定されています。
      (すべての曜日&時間帯 のチェックが外れた状態)
      もし、Windows Update サービスの停止を行いたくない(=Windows Update サービスを普通に実行させたい)曜日&時間帯 がある場合は、該当する曜日&時間帯 にチェックを入れておきます。
      (その後、右下の「変更」ボタンをクリックする)
      さらに、必要に応じて
      • 特定の Wi-Fi に接続している時のみ
      • 特定のプログラムが実行中である時のみ
      Windows Update を禁止することもできたりします。
      (画面左下の欄で、対象の SSID やプログラムの名前を指定する)

     はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Windows10 設定変更ツール TOPへ

Windows10 設定変更ツール を紹介しているページです