Context Menu Tuner

Context Menu Tuner の概要や使い方を紹介しています

Context Menu Tuner を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

右クリックメニュー内に、特殊コマンドや特殊フォルダを追加する!「Context Menu Tuner」。

Context Menu Tuner

● Context Menu Tuner

エクスプローラの右クリックメニュー内に、特殊コマンドや特殊フォルダを追加できるようにするソフト。
パスをコピー / すべて選択 / ライブラリに追加 / ごみ箱を空にする / コマンドプロンプトを管理者として開く / タスクバーにピン留め / 隠しファイルの表示切り替え / よくアクセスする場所を表示 / コントロールパネル / プログラムのアンインストールと変更... 等々のリボンコマンドを、手軽に追加できるようにしてくれます。
任意の実行ファイルを登録する機能 なども付いています。

「Context Menu Tuner」は、エクスプローラの右クリックメニューを拡張できるようにするソフトです。
ファイル / フォルダ / デスクトップ の右クリックメニュー内に、

  • パスをコピー
  • すべて選択
  • 選択状態の切り替え
  • 右に回転
  • 左に回転
  • 電子メールで送信する
  • タスクバーにピン留め
  • 選択したフォルダをライブラリに追加する
  • レイアウトの変更
  • ごみ箱を空にする
  • 新しいウインドウを開く
  • 新しいフォルダを作成する
  • 隠しファイルの表示切り替え
  • コマンドプロンプトを開く
  • コマンドプロンプトを管理者として開く
  • ネットワークドライブの割り当て
  • ネットワークドライブの切断
  • 書き込み
  • 取り出す
  • このディスクを消去する
  • フォーマット
  • マウント
  • ディスク クリーンアップ
  • 「コントロールパネル」を開く
  • 「コンピュータの管理」を開く
  • 「ネットワークと共有センター」を開く
  • プログラムのアンインストールと変更
  • ドライブの最適化(デフラグ)
  • 「自動再生」を開く
  • Windows のバージョン情報を表示
  • システムのプロパティを表示
  • デバイスとプリンターの追加
  • ネットワークの場所の追加
  • BitLocker を起動
等々のコマンドを追加することができる※1... という右クリックメニュー拡張ツールで、よく使う機能等を右クリックメニューから素早く呼び出せるようにしてくれます。
※1 Windows 7 の場合、追加できるコマンドは大幅に減る。
Windows 8 / 8.1 の場合、追加できるコマンドはもっと多い。
(実質的に、Windows 8 / 8.1 向けかも)

選択したコマンドは、「Shift」キーを押しながら右クリックした時のメニュー内にのみ追加することもでき、また追加先の位置も大体指定できる※2 ようになっています。
※2 とは言っても、上の方か下の方か だけだが...
加えて、指定した拡張子の右クリックメニュー内にのみ追加したり、登録アイテムの前後にセパレータを挿入したりすることもできたりします。
割と類似ソフトにはないコマンドも追加できるので、既にこの手のツールを使っている人にもおすすめです。

使い方は以下のとおり。
Windows 7 でこのソフトを使う場合、「.NET Framework 4.5」 をインストールしている必要があります。
( 8 / 8.1 は不要)

  1. 「ContextMenuTuner.exe」を実行します。
    32bit 版のOS を使用している場合は「x86」フォルダ内のものを、64bit 版のOS を使用している場合は、「x64」フォルダ内のものを使ってください。
  2. 最初に ライセンス同意書 が表示されるので、左下の「I AGREE」ボタンをクリック。
  3. メイン画面 が表示されます。
    画面左側にあるコマンドの中から、右クリックメニュー内に登録したいものを選択します。
    (複数選択可)
    尚、コマンドによっては、追加することで右クリックメニューが不安定になるものもあるようです。
    (右クリックメニューを開いた時に、エクスプローラが再起動するようになるものがある)
  4. 画面右側の欄で、選択アイテムの追加先となる場所を選択します。
    ちなみに、「フォルダー」は
    • フォルダの右クリックメニュー
    • ドライブの右クリックメニュー
    • フォルダ背景の右クリックメニュー
    を意味しています。
  5. 画面中段にある「Add >>」をクリック →「Add to selected item」を選択。
    選択アイテムを特定拡張子の右クリックメニュー内にのみ登録したい時は、「Add >>」→ 「Add to specific file type」を選択 → 「Select File Type」という画面 が表示されるので、登録先の拡張子にチェック →「OK」ボタンをクリックします。
  6. 右側のパネル内に、選択していたアイテムが登録されます。
    登録アイテムに対しては、右下の欄で
    • Don't allow this item to be default
      デフォルトのアクションにしない
    • Show this item only if SHIFT is pressed - 
      「Shift」キーを押しながら右クリックした時のみ表示する
    • Add Separator Before - 
      セパレータの前に追加する
    • Add Separator After - 
      セパレータの後に追加する
    • Position -登録先のポジション
      • Top - 上の方
      • Bottom - 下の方
      • Not specified - 特定しない
    といったオプションを設定することもできたりします。
    追加したアイテムを削除する時は、目的のアイテムを選択 → 画面中段の「<< Remove」ボタンをクリックします。
  7. ここまでが、一連の操作方法になります。
    他にも登録したいコマンドがある場合は、同様にして作業を行います。
    任意のアプリケーションを登録したい時は、コマンドリストの最上段にある「Add Custom Item」をダブルクリック → 「Create Custom Item」という画面 が表示されるので、
    • Menu Item Title - メニュー内での表示名
    • Executabe File Path - 実行ファイルのパス
    • Command Line Arguments - コマンドラインオプション
    • Icon - アイコン
    といったオプションを設定 →「Create」ボタンをクリックします。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Context Menu Tuner TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Jerboa

マウスカーソルの移動や表示、ウインドウの切り替えやスクロール 等々の操作を補助してくれる

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 おすすめフリーソフト
 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

 Clean Uninstall

アドオンを完全にアンインストールできるようにするFirefox アドオン

スポンサードリンク

Context Menu Tuner を紹介しているページです