iris

iris の概要や使い方を紹介しています。

iris を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

プレースバーに表示するフォルダをカスタマイズ!「iris」。

iris

● iris

コモンダイアログ上の「プレースバー」に表示させるフォルダやドライブを、任意のものに変更することができるソフト。
プレースバーそのものを非表示にする機能もあります。

「iris」は、プレースバーに表示させるフォルダを変更することができるソフトです。
プレースバーとは、「ファイルを開く」や「名前を付けて保存」などの “ コモンダイアログ ” の左側に表示されている、フォルダへのショートカットを表示しておく場所のことです。
ここによく使うフォルダやドライブを登録しておくと、一発で移動できるようになるので非常に便利です。

使い方は、それぞれの場所に表示させたいフォルダを選択 →「OK」をクリックするだけです。
もう少し詳しく解説すると...

  1. 各項目右の ボタンを押すと、「デスクトップ」や「マイ ドキュメント」「マイ コンピュータ」など、プレースバーに登録することができるフォルダのリストが表示されるので、ショートカットとして登録したいフォルダを選択します。
    (「なし」にすることも可能です)
  2. リスト上のフォルダ以外のものを登録したい場合は、リスト最下部にある項目「フォルダの参照」から、任意のフォルダを選択します※1
    ※1 「フォルダの参照」が表示されていない場合は、リスト最下部の が付いた項目を選択する。
  3. ちなみに、プレースバーそのものを非表示にすることもできます。
    その場合は、「ショートカットを非表示」にチェックを入れます。
  4. 最後に、「OK」ボタンを押せば作業完了!
尚、やっぱり元の状態※2に戻したい場合は、「初期化」ボタンを押すことで、元の状態に戻すことができます。
※2 初期状態でプレースバーに登録されているフォルダは、「最近使ったファイル」「デスクトップ」「マイ ドキュメント」「マイ コンピュータ」「マイ ネットワーク」。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 CPUBalance

アプリの CPU バランスを自動で調整し、システムを安定した状態で稼働できるようにするソフト

 NetSwitch

指定したネットワークアダプタを、タスクトレイ上から直接無効化 / 有効化 できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

 WOW64Menu

64 bit 版のエクスプローラ上で、32 bit 用の右クリックメニューを使えるようにする

スポンサードリンク

iris を紹介しているページです