EjectUSB

EjectUSB の概要や使い方を紹介しています

EjectUSB を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

USB ドライブを一発で抜けるようにする!「EjectUSB」。

EjectUSB
制作者 William Hedrick
対応 -

Download (FreewareFiles Download )
Download (ミラー : US )

● EjectUSB

指定したUSB ドライブを、一発で取り外しできる状態にしてくれるソフト。
USB ドライブから起動しているアプリケーションの終了& “ ハードウェアの安全な取り外し ” を、全て自動で行ってくれます。
処理実行時には、対象ドライブに関連しているキャッシュ、(レジストリ内の)MUI / MRU エントリ、ファイアウォールポリシー、最近使ったファイルのショートカット も削除できるようになっています。

「EjectUSB」は、特定のUSB ドライブを素早く取り外しできるようにするソフトです。
USB ドライブを取り外す際には、通常

  1. USB ドライブから起動させていたアプリケーションやウインドウを全て閉じ、
  2. “ ハードウェアの安全な取り外し ” を行う
という作業を行うことになりますが、毎回毎回これを手動で行うのは結構面倒だったりします。
そこで役に立つのが「EjectUSB」です。
本体を実行するだけで、上記のような一連の作業を全て自動で行ってくれます※1
(あとは、USB ドライブを抜くだけ)
※1 " ハードウェアの安全な取り外し " までは行わないように設定することも可能。
さらに、実行時には、該当のドライブに関連しているキャッシュ、レジストリ内のMUI / MRU エントリ、ファイアウォールポリシー、最近使ったファイルのショートカット も一緒に削除してくれる※2 ので、より完全な意味での “ 終了 ” が実現可能となっています※2
※2 それぞれの項目は、削除しないように設定することもできる。
また、処理実行時に、取り外すUSB ドライブとは関係のないアプリケーションを終了させる機能も付いています。

使い方は以下の通り。

  1. まず、ダウンロードしたファイルを 解凍 します。
  2. 中身のファイル全てを、USB ドライブのルート(第一階層)にコピーします。
    (「EjectUSB.txt」は入れなくてもOK ですが)
  3. あとは、(「EjectUSB」を入れた)USB ドライブを抜きたい時に、「EjectUSB.exe」を実行すればOK。
    該当するUSB ドライブから実行されていたアプリケーションやウインドウが全て閉じられ、ついでに「安全な取り外し」までもが完了します。

通常は上記のような使い方でOK ですが、あらかじめ「Settings.bat」を実行することにより、各種設定を行うこともできたりします。
設定できる項目には、以下のようなものがあります。

  • Exclusions※3
    終了処理から除外するアプリケーションのリスト
    ファイル名を一行ずつ書いていく

    ※3 このExclusions は、下記の “ 待ち時間までの間 ” を意味する模様。
    (が、私の環境では、待ち時間に関わらず終了されました...)
  • Inclusions
    終了対象とするアプリケーションのリスト
    (USB ドライブから起動しているアプリケーションでなくてもよい)
    ファイル名を一行ずつ書いていく
  • Maximum time (in seconds) to wait
    終了までの待ち時間
  • Flush the file cache of the target
    目的とするドライブに関連しているキャッシュを削除する
  • Close programs and windows
    (目的とするドライブから起動している)プログラムやウインドウを全て閉じる
    • Do not close programs
      プログラムは終了させない
    • Do not attempt graceful closing
      通常の方法で終了させない(=強制終了する)
    • Do not close Explorer windows
      エクスプローラウインドウは閉じない
  • Perform cleanup functions
    クリーンアップ機能を利用する
    • Do not remove MUI and MRU entries
      レジストリのMUI / MRU エントリは削除しない
    • Do not remove firewall policy entries
      ファイアウォールポリシーは削除しない
    • Do not remove recent document shortcuts
      最近使ったファイルの履歴は削除しない
  • Remove related Subst entries
    USB ドライブ内のディレクトリと関連付いている仮想ドライブを削除(解除)する
  • Attempt drive ejection
    ドライブの取り外しを行う
  • Do not use API-based ejection
    内部の取り外し機能を使わず、Windows の「ハードウェアの安全な取り外し」で取り外す
    (デフォルトは「EjectUSB」の内部機能で取り外す)
  • Do not use internal success message
    「取り外し完了」のバルーンを表示しない
設定は、基本的にそれぞれの項目にチェックを入れたり外したりし、下部の「Save Settings」を押せばOK。
「Maximum time (in seconds) to wait」は終了までの時間を秒単位で入力し、「Exclusions」や「Inclusions」は、対象とするプログラムの名前を一行ずつ書いていきます。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のディスク・ドライブ管理ツール
 MiniTool Partition Wizard Free Edition

パーティションを、リサイズ / 削除 / 作成 / フォーマット / コピー / 復元 / 変換 したりすることができるソフト

 GParted

多くのファイルシステムに対応したパーティションエディタ

EjectUSB TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 VidCutter

各種動画ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 CPUBalance

アプリの CPU バランスを自動で調整し、システムを安定した状態で稼働できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 VirtualMIDISynth

MIDI ツール上で、サウンドフォントを音源として使えるようにする

 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

スポンサードリンク

EjectUSB を紹介しているページです