パソコン版 Google ドライブ

パソコン版 Google ドライブ の概要や使い方を紹介しています

パソコン版 Google ドライブ を紹介しているページです

Google ドライブ内のファイルを、パソコン上から管理できるようにする!「パソコン版 Google ドライブ」。

パソコン版 Google ドライブ
制作者 Google
対応 7/8/8.1/10/11
バージョン 64.0.4.0
更新日時 2022-09-23
ファイルサイズ 295 MB

パソコン版 Google ドライブ

最大で 4 つのアカウントを同時に管理することができる Google ドライブGoogle フォト 管理ツール。
指定したフォルダ内のファイルを Google ドライブと同期したり、指定したフォルダ内の写真&動画 を Google フォトに自動でアップロードできるようにしたりしてくれます。
Google ドライブをネットワークドライブのようにしてマウントし、エクスプローラ上から直接 Google ドライブ内のファイルを管理&閲覧 できるようにする機能等も付いています。

「パソコン版 Google ドライブ」は、総合的な Google ドライブ管理ツールです。

  • 指定したフォルダ内のファイルを、Google ドライブと同期
  • 指定したフォルダ内の写真や動画を、Google フォトに自動でアップロード
  • Google ドライブ内の「マイドライブ」を、ネットワークドライブのようにしてマウント
できるようにする Google ドライブ用のクライアントツールで、パソコン上からシームレスに Google ドライブ内のファイルを管理&閲覧 できるようにしてくれます。
Google ドライブや Google フォトとの同期・バックアップ は自動で行われるため、基本的にはフォルダを登録するだけで使うことができます。
(同期・バックアップ するフォルダは、複数登録することも可能)
また、Google ドライブ内の「マイドライブ」がネットワークドライブのようにしてマウントされるようにもなっているため※1、エクスプローラ上から直接 Google ドライブ内のファイルを管理&閲覧※2 できるようになったりします。
1 デフォルトでは、Google ドライブ内の「マイドライブ」を、ストリーミング形式で開くことができる。
(ファイルをパソコン内に保存することなく、管理&閲覧 することができる)
必要に応じて、「マイドライブ」内の全ファイルを、パソコン内の特定フォルダにミラーリングすることも可能。

2 エクスプローラの右クリックメニューで普通に操作できるほか、指定したファイルを開いたり、指定したアイテムの共有設定を行ったりすることができる。
Google アカウントは最大で 4 つまで連携できるようになっているため、最大で 4 つの Google ドライブと Google フォト を同時に管理することが可能となっています。
(Google フォトはアップロードのみなので、管理というほどのことはできない)
普段、Google ドライブや Google フォトを活用している人におすすめです。

使い方は以下のとおり。

使用バージョン : パソコン版 Google ドライブ 50.0.11.0
Google アカウントを連携する
  1. パソコン版ドライブを実行すると、初回起動時に「Google ドライブへのログイン」という画面が表示されるので、「ブラウザでログイン」ボタンをクリックします。
    Google ドライブへのログイン
  2. 既定のブラウザでログイン画面が表示されます。
    ログイン画面
    そのまま、パソコン版ドライブで管理できるようにしたいアカウントでログインを行います。
  3. ログインを行うと「このアプリを Google からダウンロードしたことをご確認ください」という画面が表示されるので、右下にある「ログイン」ボタンをクリックします。
    このアプリを Google からダウンロードしたことをご確認ください
  4. パソコン版ドライブに、アカウントの追加が行われます。
    パソコン版ドライブを最大限に活用
    このタスクトレイアイコンをクリックします。
    タスクトレイアイコンをクリックする
  5. ポップアップが表示されます。
    同期の履歴を確認することができる
    このポップアップ内では、同期の履歴、または、過去の通知を確認することができます。
    過去の通知を確認することができる
    まず、ポップアップの右上にある歯車アイコンをクリック →「設定」を選択します。
    ポップアップの右上にある歯車アイコンをクリックし、「設定」を選択する
  6. 「パソコン版ドライブを使ってみる」という画面が表示されます。
    パソコン版ドライブを使ってみる
    ここで右下の「使い方ガイド」ボタンをクリックすると、簡単なチュートリアルを見ることができます。
    (チュートリアルを見ずにスキップすることも可能)
    すべてのファイルを安全に保管できます
    Google ドライブへのアクセスは簡単
    複数のアカウントを使用できます
  7. パソコン版ドライブには、アカウントを 4 つまで関連付けることができます。
    関連付けたいアカウントが他にもある場合は、画面右上にある アカウント ボタンをクリックして「別のアカウントを追加」を選択します。
    「別のアカウントを追加」を選択する
  8. 「続行するには、ログインを完了してください」という画面が表示されます。
    続行するには、ログインを完了してください
    同時に、既定のブラウザで「アカウントの選択」という画面が表示されるので、「別のアカウントを使用」を選択します。
    「別のアカウントを使用」を選択する
  9. ログイン画面が表示されます。
    ログイン画面
    そのまま、「パソコン版ドライブ」と連携したいアカウントでログインを行います。
  10. 「このアプリを Google からダウンロードしたことをご確認ください」という画面が表示されるので、右下にある「ログイン」ボタンをクリックします。
    このアプリを Google からダウンロードしたことをご確認ください
  11. 「完了」という画面が表示されたら、ブラウザ(またはタブ)を閉じます。
  12. 完了
  13. パソコン版ドライブに、アカウントの追加が行われます。
    Google ドライブでファイルを読み込んでいます
    アカウントが追加された
    タスクトレイアイコンをクリック → 上部にある「〇 個のアカウント」という部分をクリックすることにより、指定したアカウントの
    • ブラウザで Google ドライブを開く - Google ドライブ(ウェブ版)
    • ブラウザで Google フォトを開く - Google フォト(ウェブ版)
    • エクスプローラーで Google ドライブを開く - パソコン内にマウントされた Google ドライブ
    を開くことができます。
    アカウントが追加された
    また、ここから別のアカウントを追加することも可能となっています。
  14. アカウントの連携を解除したい時は、設定画面の右上にある歯車アイコンをクリックします。
    右上にある歯車アイコンをクリックする
  15. 連携を止めたいアカウントの右側にある「アカウントの接続を解除」というリンクをクリックします。
    連携を止めたいアカウントの右側にある「アカウントの接続を解除」を選択する
  16. 「アカウントの接続を解除しますか?」というダイアログが表示されるので、「接続を解除」ボタンをクリックします。
    「接続を解除」ボタンをクリックする

指定したフォルダを、Google ドライブや Google フォトと同期・バックアップ する
  1. タスクトレイアイコンをクリックし、右上にある歯車アイコンをクリック →「設定」を選択します。
    ポップアップの右上にある歯車アイコンをクリックし、「設定」を選択する
  2. 「Google ドライブの設定」画面が表示されるので、左メニュー内の「マイ コンピュータ」を選択 → 右下にある「フォルダを追加」ボタンをクリックします。
    右下にある「フォルダを追加」ボタンをクリックする
    複数のアカウントを関連付けている場合は、右上の アカウント ボタンをクリック → 設定を行うアカウントを選択してから「フォルダを追加」ボタンをクリックします。
    設定を行うアカウントを選択する
  3. 「バックアップするフォルダを選択してください」という画面が表示されるので、Google ドライブと同期したいフォルダ、もしくは、Google フォトにバックアップしたいフォルダを選択し、「フォルダーの選択」ボタンをクリックします。。
    バックアップするフォルダを選択してください
  4. 「設定」という画面が表示されます。
    設定
    ここで、
    • Google ドライブと同期する
      選択したフォルダ内のファイルを、Google ドライブと同期する
    • Google フォトにバックアップ
      選択したフォルダ内の写真と動画を、Google フォトにバックアップする
    のどちらか、あるいは両方にチェックを入れて「完了」ボタンをクリックします※3
    3 両方にチェックを入れると、写真と動画が「Google ドライブ」と「Google フォト」の両方にアップロードされるため、Google アカウントのストレージをそれだけ多く使うことになる。
  5. 選択したフォルダが登録されるので、右下にある「保存」ボタンをクリックします。
    フォルダが登録された
    Google ドライブや Google フォトと同期・バックアップ したいフォルダが他にもある場合は、上部にある「フォルダを追加」ボタンをクリックし、フォルダの登録を行います。
    複数のフォルダを同期・バックアップすることも可能
    ちなみに、「Google ドライブ」欄に表示される「パソコン」というリンクをクリックすると、フォルダの同期先 URL を既定のブラウザで開くことができます。
    同期先の URL を既定のブラウザで開くことができる
    同様に、「Google フォト」欄に表示される「元の画質」というリンクをクリックすると、Google フォトへのアップロードサイズを変更することができたりします。
    Google フォトのアップロードサイズ
  6. フォルダの登録が完了すると、同期やバックアップが自動で実行されるようになります。
    同期の実行履歴に関しては、タスクトレイアイコンをクリックすることで確認することができます。
    (Google フォトへのアップロード履歴は表示されない?模様)
    同期の実行履歴は、タスクトレイアイコンをクリックすることで確認することができる
    履歴内のアイテムをクリックすると、選択アイテムの場所をエクスプローラで開くことができます。
    選択アイテムの同期先フォルダを、エクスプローラで開くことができる
    ちなみに、ポップアップの右上にある歯車アイコンをクリック →「同期を一時停止」を選択することにより、同期を一時停止することも可能となっています。
    同期を一時停止することも可能
  7. 同期やバックアップを止める時は、パソコン版ドライブの「マイ コンピュータ」画面上で目的のフォルダをクリックします。
    同期・バックアップ を止めるフォルダをクリックする
  8. 「設定」画面が表示されるので、すべてのチェックを外して「完了」ボタンをクリックします。
    すべてのチェックを外す
  9. 「同期を停止しますか?」というダイアログが表示されます。
    同期を停止しますか?
    あとは、右下にある「同期を停止」を選択すれば OK です。
  10. その他、パソコンに USB ドライブを接続すると、タスクトレイ上から「〇〇(USB ドライブのボリュームラベル)のファイルを Google ドライブまたは Google フォトにアップロードしましょう」という通知が表示されます。
    〇〇 のファイルを Google ドライブまたは Google フォトにアップロードしましょう
    接続した USB ドライブ内のファイルを Google ドライブや Google フォトにアップロードする場合は、「バックアップ」ボタンをクリック → バックアップを行うアカウントやバックアップ先を選択して「保存」ボタンをクリックします。
    (バックアップしない場合は、「無視」を選択する)
    バックアップの設定
    複数のアカウントを連携している時は、バックアップを行うアカウントを選択することもできる
    尚、バックアップするように選択した USB ドライブは、同期対象のアイテムとして「マイ コンピュータ」画面に登録されます。
    バックアップするように選択した場合、USB ドライブの情報が「マイコンピュータ」画面に登録される
    この USB ドライブ名をクリックすることにより、バックアップ設定を変更することもできます。
    USB ドライブのバックアップ設定
    USB ドライブのバックアップを無視するように選択した場合、設定画面の右上にある歯車アイコンをクリック → 次に表示された画面を一番下までスクロールし、「無視した USB デバイス」欄で無視設定を解除することもできます。
    ( USB ドライブの右側にある × をクリック → 右下の「完了」ボタンをクリックする)
    設定画面の右上にある歯車アイコンをクリックする
    無視設定を解除する USB ドライブの右側にある × をクリックする

次のページでは、

を紹介します。

パソコン版 Google ドライブ TOPへ
別館

最近は Chrome 拡張機能や Firefox アドオンの紹介が多め...

スポンサード リンク

パソコン版 Google ドライブ を紹介しているページです