Lucidity

Lucidity の概要や使い方を紹介しています

Lucidity を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

お気に入りの画像ファイルを、 “ 透けて見える壁紙 ” として設定!「Lucidity」。

Lucidity
制作者 Skwire Empire
対応 -

Download (Portable zip )

● Lucidity

指定した画像ファイルを、 “ 常に透けて見える壁紙 ” として使えるようにするソフト。
デスクトップ全体に透過エフェクトをかけることで、背景の壁紙が常に透けて見えるようにしてくれます。
素材として使うことができるのは、BMP / JPG / PNG / GIF / TIF 形式の画像ファイル。
透明度を調整する機能も付いています。

「Lucidity」は、任意の画像を “ 透けて見える壁紙 ” として設定できるようにするソフトです。

  1. 任意の画像ファイルを、壁紙として設定※1
  2. デスクトップ全体に、透過エフェクトをかける
ことにより、指定された画像ファイル (壁紙) が常にうっすらと透けて見えるようにしてくれます。
※1 壁紙として設定せずに使うこともできる。
壁紙として設定しなかった場合、選択した画像自体も半透明化される。
(壁紙として設定した場合、選択した画像自体は透明化されない)

透過エフェクトの強さは自由に調整することができるため、意外と邪魔になるようなことはないと思います。
(画像によっては、作業効率がアップする... かも)
尚、機能のON / OFF は、ワンクリックで即切り替えられるようになっています。

使い方は以下のとおり。

  1. “ 透けて見える壁紙 ” として使いたい画像ファイルを、「Lucidity.exe」にドラッグ&ドロップします。
    もしくは、目的とする画像ファイルのパスをパラメータにして、「Lucidity.exe」を実行します。
  2. すると、指定された画像ファイルが “ 透けて見える壁紙 ” として設定されます。
    もし透明度が気になる場合は、タスクトレイアイコンを右クリック →「Adjust transparency」を選択し、透明度の設定を行っておきます
    (数値が低いほど、画像の表示が薄くなる)
  3. 機能を無効化したくなったら、トレイアイコンを右クリック →「Toggle effect」を選択すればOK です。
    (トレイアイコンを左クリックするだけでもOK )

ちなみに、指定された画像ファイルは、毎回壁紙として設定されます。
壁紙として設定されるのが嫌な場合&壁紙自身も透過させたい場合 は、パラメータとして

    -nosetwall
を付けて実行する必要があります※2
※2 コマンドプロンプトや「ファイル名を指定して実行」上で、 ↓ のように入力する。
~¥Lucidity.exe "画像のパス" -nosetwall
例) D:¥Lucidity¥Lucidity.exe D:¥pic¥jpg¥902.jpg -nosetwall のような感じ。

下記手順でショートカットを作成しておくと、いちいちパラメータを付ける必要がなくなるようですが、私の環境ではこのショートカットが使えませんでした※3
※3 Lucidity 1.0.4 build 1 | Windows 7 Home Premium 64bit。
コマンドラインを手動で入力した場合&コマンドラインをBAT ファイルに書いた場合 は、きちんと動作した.
  1. 「Lucidity.exe」を右クリックし、ショートカットを作成します。
  2. 作成されたショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択。
  3. ショートカットのプロパティ画面 が表示されます。
    ここの「リンク先」欄の末尾に半角スペースを入力し、続けて下記パラメータを入力します。
      %1 -nosetwall
    例えば、↓ のような感じになります。
    D:¥download¥utility¥Lucidity¥Lucidity.exe %1 -nosetwall
  4. これで設定完了です。
    以後、このショートカットファイルに画像をドラッグ&ドロップすれば、壁紙設定なしで使えるようになるようです。
  5. 前述のとおり、私の環境ではショートカットがうまく動作しなかったので、次の手順でBAT ファイルを作成しました。
    1. 先ほどの手順で作成したショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択。
    2. ショートカットのプロパティ画面 が表示されます。
      ここの「リンク先」欄に表示されている文字列を、全てコピーします。
    3. メモ帳などの テキストエディタ を開き、start と入力します。
    4. start に続けて半角スペースを入力し、コピーしておいた文字列を貼り付けます。
      例えば、↓ のような感じになります。
      start D:¥download¥utility¥Lucidity¥Lucidity.exe %1 -nosetwall
    5. あとは、これを拡張子 bat で保存すればOK。
      以後、このBAT ファイルに画像をドラッグ&ドロップすれば、壁紙設定なしで「Lucidity」を使えるようになります。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Lucidity TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 Jerboa

マウスカーソルの移動や表示、ウインドウの切り替えやスクロール 等々の操作を補助してくれる

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 おすすめフリーソフト
 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

 Clean Uninstall

アドオンを完全にアンインストールできるようにするFirefox アドオン

スポンサードリンク

Lucidity を紹介しているページです