Transmission-Qt

Transmission-Qt の概要や使い方を紹介しています

Transmission-Qt を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

シンプルで使いやすい BitTorrent クライアント!「Transmission-Qt」。

Transmission-Qt
制作者 The Transmission Project
対応 -

Download (インストーラー)
Download (ポータブル)

● Transmission-Qt

シンプルで使いやすい BitTorrent クライアント。
トレントファイルやマグネットリンクを使用し、ファイルのダウンロードを行うことができる BitTorrent クライアントで、見た目はシンプルでありながらも必要十分な機能を備えています。
転送速度制限機能、シード上限設定機能、特定フォルダ監視機能、暗号化通信制御機能、ブロックリストを利用したピアブロック機能、ポート自動設定機能、リモートアクセス機能... などが付いています。

「Transmission-Qt」は、シンプルな BitTorrent クライアントです※1
※1 クロスプラットフォームの BitTorrent クライアント「Transmission」のフォーク。
トレントファイルを利用してファイルのダウンロードを行うことができる BitTorrent クライアントで、非常にシンプルでありながらも機能十分で実用的なところが最大の特徴。
インターフェースはシンプルで分かりやすく軽量で、操作もドラッグ&ドロップ等を介して手軽に行えるようになっています。
シンプルとは言え、他の BitTorrent クライアントに付いているような機能は大体付いていて、たとえば

  • 転送速度制限機能
  • シード上限設定機能※2
  • ピア(他の BitTorrent ユーザー)との最大接続数制限機能
  • マグネットリンクを指定してダウンロード
  • 暗号化通信の可否
  • ブロックリストを利用したピアブロック
  • DHT / PEX を利用したピア検出※3
  • ポート自動設定機能※4
  • リモートアクセス機能
のようなものは、普通に使えるようになっています。
※2 「シード」とは、完全な状態のファイルを持つユーザーが、そのファイルを配布(他ユーザーにアップロード)すること を指す。
通常、ファイルのダウンロードが完了したユーザーは、自動的にシーダーとなってシード(ファイルの配布)を開始する。

※3 トラッカー(ダウンロードに関する情報を管理しているサーバー)に頼らずピアを検索するような仕組みのこと。
※4 ルーターが対応している場合のみ使える。
普段、“ トレントクライアントはなんだか面倒で... ” と感じていたりする人におすすめです。
その他、現在の通信状態(ダウンロード / アップロード / シード)を確認する機能や、これまでの総通信量を確認する機能 なども付いていたりします。

使い方は以下の通り。
BitTorrent は、その性質上ダウンロードと同時にアップロードも行う仕組みになっています。
そのため、著作権的に問題のあるファイルをダウンロードすると、そういったファイルをアップロードしたことにもなるので、極めて重い罪を科せられることになる可能性があります。
(BitTorrent に匿名性はないので、調査が入るとすぐに分かります)

  1. 「transmission-qt.exe」を実行します。
  2. 初回起動時に、「自己責任で使用して下さい」という内容のダイアログ が表示されるので、「I Agree」ボタンをクリックします。
  3. 続けて「Change Session」というダイアログ が表示されます。
    ここで「Start Local Session」を選択して「OK」ボタンをクリック。
  4. メイン画面 が立ち上がります。

  5. オプション設定
  6. メニューバー上の「Edit」から「Preferences」を選択します。
  7. オプション画面 が表示されます。
    ここで、適宜オプション設定を行っておきます。
    設定できるオプションには、下記のようなものがあります。

    Speed タブ
      Speed Limits - 転送量を制限する
    • Upload (kiB/s) - 1 秒あたりの最大アップロード量
    • Download (kiB/s) - 1 秒あたりの最大ダウンロード量
      Speed and Size Units
    • Standard - 転送量の算出方法
      Alternative Speed Limits - 特定の時間帯のみ、転送量の制限を行う
    • Upload (kiB/s)※5 - 1 秒あたりの最大アップロード量
    • Download (kiB/s)※5 - 1 秒あたりの最大ダウンロード量
    • Scheduled times - 制限をかける時間帯
    • On days - 制限をかける日
      • Evey Day - 毎日
      • Weekdays - 月 ~ 金曜日
      • Weekends - 土、日曜日
      • Sunday、Monday... - 個別の曜日
    ※5 メイン画面上から、ここで設定した数値に一発設定できるようにもなる。

    Downloading タブ
      Adding
    • Automatically add .torrent files from
      指定したフォルダ内に保存されたトレントファイルを、自動でキュー(ダウンロード待ちリスト)に追加する
    • Show the Torrent Options dialog
      トレントファイルをキューに追加する時、ダウンロードオプション画面 を開く
    • Start added torrents
      トレントファイル追加時に、自動でダウンロードを開始する(キューで開始待ちしない)
    • Move the .torrent file to trash
      一度使用したトレントファイルは、自動で削除する
    • Save to Location
      デフォルトの保存先フォルダ
    • Download to previous location
      前回指定したダウンロードフォルダを、記憶する
      Download Queue
    • Maximum active downloads
      ファイルの同時ダウンロード数(最大値)
    • Downloads sharing data in the last N minutes are active
      ダウンロードが N 分間行われなかった場合、該当トレントのダウンロードを停止する
      (キューでダウンロード待ちしているトレントに、ダウンロード権が移行する)
      Incomplete
    • Append " part" to incomplete files' names
      ダウンロード中のファイルの名前に、“ part ” という文字を付ける
    • Keep incomplete files in
      不完全なダウンロードファイルを、指定したフォルダ内にキープする
    • Call script when torrent is completed
      ダウンロード完了時に、スクリプトを実行する
    Seeding タブ
      Limits
    • Stop seeding at ratio※6
      ダウンロードした量の何倍アップロードを行ったら、シードをやめるか
    • Stop seeding if idle for N minutes
      アップロード(受信接続)が N 分間行われなかった場合、該当トレントのシードをやめる
    ※6 一般的には、1.0 ~ 2.0 の間にすることが(マナーとして)推奨されている。
    この “ ダウンロードした量に対するアップロード量 ” のことを、「共有比」と呼ぶ。
    メイン画面上から、あらかじめプリセットされた共有比を一発設定することもできたりする。


    Privacy タブ
      Encryption
    • Encryption mode - 暗号化通信の可否
      • Allow encryption
        暗号化通信を許可する(外向きの通信は暗号化されない)
      • Prefer encryption
        暗号化通信を優先する(可能であれば暗号化通信を行う)
      • Require encryption
        暗号化通信のみを許可する(内向きも外向きも暗号化通信にする)
        Blocklist
      • Enable blocklist※7
        ブロックリストのURL
      • Enable automatic updates
        ブロックリストを自動でアップデートする
      ※7 たとえば、 http://john.bitsurge.net/public/biglist.p2p.gz などを指定する。
      URL を指定したら、「Update」ボタンを押す。
      (「Update succeeded!」と表示されるまで待つ)
    Network タブ
      Incoming Peers
    • Port for incoming connections - 受信ポートの番号
      • Pick a random port every time Transmission is started
        Transmission-Qt 開始時に、ポート番号を毎回ランダムで選ぶ
      • Use UPnP or NAT-PMP port forwarding from my router
        ルーターの機能を使い、ポートを自動で設定する
      Peers Limits
    • Maximum peers per torrent
      1 トレントあたりの最大ピア接続数
    • Maximum peers overall
      すべての通信における最大ピア接続数
      Options
    • Enable uTP for peer connections※8
      uTP 通信を有効にする
    • Use PEX to find more peers※9
      PEX を有効化する
    • Use DHT to find more peers※9
      DHT を有効化する
    • Use Local Peer Discovery to find more peers
      ローカルネットワーク内のピアも検索する
    ※8 通常はON にしておくとよい。
    ※9 よほどピアが見つからない場合を除き、通常はOFF にしておいた方がよいと思う。

  8. Desktop タブ
      Desktop
    • Show Transmission icon in the notification area
      タスクトレイ上にアイコンを表示する
    • Start minimized in notification area
      タスクトレイに最小化させた状態で起動する
    • Use Recycle Bin when deleting files
      削除したファイルは、ごみ箱に送る
    • Use native file dialog
      Windows ネイティブのファイルダイアログを使う
      Notification
    • Show a notification when torrents are added※10
      トレントファイル追加時に、通知を表示する
    • Show a notification when torrents finish
      ダウンロード完了時に、通知を表示する
    • Play a sound when torrents finish
      ダウンロード完了時に、音を鳴らす
    ※10 「Downloading」タブ で「Show the Torrent Options dialog」にチェックを入れておいた場合、通知は表示されない。
    パソコン内に保存したトレントファイルを使ってダウンロード
  1. メニューバー上の「File」から「Open」を選択し、目的のトレントファイルを選択します。
    もしくは、トレントファイルをメイン画面に向かって直接ドラッグ&ドロップします。
  2. 「Open Torrent from File」というダイアログ が表示されます※11
    ※11 オプション画面で「Show the Torrent Options dialog」にチェックを入れておかなかった場合、このダイアログは表示されない。
    (トレントファイルが、直接キューに追加される)

    まず、画面上部の「Destination folder」欄にあるフォルダパスのボタンをクリックし、ファイルの保存先フォルダを選択します。
  3. 画面下部の「Priority」欄で、このファイルのダウンロード優先度を指定しておきます。
    (必要な場合のみ)
  4. 設定完了後、キュー待ちせずにダウンロードを開始したい場合は、左下の「Start when added」にチェックを入れておきます。
    設定を行った後に選択中のトレントファイルを削除したい場合は、「Move .torrent file to the trash」にもチェックを入れておきます。
  5. ダウンロードの準備が整ったら、画面右下の「開く」ボタンをクリック。
  6. 読み込んでいたトレントファイルが、キュー(処理待ちリスト)に追加されます。
    設定ダイアログ で「Start when added」にチェックを入れておいた場合は、即座にダウンロードが開始されます。
    「Start when added」にチェックを入れておかなかった場合は、キュー(リスト)に追加されたアイテムを右クリック → 「Start」を選択することでダウンロードが開始されます※12
    ※12 キューの順番や最大ダウンロード数を無視してダウンロードを開始したい時は、「Start Now」を選択する。
  7. ファイルダウンロード中は、各アイテムの欄で
    • ダウンロードしているファイルの名前
    • ダウンロードの進捗状況
    • 接続しているピアの数
    • 転送速度
    といった情報を 確認することができます
    加えて、キューリスト上でアイテムを右クリック → 「Properties」を選択することで、より詳細な情報を確認することもできたりします。
  8. ちなみに、メイン画面の左下にある をクリック することにより、
    • Limit Download Spped - ダウンロード速度を制限(1 秒あたりのダウンロード量を制限)
    • Limit Upload Speed - アップロード速度を制限(1 秒あたりのアップロード量を制限)
    • Stop Seeding at Ratio - シード上限とする共有比を設定
    といった操作を行うことも可能となっています※13
    ※13 隣の アイコンをクリックする ことにより、転送速度を一発で制限することもできる。
    オプション画面 の「Alternative Speed Limits」欄で設定しておいた数値に制限される)

    ついでに、ステータスバーの右端の欄 で、現在のダウンロード速度 / アップロード速度 / 共有比 を確認することができます。
  9. ファイルのダウンロードが完了すると、今度はシーダーとなり、そのファイルを配布(他ユーザーに配布)することになります。
    (アイテムの転送状態が、「Downloading」から「Seeding」に変わる)
    シード中は、各アイテムの欄で
    • シードしているファイルの名前
    • アップロードの進捗状況(「Ratio」は現在の共有比で、「Goal」がシード終了の共有比)
    • 接続しているピアの数
    • 転送速度
    といった情報を 確認することができます
    アイテムは、設定しておいた共有比に達するまで、もしくは、キューから削除するまでシードされ続けます。
  10. 画面左上の「Show」という欄にあるプルダウンメニューをクリックする ことにより、
    • All - すべてのアイテム
    • Active - アクティブなアイテム
    • Downloading - ダウンロード中のアイテム
    • Seeding - シード中のアイテム
    • Pause - 一時停止中のアイテム
    • Finished - 処理が完了したアイテム
    • Verifying - ベリファイ中のアイテム
    • Error - エラーが発生したアイテム
    をフィルタして表示させることも可能となっています。
  11. ファイルのダウンロード / シード は、リスト上でアイテムを右クリック → 「Pause」を選択することで一時停止させることができます。
    (再開する時は、右クリックして「Start」を選択する)
  12. アイテムをキューリストから削除する時は、目的のアイテムを右クリック → 「Remove」を選択します。
    (確認ダイアログが表示されるので、「OK」ボタンを押す)
    「Delete Files and Remove」を選択した場合、ダウンロードしたファイルも削除されるので注意して下さい。
    Web 上のトレントファイルを直接指定してダウンロード
  1. メニューバー上の「File」から「Open URL」を選択します。
    もしくは、トレントファイルのリンクをメイン画面に向かって直接ドラッグ&ドロップします。
  2. 「Open Torrent from URL or Magnet Link」というダイアログ が表示されます。
    まず、一番上の「Source」欄に、トレントファイルのURL を貼り付けます。
    (マグネットリンクを貼り付けてもOK)
  3. すぐ下の「Destination folder」欄に表示されているフォルダパスのボタンをクリックし、ファイルの保存先フォルダを選択します。
  4. 下部の「Priority」欄でダウンロードの優先度を指定しておき、必要であれば
    • Start when added - アイテム追加時に、キュー待ちせずにダウンロードを開始する
    にもチェックを入れておきます。
  5. ダウンロードの準備が整ったら、右下の「開く」ボタンをクリック。
  6. 指定したトレントファイルが、キューリストに追加されます。
    設定の際に「Start when added」にチェックを入れておいた場合は、即座にダウンロードが開始されます。
    「Start when added」にチェックを入れておかなかった場合は、キュー(リスト)に追加されたアイテムを右クリック → 「Start」を選択することでダウンロードが開始されます。
    通信量の確認
  1. メニューバー上の「Help」から「Statistics」を選択します。
  2. 「Statistics」という画面 が表示されます。
    ここで、
    • Current Session - 現在のセッション
    • Total - これまでのセッションすべて
    • Uploaded - アップロード量
    • Downloaded - ダウンロード量
    • Ration - 共有比
    • Duration - 接続時間
    を確認することができます。
    リモートアクセス機能
  1. 自分のパソコン上で起動中の「Transmission-Qt」を、外部デバイス上から遠隔操作するリモートアクセス機能があります。
    このページでは、現在使用しているパソコン上で起動中の「Transmission-Qt」を、同一LAN 内の別パソコンから操作する方法を例にして紹介します。
  2. 「transmission-qt.exe」を起動させ、メニューバー上の「Edit」から「Preference」を選択します。
  3. 設定画面 が表示されるので、右端の「Remote」タブ を開きます。
  4. リモートアクセス機能を有効化する時は、「Allow remote access」にチェックを入れます。
  5. 続いて、
    • HTTP port - 外部デバイスから接続される際に使用するポート番号
    • Use authentication - アクセス認証を行う
      • Username - ユーザー名
      • Password - パスワード
    • Only allow these IP addresses - アクセス元のIP アドレスを指定する
      • Addresses - アクセスを許可するIP アドレス
    といったオプションの設定を行います。
    許可するIP アドレスを複数指定する時は、それぞれのアドレスを半角カンマで区切って入力します。
    たとえば、“ 遠隔操作する側 ” のパソコンのIP アドレスが 192.168.11.7 であり、このパソコンからのアクセスを許可したい場合は、「Addresses」欄を
      127.0.0.1,192.168.11.7
    というような感じにします※14
    (「127.0.0.1」は、自分のパソコンのIP アドレス)
    ※14 IP アドレスは、ipconfig コマンド で確認することができる。
    (今回はローカルPC 間での接続なので、ローカルIP アドレスを使用する)
  6. オプション設定が終わったら、設定画面は閉じてしまってOK です。
    準備が整ったら、このパソコンと「Transmission-Qt」を起動させたままにしておきます。
  7. 外部デバイス上でブラウザを開き、アドレスバー上に “ 遠隔操作される側 ” のパソコンのIP アドレスとポート番号を入力します。
    (ポート番号は、IP アドレスの後ろにコロンを付けてから入力する)
    接続先PC のアドレスが 192.168.11.4 、受信ポートの番号が 9091 である場合、
      192.168.11.4:9091
    のようになります。
  8. アクセス認証を行うようにしていた場合、ユーザー名&パスワード入力ダイアログ が表示されるので、設定しておいたユーザー名とパスワードを入力します。
  9. Web ユーザーインターフェース が表示されます。
    まず、ツールバー上の Open Torrent ボタンをクリック。
  10. 「Upload Torrent Files」というダイアログ が表示されます。
    ローカルのトレントファイルを使ってダウンロードを行う時は、「参照」ボタンを押して目的のトレントファイルを選択します。
    Web 上のトレントファイルを直接指定してダウンロードを行う時は、「Or enter a URL」欄に目的とするトレントファイルのURL を貼り付けます。
  11. すぐ下にある「Destination folder」欄で、ファイルのダウンロード先フォルダを指定します。
    (フォルダパスを直接入力する)
    ここには、“ 遠隔操作をされる側 ” のPC のフォルダパスを入力してください。
  12. 必要に応じて、「Start when added」にチェックを入れ、右下の「Upload」ボタンをクリックします。
  13. 遠隔操作先のパソコンにトレントファイルが送られ、ファイルのダウンロードが開始されます。
  14. 尚、Web インターフェース上でも、
    • Settings Menu - 通信状態を確認 / ダウンロード速度を制限 / アップロード速度を制限
    • Edit Preferences - オプション設定
    • Speed Limits - 転送速度を、ワンクリックで制限
    • Compact View - コンパクトモードに切り替え
    といった操作を行うことが可能となっています。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のダウンロード支援ソフト
 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

Transmission-Qt TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 GIMP

超高機能なペイントソフト

 お気に入りフリーソフト 2015

2015 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 Paint.NET

シンプルでありながらも高性能なペイントソフト

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

スポンサードリンク

Transmission-Qt を紹介しているページです