Irvine

Irvine の概要や使い方を紹介しています

Irvine を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

超定番ダウンローダー!「Irvine」。

Irvine
制作者 Wolfy
対応 98/ME/2000/XP/Vista/7

Download

● Irvine

HTTP / HTTPS / FTP に対応した高機能ダウンローダー。
分割ダウンロード、レジュームダウンロード、ページ内にあるファイル / 連番ファイル の一括ダウンロード、URL リストを利用した一括ダウンロード、ダウンロードファイルの自動振り分け機能、ハッシュチェック機能、IE 系ブラウザとの連携機能(右クリックメニュー拡張、ダウンロード横取り)... 等々が付いています。

「Irvine」は、高機能なダウンロードマネージャーです。
ファイルの分割ダウンロード、レジューム(再開)機能 をはじめ、ダウンロードファイルの自動振り分け、ページ内にあるファイル / 連番ファイル 等の一括ダウンロード、IE 系ブラウザとの連携機能※1、ダウンロードファイルのハッシュチェック※2、URL リストを利用した一括ダウンロード... 等々、非常に多くの機能を搭載した高機能ダウンローダーです。
※1 ダウンロードの横取りや、右クリックメニューからの「Irvine」起動 等。
※2 対応しているハッシュアルゴリズムは、CRC / MD5 / SHA1。
高機能がゆえにややとっつきにくい印象もありますが、一つずつゆっくり見ていけば決して難解という感じでもなく、実際のところ操作性は非常に優れています。
(また、見た目を物凄くシンプルにすることもできたりします)
サイズの大きいファイルをダウンロードする時や、大量のファイルを一気にダウンロードしたい時 などに便利。

基本的な使い方は以下の通りです。

    準備 編
  1. 「irvine.exe」を実行します。
  2. 画面左のツリービュー内にある「デフォルト」を右クリックし、「フォルダ設定」を選択します。
  3. 「フォルダ設定 - デフォルト」という画面 が表示されます。
    この画面内の「ファイル」タブを開き、「保存フォルダ」欄でデフォルトの保存先とするフォルダを指定します。
    (右端の ... ボタンをクリックし、フォルダを指定する)
    この時、「登録日付で分ける」や「URL 構造を再現する」にチェックを入れておくと、「保存フォルダ」欄で指定したフォルダの直下に、
    • 「ダウンロード年月日」
    • (ダウンロード対象とするファイルが存在する場所までの)ディレクトリ」
    の名前が付いたサブフォルダが(ダウンロード時に)自動生成されます。
  4. 必要であれば、左下の「ファイル」欄で
    • ファイル名の ? 以降を削除する
    • 更新日時を取得する
    • 完了していないファイルを隠す
    • 同名のファイルがあればリネーム
    • ファイル名にハッシュ値をつける
    • ファイル名に日時をつける
    といったオプションを指定しておいてもよいでしょう。
  5. そのまま 「HTTP(2)」タブ を開き、「User-Agent」を
    • Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0)
    にしておきます。
  6. 同「HTTP(2)」タブで、「Referer」を「index.html」にしておきます(任意)※3
    ※3 「Referer」(リファラ)とは、 “ ダウンロードページへのアクセス元として送信するURL ” のこと。
    リファラなしでは、ダウンロードを行えないようにしているファイルもある。
  7. 右下の「OK」ボタンをクリックし、「フォルダ設定 - デフォルト」画面を閉じます。
  8. 再度「デフォルト」フォルダを右クリックし、「新規作成」からデフォルトフォルダの直下にキューフォルダ(サブフォルダ)を 作成しておきます(任意)
    キューフォルダを作成しておくと、ダウンロード時に保存先を素早く選択できるようになるので非常に便利です。
    準備 編 II - ファイルの自動振り分け -
    (ファイルの自動振り分け機能を使いたい場合のみ)
  1. メニューバー上の「ツール」から「フィルタリング設定」を開きます。
  2. ここで、
    • URL の一部に、特定の文字列を含む or 含まない ファイルは、○○ というフォルダへ自動で振り分ける
    ということを 設定できるようになっています※4
    ※4 たとえば、拡張子が「jpg」のファイルは、「画像」フォルダにダウンロードする... 等。
    尚、この “ ファイル自動振り分け ” を行うには、事前にキューフォルダ(サブフォルダ)を作成しておく必要があります。
  3. まず、「URL の」の次にあるプルダウンメニューをクリックし、 “ URL のどこに特定文字列が含まれる or 含まれない 場合に、フィルタリングを行うのか ” ということを指定します。
    特定の文字列が含まれる / 含まれない 場所は、
    • 全体
    • プロトコル
    • ホスト名
    • パス
    • ディレクトリ
    • ファイル名
    • 拡張子
    の中から選べるようになっています。
  4. すぐ隣のテキスト入力フォームに、フィルタリングのトリガーとなる “ 特定文字列 ” を入力します。
  5. 「含むとき」というプルダウンメニューをクリックし、特定の文字列が “ 含まれる時 ” にフィルタリングを行うのか、 “ 含まれない時に ” フィルタリングを行うのか を選択します。
  6. その下の欄で、 “ 特定文字列 ” の大文字 / 小文字 を区別するのかどうか設定します。
  7. 中央にあるフォルダツリーの中から、振り分け先のキューフォルダを選択します※5
    ※5 任意のフォルダ上で右クリックすることにより、新規フォルダを作成することも可能。
  8. 最後に、画面下部の「追加」ボタンをクリックします。
  9. フィルタ条件を複数登録したい場合は、同じような手順でルール作成を行います。
  10. フィルタ条件を全て登録し終えたら、「フィルタリング設定」画面を閉じ、メニューバー上の「管理」から「URL のフィルタリング」をON にしておきます。
    基本 編
  1. メニューバー上の「実行」から「新規作成」を選択。
  2. 「アイテム設定」というウインドウ が表示されます。
    ここの「キューフォルダ」欄で、ファイルの保存先とするフォルダを指定します※6
    ※6 キューフォルダ以外のフォルダに保存したい場合は、後述する「保存フォルダ」欄で保存先を指定する。
  3. すぐ下にある「URL」欄に、ダウンロードしたいファイルのURL を入力します。
  4. 必要であれば、「Referer」欄でリファラを、「Cookie」欄でクッキーを指定しておきます。
  5. ダウンロードの際に認証が必要である場合は、「認証」にチェックを入れ、「ユーザー名」「パスワード」をそれぞれ入力します。
  6. 保存先をキューフォルダ以外の場所にしたい場合は、「保存フォルダ」欄で保存先とするフォルダを指定します。
  7. ダウンロード時にハッシュチェックも行いたい場合は、「CRC, MD5, SHA1」欄に、ファイルのCRC16 or CRC32 or MD5 or SHA1 を入力しておきます※7
    ※7 ここに入力した値と、ダウンロードしたファイルのハッシュ値が異なると、そのダウンロードが取り消される。
  8. 必要に応じて「分割数」を指定し、右下の「OK」をクリックすればダウンロード開始です。
  9. 尚、このような手順を取らずとも、「表示」→「ドロップウインドウ」からドロップウインドウ※8 を表示させておき、そこにダウンロードしたいファイルを直接ドラッグ&ドロップしてもOK です。
    ※8 ドロップウインドウ ← これ
    連番URL を一括してダウンロード & 特定の書式を展開 編
  1. Irvine には、
    • http://gigafree.net/n/hoge001.jpg ~ http://gigafree.net/n/hoge100.jpg
    というような “ 連番ファイル ” を一括してダウンロードする機能が付いています。
    ここでは、例として上記の「hoge001.jpg」~「hoge100.jpg」を一括してダウンロードする手順を紹介します。
  2. まず、なんらかの テキストエディタ 等に、全てのURL に共通する部分を書いてみます。
    今回の例で言うと、
    • http://gigafree.net/n/hoge.jpg
    が全てのURL に共通する部分になります。
  3. 次に、全てのURL で異なる部分( = 連番が入る部分)に、 “ [] ” ※9 を挿入します。
    ※9 半角の括弧始め( [ )と半角の括弧終わり( ] )。
    今回の例で言うと、以下のようになります。
    • http://gigafree.net/n/hoge[].jpg
  4. 挿入した “ [] ” 内に、 “ 連番の開始番号 ” と “ 連番の終了番号 ” を、ハイフン区切りで入力します。
    今回の例で言うと、
    • http://gigafree.net/n/hoge[001-100].jpg
    というような感じになります。
  5. 出来上がった
    • http://gigafree.net/n/hoge[001-100].jpg
    をクリップボードにコピーし、Irvine を実行 → メニューバー上の「編集」から「URL を展開して貼り付け」を選択。
  6. すると、「リンク」という画面 が立ち上がり、連番URL が生成されます。
    これを見て、URL が正しく生成されているかどうか確認します。
  7. 「リンク」画面の上部にある「フォルダ」欄で、保存先のフォルダを指定します。
  8. 最後に、(「リンク」画面の)メニューバー上の「実行」から「ダウンロード登録」を選択すればOK。
    連番ファイルがダウンロードリストに登録され、ダウンロードが開始されます。
  9. ここでは、 “ 連続する数字 ” を例にして紹介しましたが、
    • http://gigafree.net/n/hogeA.jpg ~ http://gigafree.net/n/hogeM.jpg
    というような、 “ 連続するアルファベット ” の連番URL を生成することも可能です※10
    ※10 上記例でいうなら、以下のような感じになる。
    http://gigafree.net/n/hoge[A-M].jpg

    おまけ
    http://gigafree.net/n/hoge[1-10][A-M].jpg
    みたいな連番URL を生成することもできる。
    ページ内のファイルを一括ダウンロード 編
  1. メニューバー上の「ツール」から「リンクのインポート」を開きます。
  2. 「リンク」ウインドウ が立ち上がるので、「オプション」から「オプション」を開きます。
  3. 「リンク」タブ を開きます。
    ここで、HTML / テキスト / 画像 / 書庫 / 音楽 / 動画 / その他 / 正規表現 といったオブジェクトと “ 関連付ける拡張子 ” を設定しておきます。
    (複数の拡張子を設定する場合は、それぞれを半角のカンマで区切る)
    ここで拡張子の設定を行っておくと、後々URL のフィルタリングが非常に楽になります。
    設定が終わったら、このオプション画面を閉じます。
  4. 画面上部の「フォルダ」欄で、ダウンロードしたファイルの保存先フォルダを指定します。
  5. その上の「アドレス」欄に、ダウンロードしたいファイルが掲載されているページのURL を入力します※11
    ※11 ページが複数ある場合は、「ファイル」→「複数のURL を取得」を開き、目的のURL を一行ずつ入力 →「OK」をクリックする。
  6. メニューバー上の「実行」 から 「開始」を選択します。
  7. 「アドレス」欄で指定したページ内に貼られているリンクが抽出され、それらが一覧表示されます。
    (微妙に時間がかかる場合もあります)
  8. 「オプション」→「拡張子」から、選択状態にしたい( = ダウンロードリストに送りたい)種目にチェックを入れます。
  9. 「編集」→「指定拡張子を選択」をクリックします。
    すると、指定された種類のファイルのみが選択状態になります。
  10. 「実行」→「ダウンロード登録」を選択。
  11. これで、選択状態にあったURL がダウンロードリストに送られました。
    「リンク」ウインドウは閉じてしまってOK です。
    URL リストを利用し、複数のファイルを一括してダウンロード 編
  1. まず、なんらかのテキストエディタに、ダウンロードしたいファイルのURL を一行ずつ書き出します。
  2. これを、任意の名前のTXT ファイル(「.txt」)として保存します。
  3. Irvine を起動し、メニューバー上の「ファイル」から「インポート」→「URL リスト」を選択します。
  4. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、先ほど作成したテキストファイルを選択します。
  5. すると、テキストファイルに記述されたURL がダウンロードリストに登録され、ファイルのダウンロードが実行されます※12
    ※12 リストファイルを、ドロップウインドウに直接ドラッグ&ドロップしてもOK。
    Irvine の機能を、IE の右クリックメニューへ統合 編
  1. メニューバー上の「ツール」から「オプション設定」を開き、「IE メニュー」タブ へと進みます。
  2. ここで、右クリックメニューに登録する機能を指定します。
    登録できる機能には、
    • Irvine でダウンロード
      右クリックで選択したファイルを Irvine のキューに送り、ダウンロード
    • Irvine ですぐにダウンロード
      右クリックで選択したファイルを Irvine に送り、即ダウンロードを開始
    • Irvine へ登録
      右クリックで選択したファイルを、Irvine のダウンロードリストに登録する
    • Irvine へすべてのURL を送る
      ページ内にある全てのリンクを、「リンクのインポート」ウインドウ に送る
    • Irvine で選択範囲をダウンロード
      選択状態にある(リンクになっていない)URL を、Irvine に送る
    • Irvine で保存先を指定してダウンロード
      「名前を付けて保存」ダイアログを使い、ファイルを Irvine でダウンロードする
    • Irvine へすべてのURLを送る (IMGを含む)
      ページ内にある全てのリンク&画像を、「リンクのインポート」ウインドウに送る
    • Irvine でリンクのインポート
      表示しているページのURL を登録した状態で、「リンクのインポート」を開く
    • Irvine でコメント付きダウンロード登録
      右クリックで選択したファイルを、コメント付きでIrvine に送る
    • Irvine で設定して登録
      右クリックで選択したファイルを登録した状態で、「アイテム設定」ウインドウを開く
    • Irvine でキューフォルダを選択してダウンロード
      右クリックで選択したファイルを Irvine に送り、「キューフォルダの参照」を開く
    の 11 個があります。
  3. 登録する機能にチェックを入れたら、「OK」をクリックして設定画面を閉じ、IE を再起動させます。
  4. あとは、ダウンロードしたいファイル上、または、ダウンロードしたいファイルが掲載されているページ上 などで右クリックし、登録したIrvine の機能を選択します。
    IE(系ブラウザ)のダウンロードを横取り 編
  1. IE のダウンロードを横取りするには、あらかじめ以下のような設定を行っておく必要があります。
  2. メニューバー上の「ツール」から「オプション設定」を開き、「ブラウザ」タブ へと進みます。
  3. 左上にある「IE のクリックを監視する」にチェックを入れます。
  4. 下の「監視する拡張子を ; で区切って入力してください」欄に、横取りするファイルの拡張子を “ ; ” (半角カンマ) 区切りで入力します。
  5. 必要であれば、「Alt」キーを押している時のみ横取りする ように設定することも可能です。
  6. 「OK」をクリックし、設定画面を閉じます。
  7. メニューバー上の「管理」から、「ブラウザ監視」をON にしておきます。
  8. IE を起動している場合は、IE を再起動させます。
  9. これで、IE のダウンロードをIrvine が横取りするようになりました。

そのほか、ツールバー上に表示させるアイテムの変更、プロキシの設定、ダウンロード終了後にWindows をシャットダウンさせる機能 や、クリップボードの監視機能※13 なども付いています。
※13 特定の拡張子を含むURL がクリップボードにコピーされた際に、Irvine を起動する機能。

ダウンローダーとは、とても便利なツールです。
しかし、「ページ内のファイルをまとめてダウンロード」や「ファイルの分割ダウンロード」は、相手のサーバーに多大な負荷をかけてしまう場合が多いので注意が必要です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のダウンロード支援ソフト
 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 Irvine マニュアル
Irvineマニュアル目次

 Irvine 解説サイト
ブロードバンド初心者ガイド
Irvine TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 foobar2000 で、VST プラグインを利用できるようにする

音楽プレイヤー「foobar2000」上で、VST プラグインを利用できるようにする方法

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 Quiet on the Set

システム音量に “ 上限値 ” を設定できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 VirtualMIDISynth

MIDI ツール上で、サウンドフォントを音源として使えるようにする

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

スポンサードリンク
Irvine を紹介しているページです。