multiAVCHD

multiAVCHD の概要や使い方を紹介しています

multiAVCHD を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

割と本格的なメニュー画面を作れるブルーレイオーサリングソフト!「multiAVCHD」。

multiAVCHD
制作者 Dean Kasabow
対応 2000/XP/Vista/7

Download (direct link )

● multiAVCHD

本格的なメニュー画面を作成できるブルーレイビデオオーサリングツール。
M2TS / TS / MKV / MP4 / MPG 等々の動画ファイルを元に、Blu-ray データ(AVCHD フォルダ)を一発生成してくれるブルーレイ変換ツールです。
トップメニュー / チャプターメニュー / (音声&字幕 の)セットアップメニュー を作成する機能や、動画に音声 / 字幕 を合成する機能、チャプター設定機能、ウェルカムスクリーン作成機能... 等々が付いています。

「multiAVCHD」は、高機能なブルーレイビデオオーサリングツールです。
各種 AVC / MPEG2 ファイルを、家電の Blu-ray プレイヤー / Playstation 3 / Viera 等々で再生できる “ AVCHD フォルダ ” に一発変換してくれる... というブルーレイ変換ツールです。
最大の特徴は、かなり凝ったメニュー画面を作れるところ。
作成するブルーレイビデオには、トップメニュー※1 / チャプターメニュー※2 / セットアップメニュー※3 を付加できたりするので、割と本格的なディスク作成を楽しむことができます。
※1 トップメニューのスタイルは、XBM メニュー / カルーセルメニュー / スライドメニュー の中から選べる。
 実際の例 → Kenのムービー計画
トップメニュー内に表示するタイトルのサムネイルは、モーションサムネイル(動画)にすることもできる。
(トップメニューの背景も、動画にすることができる)

※2 チャプターのサムネイル一覧が表示されたメニュー。
※3 音声&字幕 のセットアップメニュー。
(さらに、ウェルカムスクリーン※4 を作成する機能もある)
※4 トップメニューが表示される前に、数秒間だけ表示されるスプラッシュ画面。
Blu-ray の素材として使用できるファイルには、M2TS、TS、MTS、MPEG2、M2V、MP4、MKV、FLV、MOV、AVI、WMV ... などがあるようですが、動画コーデックが「H.264」か「MPEG2」、音声コーデックが「AC3」か「AAC」の M2TS、MKV、MP4 を用意しておくと、ほぼ確実に変換することができます。
( WMA 音声の WMV を素材にすると、該当タイトルの音声が無音になってしまうので注意)
素材とするファイルがこれらの条件に合わない場合は、事前に 「XMedia Recode」 などの 動画変換ソフト を使い、ファイルを最適なフォーマットに変換しておくとよいでしょう※5
※5 H.264 を作成する場合、画像サイズ(解像度)の横 / 縦 幅が、それぞれ 16 の倍数になるように注意する。
また、ブルーレイプレイヤーで確実に再生できるように、フレームレートを「29.97」、画面解像度を「720 x 480」「1280 x 720」「1920 x 1080」のいずれかにしておくとよい。
... が、「multiAVCHD」でも、フレームレートや解像度を変更できるようになっているので、その辺のことは「multiAVCHD」で処理してもよい。

その他、読み込んだ動画にチャプターを設定したり、動画に音声 / 字幕 を多重化したりする機能も付いています※6
※6 読み込める音声ファイルは、ac3 / aac / dts / mp2 / mp3 / mpa / pcm / lpcm / flac。
字幕は srt / ssa / sub / sup / idx。

使い方は以下の通り。
非常に長いですが、素材動画の 解像度 / フレームレート が適切であれば、操作はとても簡単です。

  1. 「multiAVCHD」をインストールする前に、「Avisynth」 と、下記三点のうちいずれか一つをインストールしておきます。 (「ffdshow」を使う場合は、「Haali Media Splitter」のインストールも必要)
  2. 「multiAVCHD」をインストールし、「multiBOOT.exe」を実行します。
    何回か使っていると、「Donate and support multiAVCHD to ~」という寄付を促すダイアログが表示されますが、寄付は強制ではありません。
  3. 自動的に、「multiAVCHD」のアップデートチェックが始まります。
    新しいバージョンがリリースされていた場合、
      New version found. Update now ~
    というようなダイアログが表示されます。
    必要であれば、ここで「Yes」を選択し、「multiAVCHD」のアップデートを行っておいてもよいでしょう。
    (既に最新版である場合、特に何も表示されません)

  4. 「Media」タブ - 動画の追加 ~ タイトルの詳細を設定
  5. 名前に日本語を含むファイルの扱いが不安定なようなので、もし日本語ファイル名の動画を変換したい場合は、あらかじめファイルを適当な半角英数文字にリネームしておくとよいでしょう。
    (フォルダ名に日本語が含まれる場合は、日本語が含まれないフォルダへと移動させておく)
    素材動画のタイトルネーム(メニュー画面内に表示されるタイトル名)は後から設定できるので、ファイル名は適当でOK です。
  6. 左上にある「Media」タブを開き、Blu-ray データに変換したい動画ファイルをドラッグ&ドロップ。
    「Media」タブ
    複数のファイルをドロップした場合、それぞれの動画は “ 1 タイトル ” として扱われます。
  7. 動画を間違ってドロップしてしまったら、該当のものを選択 → 右側の「remove」ボタンを押します。
  8. 追加した動画ファイルが、中段の「Compilation」欄で赤く表示された場合、下記「解像度、フレームレートの設定」が必要になります。

  9. ● 素材動画にタイトルネームを付ける
  10. リストに追加した素材動画を選択し、右側にある「properties」ボタンをクリック。
  11. 選択した動画のプロパティが表示されます。
    動画のプロパティ
    この画面の左上の方にある「Title name」欄に、選択動画に付けるタイトルを入力します。
    (ここに入力されたタイトルネームは、トップメニューやタイトルリスト内に表示されます)
    日本語を入力したい時は、他の適当なソフト (ブラウザでもメモ帳でも何でもよい) 上にテキストを入力し、それをコピー → コピーしたテキストを、ここのフォームに貼り付けるとよいでしょう。
  12. 素材動画が複数ある時は、右上の <<< >>> ボタンをクリック → 同じようにして、タイトルネームの設定を行います。
  13. タイトルネームの設定が終わったら、右端にある「OK」ボタンをクリックします。

  14. ● 解像度、フレームレート の設定
    素材動画の解像度、フレームレート が NTSC と適合していれば、この操作は不要。
    解像度 :「720 x 480」「1280 x 720」「1920 x 1080」 | フレームレート :「29.97」「59.94」
    (「1920 x 1080」&「59.94」の組み合わせはNG かも)
  15. リスト上の動画を選択し、右側にある「properties」ボタンをクリック。
  16. 選択した動画のプロパティが表示されます。
    動画のプロパティ
    画面中段の右端にある「Transcode」ボタンをクリック。
  17. 「Title transcode settings」という画面が表示されます。
    Title transcode settings
    まず、右上の「AviSynth」という枠内にある
    • 「Resize」欄でタイトルの解像度を、
    • 「Change fps」欄で、タイトルのフレームレートを
    それぞれ設定します。
    ここは目的のテレビ等に合わせればOK ですが、解像度は「720 x 480」「1280 x 720」「1920 x 1080」のいずれかに、フレームレートは「29.97」「59.94」のどちらかにしておくとよいでしょう※7
    ※7 ただし、「multiAVCHD」は、H.264 のレベルを " 4.2 " 以上に設定することができないので、解像度を「1920 x 1080」に指定した場合、フレームレートは「29.97」にしておくのが無難。
  18. 続いて、(必要であれば)右下の「x264」欄で、エンコードに関する設定を行います。
    通常はそのままでOK ですが、
    • Bitrate
    • Ref frames
    • B-frame
    • Quality
    の値を設定してもOK です※8
    (ただし、Quality を上げると、変換に物凄く時間がかかるので注意)
    ※8 レベル(「Level」)は、最終的に「4.1」になるようにするので、特に触らなくてよい。
  19. 設定が終わったら、右下の「Apply」ボタンをクリックします。

  20. ● チャプター、タイトルサムネイル の設定
  21. メイン画面左上のリスト内で、目的の動画を選択 → 右側の「properties」ボタンをクリックします。
    (既に動画のプロパティ画面を開いている場合は、そのままでOK)
  22. 動画のプロパティ画面が表示されます。
    動画のプロパティ
    チャプターの設定を行いたい場合は、右上の「Chapters」欄で設定を行います。
    (ここに表示されている時間リストが、現在設定されているチャプター)
    この欄の左下にある「Edit」ボタンをクリック※9
    ※9 左上のミニプレイヤーを使い、チャプターを追加したり削除したりすることもできる。
    シークバーや << F F>> ボタンを使い、チャプターとして設定したい場面を探す → 目的の場面に来たら「C +」ボタンをクリックする。
    (削除する時は、「Chapters」欄上で目的のチャプターを選択 → 「C -」ボタンを押す)
  23. すると、「Chapter Edit」という画面が表示されます。
    Chapter Edit
    この画面は普通にテキスト入力できるようになっているので、適宜チャプターの時間を変更します。
    (時間は、 時間:分:秒:ミリ秒 形式で指定する)
    要らないチャプターがある場合は、その行を消去しておきます。
  24. 編集が終わったら、左下の「OK」ボタンを押し、「Chapter Edit」画面を閉じます。
  25. 通常、トップメニュー内のタイトルサムネイルには、適当なチャプターの画像が使われます。
    もし、タイトル画像として使いたいシーンがある場合は、
    1. 左上のミニプレイヤー直下にあるシークバーをドラッグし、タイトルサムネイルとして使いたい場面を探します。
      << F F>> ボタンを使うことで、1 フレームずつ移動させることもできる)
    2. 目的の場面にきたら、少し右の方にある「Poster」ボタンをクリックします※10
    ※10 素材動画によっては、ここの設定が反映されない模様...

  26. ● タイトルに、音声や字幕を多重化
  27. メイン画面左上のリスト内で、目的の動画を選択 → 右側の「properties」ボタンをクリックします。
    (既に動画のプロパティ画面を開いている場合は、そのままでOK)
  28. 動画のプロパティ画面が表示されます。
    動画のプロパティ
    音声トラックの追加を行う場合は、画面中段の「Audio」タブを開きます。
  29. 右端にある「add」ボタンをクリックし、多重化する音声ファイルを選択します。
    ac3 / aac / dts / mp3 / mpa / pcm / lpcm / flac などのファイルを読み込めるようですが、音声が正常に変換されないこともあるので、あらかじめ 「xrecode II」 などのツールを使い、ファイルをサンプルレート「48000」、ビットレート「384」の「AC3」に変換しておくとよいでしょう。
  30. 音声を追加すると、該当のトラックがリスト上に表示されます。
    これを選択 → 右下の「language」欄に、該当音声の言語を入力します。
    (英語なら「eng」、日本語なら「jpn」です)
  31. 言語を入力したら、右側の「Change」ボタンをクリック。
  32. 続いて、「External subtitles」タブを開きます。
  33. 右端の「add」ボタンをクリックし、多重化する字幕ファイルを選択します。
  34. 字幕を追加すると、該当のトラックがリスト上に表示されます。
    これを選択 → 右下の「language」欄に、該当字幕の言語を入力します。
    (英語なら「eng」、日本語なら「jpn」です)
  35. 言語を入力したら、右側の「Change」ボタンをクリック。

  36. 全ての設定が終わったら、中段の右側にある「OK」ボタンをクリックします。
    他のタイトルに関する設定を行う場合は、「OK」を押さずに右上の <<< >>> ボタンをクリック → 編集タイトルを変更します。

次のページでは、

  • トップメニューの設定方法
  • ウェルカムスクリーンの設定方法
  • メニュー画面の詳細設定方法
  • 字幕の設定方法
  • 出力設定
  • 出来上がったデータを、Blu-ray ディスクに焼く方法
を紹介します。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 multiAVCHD 解説ページ
Kenのムービー計画
multiAVCHD TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 HandBrake

DVD / Blu-ray 等の動画を、MP4 / MKV に変換

 h264ifyFirefoxChrome

YouTube 動画が、動画再生支援機能対応の H.264 で再生されるようにする

 ShadowCopyView

“ シャドウコピー ” によって作られたバックアップファイルを、一覧表示&復元することができる

 GameDVR_Config

Windows 10 のゲーム録画ツール上で、より高いビットレート&解像度 を指定できるようにする

 Network Speed Test

ワンクリックで使える通信速度測定ツール

 Tabs limiter with queue(Chrome 拡張)

開けるタブの個数を制限し、指定数以上のタブが自動で “ 表示待ちリスト ” に送られるようにする

 Savogram

Instagram の画像を、普通に保存できるようにする Firefox アドオン

 おすすめフリーソフト
 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 Secure Folders

指定したフォルダを、不可視化 / ロック / 読み取り専用 / ツール実行禁止化 する

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

 WOW64Menu

64 bit 版のエクスプローラ上で、32 bit 用の右クリックメニューを使えるようにする

multiAVCHD を紹介しているページです