Avi2Dvd

Avi2Dvd の概要や使い方を紹介しています

Avi2Dvd を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

各種動画ファイルを、DVD データに変換することができるソフト「Avi2Dvd」。

Avi2Dvd
制作者 Trust Fm
日本語化パッチ 制作者 katgum
対応 98/Me/2000/XP/Vista

Download

● Avi2Dvd

avi / mkv / ogm / wmv 形式の動画ファイルを、DVD / VCD データに変換してくれるソフト。
字幕ファイルを合成する機能や、メニュー画面を作成する機能、チャプターを設定する機能 なども付いています。

「Avi2Dvd」は、動画をDVD データに変換してくれるソフトです。
(VCD / SVCD に変換することもできる)
Quenc / FreeEnc / NuEnc / HCEnc / CCE といったツールの フロントエンド ※1 で、avi / mkv / ogm / wmv 形式動画ファイル※2 を、家電のDVD プレイヤーでも再生できるDVD データに変換してくれます。
※1 これらエンコーダーの中から、好きなものを使ってDVD へエンコードすることができる。
※2 多重音声のmkv / ogm にも対応している(3 トラックまで有効)。
ちなみに、それぞれの動画ファイルに使用されている コーデック をインストールしている必要がある。

エンコードの際には、字幕ファイルを 3 つまで多重化させることができるほか、チャプターの間隔を設定したり、メニュー画面を作成したりすることもできます。
(ただし、メニュー画面を作成すると、エンコードにかなり時間がかかってしまうので注意)

使い方は以下のとおり※3
※3 インストール時に「AviSynth」 「FFdshow」 「Xvid」 のインストールを促す画面が表示されますが、既にインストールしている場合はチェックを外しておいてOK です。

    ステップ 1 入力
  1. 複数のファイルを連結して一つのDVD データを作成したい場合、あらかじめ各ファイルの名前の末尾に「CD番号」を付けておきます※4
    ※4 例) testCD1.avi、testCD2.avi、testCD3.avi、testCD4.avi ...
    それぞれのファイルは、全て同じエンコード設定である必要があるので注意。
    (フレームレートが 30 と 29.97 の動画... くらいならOK な模様)
  2. 「Avi2Dvd.exe」を実行します。
  3. 左上の「動画ファイルを読み込む」ボタンをクリックし、DVD に変換したい動画を選択します。
    (複数のファイルを連結して出力したい場合は、「~CD1」のファイルを選択する)
  4. すぐ下の「アスペクト比」欄で、動画のアスペクト比を選択しておきます。
  5. もしインターレースを解除する場合は、「インターレース解除」にチェックを入れておきます。
  6. 読み込んだ動画の音声が日本語の場合は、(右側にある)「オーディオの選択」欄で「ja JAPANESE」を選択しておきます。
    ステップ 2 出力
  1. 「ステップ 2 出力」タブを開きます。
  2. 読み込んだ動画をDVD に変換する場合は、「DVD or SVCD」に、VCD に変換する場合は「VCD」にチェックを入れます。
  3. 画面中央にある「ディスクサイズ」欄で、作成するDVD データの目標サイズを設定します。
  4. 必要であれば、左下の「Audio Bitrate」欄で音声のビットレートを設定しておきます。
  5. ISO イメージファイル を作成する場合は、「ISO を作成」にチェックを入れ、「名前」欄に作成するイメージファイルの名前を入力しておきます。
  6. チャプターを打つ場合は、右端の「チャプタ」欄でチャプターの設定を行っておきます。
    「チャプタ間隔」欄に数値を入力すると、入力された数値(分)ごとにチャプターが挿入されます。
    全てのチャプターを手動で設定したい場合は、「チャプタリスト」欄にチャプターを挿入する時間(再生時間のこと)を秒単位で入力しておきます。
    複数のチャプターを打つ場合は、それぞれを半角カンマで区切っておきます※5
    ※5 例) 500 秒、1000 秒、1750 秒、2500 秒の地点にチャプターを打つ。
    0,500,1000,1750,2500
  7. 画面左下の方にある Select Destination Folder ボタンをクリックし、完成したDVD データを出力するフォルダを指定します。
    ステップ 3 エンコーダー
  1. 「ステップ 3 エンコーダー」タブを開きます。
  2. ここは、基本的にそのままの設定でOK。
    ただし、デフォルトの設定だと時間がかなりかかるので、もし作業時間を短くしたい場合は、「高品質」や「2 パスエンコード」等のチェックを外しておいてもよいでしょう。
    (その代わり、品質は下がる)
    ステップ 4 字幕
  1. 「ステップ 4 字幕」タブでは、字幕に関する設定を行うことができます。
    「ステップ1」で読み込んだ動画に字幕を付けたい場合は、「字幕 1」ボタンをクリックし、添付する字幕ファイルを読み込みます※6
    ※6 添付できる字幕ファイルは、txt / srt。
    (字幕に日本語が含まれる場合、正常にDVD データを作成できない?ようです)
    srt 形式の字幕ファイルを作る
    ステップ 5 DVD メニュー
    私の環境では、ここで作成したメニューを有効にすることができませんでした。
    (Vista / 0.4.5 Beta)
  1. 「ステップ 5 DVD メニュー」タブを開きます。
  2. ここでは、
    • 画像の取り込み
      読み込んでいる動画から、任意のフレームを静止画としてキャプチャーする
    • Mp3->Mp2
      任意のMP3 ファイルを、MP2 に変換する
      (メニュー画面では、BGM にMP2 しか使えない)
    • DVD メニューの作成
      メニュー画面を作成する
    という3 つの処理を行うことができます。
    基本的に「DVD メニューの作成」だけ行えばOK ですが、メニュー画面の背景画像やBGM を作成したい場合は、「画像の取り込み」及び「Mp3->Mp2」ボタンをクリックし、それぞれの処理を行っておきます。
    以下に、各機能の簡単な使い方を書いておきます。
  3. 画像の取り込み
    1. 「画像の取り込み」ボタンをクリック。
    2. 「VMRSnapShot Tool」というウインドウが開き、読み込んでいる動画が自動で再生されるので、画面左下の方にある「Pause (一時停止)」ボタンをクリックします。
    3. シークバーなどを使い、キャプチャしたい場面を探します。
      また、「ステップ2」でチャプターを設定しておいた場合は、右下にある「Avi2dvd ChapterList」から、任意のチャプターへ簡単にジャンプすることもできます。
    4. キャプチャしたい場面がきたら、「Take SnapShot」ボタンをクリック。
    5. そのまま「Save Snapshot」ボタンをクリックし、画像を任意のフォルダに保存します。
  4. Mp3->Mp2
    1. 「Mp3->Mp2」ボタンをクリック。
    2. 「Mp3 To Mp2 Converter Tool」という画面が表示されます。
      ここの「Load Mp3」ボタンをクリックし、MP2 に変換したいファイルを選択します。
    3. 「Bitrate」欄で、作成するMP2 ファイルのビットレートを指定しておきます。
    4. 「Convert It to Mp2」ボタンをクリックします。
    5. コマンドプロンプトが開き、変換が実行されます。
    6. しばらくすると、ファイルが
        C:¥Program Files¥Avi2Dvd¥Programs¥Menu¥Sounds
      内に出力されます。
  5. DVD メニューの作成
    1. 「DVD メニューの作成」ボタンをクリック。
    2. 「Dvd Menu Creator」というウインドウが表示されます。
      まず最初に、左下の「Background Image」ボタンをクリックし、メニュー画面の背景画像を設定します※7
      ※7 背景に使用できる画像は、GIF / BMP。
    3. 次に、その下にある「Background Sound」ボタンをクリックし、メニュー画面のBGM として使用する音声ファイル(MP2)を選択します。
    4. 右から2 番目にある「Add StartButton」をクリックし、スタートボタンを作成します。
      ここでは、スタートボタンの
      • Caption StartButton - リンクテキスト※8
      • Font Name - フォント
      • Font Charset - 文字コード
      • Font Style - フォントのスタイル(太字 / 斜体など)
      • Font Size - フォントサイズ
      • Font Color - フォントカラー
      • BackGround Color - フォントの背景色※9
      • Shadow Color - 影の色
      • Shadow Position - 影の位置
      • Shadow Size - 影の大きさ
      • On Object Selected Color - 選択時の文字色
      • On Object Highlighted Color - ハイライト時の文字色
      を設定することができます。
      ※8 日本語は使用できない模様。
      (フォントを正しく設定しても、縦書きで表示される...)

      ※9 透明(Transparency)にすることもできる。
      全て設定したら、「Add New」ボタンをクリック。
    5. チャプターを打つように設定している場合は、各チャプターへのリンクテキストを追加することもできます。
      その場合は、「Add ChapterButton」ボタンをクリックし、各種設定を行います※10
      ※10 設定できる項目は、スタートボタンの時と同じ。
      尚、最初に作成されたボタンは「チャプター1」へのリンク、次に作成されたボタンは「チャプター2」へリンク... という仕組みになっている。
      「Add ChapterButton」をクリックした後に表示される画面に、リンク先のチャプターが赤字で表示される。
    6. 必要に応じ、
      • Add AudioButton - 音声メニューへのリンク
      • Add SubButton - 字幕メニューへのリンク
      • Add Image - 画像
      • Add Text - テキスト
      を追加することもできます。
    作成したリンクボタンは、クリック → その他の場所をクリック することにより、移動させることができます。

設定が済んだら、画面下部にある「ジョブの追加」ボタンをクリック → 隣の「作業開始」ボタンをクリック →「PROCEED」を選択で変換開始です※11
※11 「作業開始」をクリックすると、「Needed Space」として必要な空き容量が表示される。
ディスクに充分な空きスペースがない場合、「Cancel」をクリックする。

変換が開始されると、外部ソフトがいくつか自動的に立ち上がりますが、こちら側で必要な操作は特にありません※12
※12 複数のファイルを連結して出力する場合で、各ファイルのフレームレートが微妙に異なる場合、「Frame rates of ○○ files differ」というダイアログが表示される。
(その場合、「OK」をクリックし、右下の「Start」ボタンを押せばよい)

しばらく待ち、「Log Window」欄に「All Jobs Done !!!」と表示されたら変換終了です。

変換が完了すると、「ステップ 2」で指定した出力先フォルダに「Avi2dvd_temp」というフォルダが作成され、その中に「DVD」フォルダが出力されます。(DVD に変換した場合)

家庭のDVD プレイヤーでこのデータを再生するには、「DVD」フォルダ内の「VIDEO_TS」、「AUDIO_TS」フォルダを 「ImgBurn」 などの ライティングソフト で焼けばOKです。
(ISO イメージファイルを作成した場合は、イメージファイルを焼けばよい)

尚、この「Avi2Dvd」をVista で使うと、フォントが汚くなる( =「ClearType」が無効になる)ことがあるようです。
これを修正するには、以下のような操作が必要になります。

  1. デスクトップ上で右クリック →「個人設定」を開き、
  2. 「ウインドウの色とデザイン」を選択 →
  3. 一番下にある「詳細な色のオプションを設定するにはクラシック スタイルの ~」というリンクをクリック →
  4. 「デザインの設定」というウインドウが開きます。
    ここの右下にある「効果」ボタンをクリック。
  5. 「次の方法でスクリーン フォントの縁を滑らかにする」にチェックを入れます。
  6. すぐ下にあるプルダウンメニューをクリックし、「ClearType」を選択 →
  7. 「OK」ボタンをクリックし、ウインドウを閉じます。
  8. 最後に、「適用」ボタンをクリックすれば作業完了です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 Avi2Dvd 日本語化パッチ
日本語化工房-KUP

 Avi2Dvd 解説ページ
DVDコピー総合情報のBackupStreet
Avi2Dvd TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト(スクリプト)

 Windows Update MiniTool

「設定」や「コントロールパネル」に代わり、Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 Argente Autorun

不要アイテム自動検出機能も備えたスタートアッププログラム管理ツール

 Zoom for Microsoft Edge

ウェブページの拡大率(表示倍率)を、詳細に調整できるようにする Microsoft Edge 拡張機能

 Dark Skin for Youtube / Dark Theme for YouTube

YouTube の " ダークモード " を、面倒な設定なしで実装できるようにする(ChromeFirefox

 Magical Jelly Bean Wi-Fi password revealer

パソコン内に保存されている Wi-Fi ネットワークのパスワードを、リストに一覧表示

 おすすめフリーソフト
 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

スポンサードリンク

Avi2Dvd を紹介しているページです