VUPlayer

VUPlayer の概要や使い方を紹介しています

VUPlayer を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

シンプルだけど何気に高機能なオーディオプレイヤー!「VUPlayer」。

VUPlayer
制作者 James Chapman
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista

Download

● VUPlayer

シンプルながらも高機能なオーディオプレイヤー。
mp3 / wma / wav / ogg / flac / ape / wv / mp4 / mpc / aiff / midi / cd / mod / mtm / s3m / xm / it / mo3 形式の音声ファイル、mp3 / ogg / wma 形式のストリーミングファイル、vpl / m3u / pls / asx / wax / cue 形式のプレイリスト に対応しています。
フォーマット変換、クロスフェード再生、音の左右バランス調整、ピッチ調整 等の機能が付いています。

「VUPlayer」は、多形式に対応した高機能オーディオプレイヤーです。
インターフェースは割りとシンプルな感じになっていますが、20種類以上の音声ファイルを再生することができ※1、さらには

  • ギャップレス再生※2
  • クロスフェード※3
  • フォーマット変換 / CD コピー※4
  • ピッチ調整
  • タグ編集 (個別ファイルのみ)
  • 10 バンドイコライザー
  • プレイリスト内のファイル検索
  • タイマー再生 / 停止
  • スクリーンセーバー実行時の自動再生
  • freedb からのトラック情報取得
... 等々の便利機能を搭載しています。
※1 オーディオCD 再生は、NT 以降のOS にのみ対応している。
WMA を再生するには 「Windows Media Player」 を、MP4 を再生するには 「QuickTime」 や「QuickTime Alternative」 をインストールしている必要がある。

※2 トラック間のギャップ(無音時間)をスキップして再生する機能。
※3 トラック間を、フェードアウト ~ フェードイン で繋ぎつつ再生する機能。
このクロスフェードと先述のギャップレス再生は、同時に利用することができないので注意。
(クロスフェードを有効にすると、ギャップレス再生が無効になる)

※4 プレイリストに登録したファイルを、WAVE / OGG / FLAC / APE / WMA / WV に変換することができる。
また、プレイリストの外観やホットキーを変更することもできるなど、カスタマイズ性も微妙に高いです。

主な機能には、再生 / 一時停止 / 停止 / トラック送り、シークバーを使っての場面移動... といった基本的なものをはじめ、

  • File Infomation - ファイルのプロパティ表示(兼タグエディタ)
  • Graphic Equalizer - 10 バンドイコライザー
  • Auto Crossfade - オートクロスフェード
  • Random Play - ランダム再生
  • Repeat Track - リピート再生 (トラック)
  • Repeat Playlist - リピート再生 (プレイリスト)
  • Stop at Track End - 現在のトラックを再生し終えたら、再生をストップする
  • Volume Fade Out - フェードアウトする
  • Fade to Next Track - 手動クロスフェード
といったものがあります。
さらに、出力音声の左右バランス調整 / ピッチの変更※5、プレイリスト内のトラック検索※6、常に最前面に表示、フォーマット変換、タイマー再生※7、スクリーンセーバー実行時のバックグラウンド再生※9、freedb からのトラック情報取得※10 等の機能もあり、中々高機能。
※5 を右クリック →「Balance Control」or「Pitch Control」を選択する。
(ボリュームバーが、バランスバー or ピッチ調整バー に切り替わる)

※6 プレイリスト内のファイルを、インクリメンタルサーチで検索することができる。
「Control」→「Jump to Track」から(もしくは、ホットキー “「Ctrl」+「T」” )。

※7 指定した時刻に、プレイリスト内のファイルを自動で再生 or 停止 させる機能。
「Control」→「Timer Playback」を開き、「Start playback ~」欄で再生を開始させる時刻を、「Stop playback ~」欄で、再生を停止させる時刻を指定する。

※8 スクリーンセーバー実行中に、プレイリスト内のファイルを自動で再生させる機能。
「Control」→「Timer Playback」を開き、「Start playback when screen saver is ~」にチェックを入れる。

※9 トラック情報未取得のCD を挿入した際に、freedb からトラック情報を自動 or 手動 で取得してくることができる。
    使い方
  1. 「File」→「Options」→「freedb」タブを開き、「email address」欄に適当なE メールアドレスを入力する。
  2. トラック情報を自動で取得したい場合は、そのまま下部の
    • Automatically query freedb for unrecognized discs
    にチェックを入れる。
  3. トラック情報を手動で取得する場合は、ディスクを挿入した後、CD / DVD ドライブ専用のタブを開き、プレイリスト上で右クリック →「Retrieve Info...」を選択。

ちなみに、ファイルのフォーマット変換は、以下のような手順で行います。

  1. まず、フォーマット変換を行いたいファイルを、プレイリストに追加します。
  2. メニューバー上の「File」から、「Convert Audio」を選択。
  3. 「Convert Audio」というウインドウが表示されます。
    この中から、フォーマット変換を行いたいファイルにチェックを入れておきます。
  4. 「Output Location」欄の「Browse」ボタンをクリックし、変換したファイルの保存先とするフォルダを指定します。
  5. 下の「Output Format」欄で、変換先のフォーマットを選択します。
    この時、隣の「Configure」ボタンを押すことで、ファイルの品質などを設定することもできます。
  6. 最後に、右下にある「Convert」ボタンを押せばOK。

尚、デフォルトのままだと、2 バイト文字を含むファイルのタイトルが (プレイリスト内で) 文字化けしてしまいます。
この文字化けを回避するには、次のようにフォントを変更してやる必要があります。

  1. メニューバー上の「View」→「Playlist Display」→「Font Style」を選択。
  2. フォント設定ウインドウが表示されるので、「MS UI Gothic」や「メイリオ」等、日本語の表示に対応したフォントを選択します。
  3. そのまま、下の方にある「文字セット」を「日本語」に切り替えます。
  4. あとは、「VUPlayer」を再起動させればOK です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の音楽プレイヤー
 AIMP

多機能でありながらも使いやすいオーディオプレイヤー

 foobar2000

カスタマイズ性の高い高機能オーディオプレイヤー

 聞々ハヤえもん

各種音声ファイルの再生速度 / 再生周波数 / 音程 を変更する機能を備えたミュージックプレーヤー

VUPlayer TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Textify

選択&コピーできない場所のテキストを、選択&コピー可能な状態にしてくれる

 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

 tsMuxeR

Blu-ray データを、作成 / 分解 / 編集 することができる

スポンサードリンク

VUPlayer を紹介しているページです