jPortable

jPortable の概要や使い方を紹介しています

jPortable を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

持ち運びも可能なポータブル版のJava ランタイム!「jPortable」。

jPortable
制作者 PortableApps.com
対応 XP/Vista/7/8/10

Download (jPortable )
Download (jPortable Launcher )

● jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境。
システムに Java ランタイムをインストールすることなく、任意の Java アプリケーション( jar ファイル)を実行できるようにしてくれます。

「jPortable」は、Java ランタイム のポータブルエディションです。
USB メモリ等に入れて持ち運ぶことができる Java 実行環境で、システムに Java ランタイムをインストールすることなく Java アプリケーション( jar ファイル)を実行できるようにしてくれます。
Java 実行環境の構築は、管理者権限なしで行えるようになっているので、外出先のパソコン上でも Java の使用が可能となります。
出先のパソコン上で Java 製ツールを使いたい時にはもちろん、Java ランタイムをインストールせずに Java アプリを試してみたい時 などにも便利。
ちなみに、使用の際には「jPortable Launcher」というツールの導入も必要になります。

使い方は以下の通り。

  1. あらかじめ、ダウンロードした のインストーラー二つを、導入先とする場所に移動させておきます※1
    インストール先を選んでください
    ※1 必ずそうしなくてはならないわけではないが、同じ場所に置いておいた方がやりやすい。
    上記スクリーンショットの例では、「jPortable」「jPortable Launcher」の二つを、これから「G:\runtime」というフォルダ内に展開することを想定しています。
  2. まず、「jPortable」のインストーラーを実行します。
  3. インストール途中の「インストール先を選んでください」という画面で、「jPortable」の展開先を指定するのですが、この時「 ~ \CommonFiles\Java」というパス内に展開するようにしてください。
    (デフォルトでそのようになっているので、そこの部分は変えないようにする)
    インストール先を選んでください
    尚、64 bit 版の「jPortable」をインストールする時は、展開先が「 ~ CommonFiles\Java64」になります。
  4. 次に、「jPortable Launcher」のインストールを行います。
    この「jPortable Launcher」は、先ほど生成された「CommonFiles」フォルダと同じ階層に展開するようにしてください。
  5. 「jPortable」と「jPortable Launcher」のインストールが完了したら、
    • 「CommonFiles」フォルダ
    • 「JavaPortableLauncher」フォルダ(「JavaPortableLauncher64」フォルダ)
    の二つが、同じ階層にあることを確認してください。
    インストール先を選んでください
  6. これで導入完了です。
    Java アプリケーションを実行したくなったら、「JavaPortableLauncher」フォルダ内にある「JavaPortableLauncher.exe」を実行します。
    64bit 版の「jPortable Launcher」をインストールした場合は、「JavaPortableLauncher64」フォルダ内にある「JavaPortableLauncher.exe」を実行します。
  7. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、実行したい jar ファイルを選択します。
  8. すると、選択していた Java アプリケーションが起動します。

今後「jPortable」のアップデートを行う時は、

  1. 最新版の「jPortable」をダウンロード
  2. 既存のインストール先フォルダ(「 ~ \CommonFiles\Java」「 ~ \CommonFiles\Java64」)に、上書きインストール
を行ってください。
一方、「jPortable」のアンインストールを行う時は、
  • 「CommonFiles」フォルダ
  • 「JavaPortableLauncher」フォルダ(「JavaPortableLauncher64」フォルダ)
の二つを削除してください。

その他、Java ランタイムが必要なポータブルアプリ(「LibreOffice Portable」など)を使う場合、該当のアプリケーションは「CommonFiles」フォルダと同じ階層か、「CommonFiles」フォルダより下の階層に展開してください。

インストール先を選んでください
インストール先を選んでください
「CommonFiles」フォルダより上のフォルダに配置してしまうと、導入した Java ランタイム(「jPortable」)を認識してくれず、アプリ実行時にエラーが出るので注意が必要です。
インストール先を選んでください

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
jPortable TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 MediBang Paint Pro

高機能かつ使いやすいイラスト&マンガ制作ソフト

 LosslessCut

動画や音声ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 Quiet on the Set

システム音量に “ 上限値 ” を設定できるようにするソフト

 特に感動した / 気に入ったフリーソフト in 2016

2016 年に紹介したフリーソフトの中から、“ 特に感動した / 気に入った ” ものを 30 本紹介

 おすすめフリーソフト
 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

スポンサードリンク

jPortable を紹介しているページです。