EVEREST Home Edition

EVEREST の概要や使い方を紹介しています

EVEREST を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

パソコンの詳細情報を、まとめて確認することができる!「EVEREST Home Edition」。

EVEREST Home Edition
制作者 Lavalys Inc.
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download (ミラー)

● EVEREST Home Edition

PC に搭載されているソフトウェア&ハードウェア の詳細情報を、ジャンル別にツリー表示してくれるソフト。
OS、サービスパックのバージョン、コンピュータ名、CPU / マザーボード / ハードディスク / メモリ / BIOS / CD・DVD ドライブ / モニタ / ビデオカード / サウンドカード / ネットワークアダプタ / DirectX / OpenGL / プリンタ... 等々のソフトウェア&ハードウェア情報を、事細かに調査することができます。
情報をテキストファイルに書き出す機能や、S.M.A.R.T、メモリベンチマーク 等の機能も付いています。

「EVEREST Home Edition」は、様々な情報の表示に対応したシステムインフォメーションツールです。
システムにインストールされている OS / DirectX / OpenGL の詳細情報や、現在接続されているハードウェアの詳細情報を、ジャンル別にツリー形式で表示してくれる... というシステム情報分析ツールです。
表示された情報は、クリップボードにコピーしたり、テキストファイルに書き出したりすることができるほか、メール送信したり印刷したりすることも可能となっています。
加えて、メモリの読み書き速度 / 反応速度 をベンチマークしたり、S.M.A.R.T※1 を利用してパソコンの問題点を確認したりする機能も付いています。
※1 " Self-Monitoring Analysis And Reporting Technology " の略語。
ハードディスクによる自己診断機能のこと。

この「EVEREST Home Edition」で調査できる情報は、大きく 8 つのカテゴリに分けられています。
それぞれのカテゴリでは、以下のような情報を確認できるようになっています※2
※2 OS がVista / 7 / 8 の場合、「everest.exe」を 管理者として実行 する。

コンピュータ
  • 要約
  • DMI
  • オーバークロック
マザーボード
  • CPU
  • CPUID
  • マザーボード
  • メモリ
  • SPD
  • チップセット
  • BIOS
ディスプレイ
  • デスクトップ
  • マルチモニタ
  • OpenGL

マルチメディア
  • サウンドカード
  • PCI / プラグアンドプレイオーディオ
ストレージ
  • ASPI
  • ATA
  • S.M.A.R.T

ネットワーク
  • ネットワークアダプタ
  • PCI / プラグアンドプレイ ネットワーク
DirectX
  • DirectX Video
  • DirectX Sound
  • DirectX Music
  • DirectX Input
デバイス
  • Windows デバイス
  • 物理デバイス
  • PCI デバイス
  • デバイスリソース
  • 入力デバイス
  • プリンタ

表示された情報は、右クリック →「コピー」からクリップボードにコピーすることができます。
さらに、ツリー上で任意の項目を右クリック →「クイックレポート」→ TXT / HTML / MHTML を選択することで、該当項目に関する情報をテキストにまとめられるようにもなっています※3
(ツリーのルート「EVEREST」からクイックレポートを作成すると、全ての情報を書き出すことができる)
※3 メニューバー上の「レポート」→「レポートウィザード」から、複数項目のレポートを作成することも可能。
ちなみに、レポート画面 上では、情報をメール送信したり印刷したりすることができます。

そのほか、メモリの読み書き速度(リード / ライト)、反応速度(レイテンシ)をベンチマークする機能や、ツリー配下のサブ項目を「お気に入り」として登録する機能※4、「EVEREST」を「コントロール パネル」内に組み込む機能※5 なども付いています。
※4 「お気に入り」に登録した項目は、画面左上の「お気に入り」タブからアクセスできるようになる。
※5 メニューバー上の「ファイル」から「設定」を開き、左メニュー内の「一般」を選択 → 右上にある「コントロール パネルに EVEREST を表示する」にチェックを入れる。

英語のソフトですが、「File」→「Preferences」から「Japanese」を選択することにより、日本語で使用できるようになります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のシステムインフォメーションツール
 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

 ProduKey

Windows / MS Office 等々、各種 MS 製品のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 ExperienceIndexOK

Windows 8.1 / Windows 10 上でも使えるWindows エクスペリエンスインデックスツール

EVEREST TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 Mouse without Borders

マウス / キーボード を、複数のPC 間で共有

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 MediBang Paint Pro

高機能かつ使いやすいイラスト&マンガ制作ソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

EVEREST を紹介しているページです