EVEREST Home Edition

EVEREST の概要や使い方を紹介しています

EVEREST を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

パソコンの詳細情報を、まとめて確認することができる!「EVEREST Home Edition」。

EVEREST Home Edition
制作者 Lavalys Inc.
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download (ミラー)

● EVEREST Home Edition

PC に搭載されているソフトウェア&ハードウェア の詳細情報を、ジャンル別にツリー表示してくれるソフト。
OS、サービスパックのバージョン、コンピュータ名、CPU / マザーボード / ハードディスク / メモリ / BIOS / CD・DVD ドライブ / モニタ / ビデオカード / サウンドカード / ネットワークアダプタ / DirectX / OpenGL / プリンタ... 等々のソフトウェア&ハードウェア情報を、事細かに調査することができます。
情報をテキストファイルに書き出す機能や、S.M.A.R.T、メモリベンチマーク 等の機能も付いています。

「EVEREST Home Edition」は、様々な情報の表示に対応したシステムインフォメーションツールです。
システムにインストールされている OS / DirectX / OpenGL の詳細情報や、現在接続されているハードウェアの詳細情報を、ジャンル別にツリー形式で表示してくれる... というシステム情報分析ツールです。
表示された情報は、クリップボードにコピーしたり、テキストファイルに書き出したりすることができるほか、メール送信したり印刷したりすることも可能となっています。
加えて、メモリの読み書き速度 / 反応速度 をベンチマークしたり、S.M.A.R.T※1 を利用してパソコンの問題点を確認したりする機能も付いています。
※1 " Self-Monitoring Analysis And Reporting Technology " の略語。
ハードディスクによる自己診断機能のこと。

この「EVEREST Home Edition」で調査できる情報は、大きく 8 つのカテゴリに分けられています。
それぞれのカテゴリでは、以下のような情報を確認できるようになっています※2
※2 OS がVista / 7 / 8 の場合、「everest.exe」を 管理者として実行 する。

コンピュータ
  • 要約
  • DMI
  • オーバークロック
マザーボード
  • CPU
  • CPUID
  • マザーボード
  • メモリ
  • SPD
  • チップセット
  • BIOS
ディスプレイ
  • デスクトップ
  • マルチモニタ
  • OpenGL

マルチメディア
  • サウンドカード
  • PCI / プラグアンドプレイオーディオ
ストレージ
  • ASPI
  • ATA
  • S.M.A.R.T

ネットワーク
  • ネットワークアダプタ
  • PCI / プラグアンドプレイ ネットワーク
DirectX
  • DirectX Video
  • DirectX Sound
  • DirectX Music
  • DirectX Input
デバイス
  • Windows デバイス
  • 物理デバイス
  • PCI デバイス
  • デバイスリソース
  • 入力デバイス
  • プリンタ

表示された情報は、右クリック →「コピー」からクリップボードにコピーすることができます。
さらに、ツリー上で任意の項目を右クリック →「クイックレポート」→ TXT / HTML / MHTML を選択することで、該当項目に関する情報をテキストにまとめられるようにもなっています※3
(ツリーのルート「EVEREST」からクイックレポートを作成すると、全ての情報を書き出すことができる)
※3 メニューバー上の「レポート」→「レポートウィザード」から、複数項目のレポートを作成することも可能。
ちなみに、レポート画面 上では、情報をメール送信したり印刷したりすることができます。

そのほか、メモリの読み書き速度(リード / ライト)、反応速度(レイテンシ)をベンチマークする機能や、ツリー配下のサブ項目を「お気に入り」として登録する機能※4、「EVEREST」を「コントロール パネル」内に組み込む機能※5 なども付いています。
※4 「お気に入り」に登録した項目は、画面左上の「お気に入り」タブからアクセスできるようになる。
※5 メニューバー上の「ファイル」から「設定」を開き、左メニュー内の「一般」を選択 → 右上にある「コントロール パネルに EVEREST を表示する」にチェックを入れる。

英語のソフトですが、「File」→「Preferences」から「Japanese」を選択することにより、日本語で使用できるようになります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のシステムインフォメーションツール
 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

 ProduKey

Windows / MS Office 等々、各種 MS 製品のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 ExperienceIndexOK

Windows 8.1 / Windows 10 上でも使えるWindows エクスペリエンスインデックスツール

EVEREST TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Pasteasy

パソコン ⇔ iPhone / iPad / Android 間で、クリップボードの中身を共有

 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

スポンサードリンク

EVEREST を紹介しているページです