VistaGlazz

VistaGlazz の概要や使い方を紹介しています

VistaGlazz を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows Vista / 7 の Visual Style を変更する!「VistaGlazz」。

VistaGlazz
制作者 CodeGazer
対応 Vista/7

Download (ミラー : US / EU )
Download (ミラー : FreewareFiles )

● VistaGlazz

Windows Vista / 7 上で、非公式のVisual Style(視覚スタイル)を利用できるようにするソフト。
Aero / ベーシック / クラシック / スタンダード / ハイコントラスト... といった標準の Visual Style だけではなく、様々なサイト上で配布されている各種 Visual Style( msstyles ファイル)を、自分のパソコン上でも利用できるようにしてくれます。
変更した Visual Style を、元に戻す復元機能も付いています。

「VistaGlazz」は、Windows Vista / 7 上で任意のVisual Style を利用できるようにするソフトです。
“ Windows クラシック / スタンダード / ベーシック / Aero ” といった、標準の Visual Style だけではなく、各種素材サイト等で配布されているサードパーティのVisual Style も、自由に適用できるようにしてくれます。
操作は超簡単に行うことができ、またいつでも元の状態に戻せるようになっています※1
※1 ただし、システムファイルを変更するソフトなので、不安な人は使用しない方がいいかもしれません。

使い方は以下の通り。
「VistaGlazz」は、Windows XP にも対応しています。
しかし、Visual Style の適用方法が異なるので、ここではVista / 7 についてのみ言及しています。
OS がXP の場合は 「UXTender」 を参照して下さい。

    インストール時の注意
  1. インストールの途中で、外部ツールのインストーラー が立ち上がります。
    これらはインストールする必要ないものなので、すべてのチェックを外して「Decline」ボタンをクリックしてください。
    (おそらく、外部ツールのインストーラーは 2 回立ち上がります)
    導入
  1. 「VistaGlazz.exe」を実行します。
  2. 「自己責任で使用してください」というような内容のダイアログ が表示されるので、右下の「I agree (わかりました)」ボタンをクリック※2
    ※2 このボタンを押した後、上記スクリーンショットのようなメイン画面が表示されず、 パソコンの再起動を促す画面 しか表示されない場合、以下のような処理を行う必要がある.
    1. 「C:¥Windows¥System32」内にある
      • uxtheme.dll.vgorg
      • themeui.dll.vgorg
      • shsvcs.dll.vgorg
      を、一時的に他のフォルダへと移す。
    2. パソコンを再起動させる。
    3. 再度「VistaGlazz.exe」を実行する。
    その後、下記の処理を正常に行えるようになったら、他のフォルダへと移動させておいた
    「uxtheme.dll.vgorg」「themeui.dll.vgorg」「shsvcs.dll.vgorg」を削除する。
  3. 一番左の Shows the status of your System DLLs をクリックします。
  4. 「Your system files are in their original state, ~ 」という画面が表示されるので、右下の「Patch files」ボタンをクリックします。
  5. システムの再起動を促すダイアログが表示されます。
    そのまま、右下の「Reboot」ボタンをクリックします。
  6. Windows が再起動します。
    Visual Style の入手&適用( Vista の場合)
    Windows 7 の場合
  1. deviantART などのサイトで、任意の Visual Style を入手してきます。
  2. 入手したファイルを 解凍 し、「○○.msstyles」という拡張子のファイル(視覚スタイル)が入っているフォルダを、そのまま「C:¥Windows¥Resources¥Themes」内に移します。
  3. 「C:¥Windows¥Resources¥Themes¥今持ってきたフォルダ直下に、
    • 「○○.msstyles」
    • 「Shell」(フォルダ)
    • 「en-US」(フォルダ)
    の三アイテムがくるようにしておきます。
  4. 「C:¥Windows¥Resources¥Themes¥さっき持ってきたフォルダの名前」と
    ここの名前.msstyles」が異なる場合は、同一になるようにどちらかをリネームしておきます。
  5. フォルダ内にある「○○.msstyles」ファイルをダブルクリック。
  6. 「デザインの設定」という画面が表示されます。
    ここの「配色」欄で、変更先の視覚スタイルを選択します※2
    ※2 ほとんど視覚スタイルは、 “「Windows Aero」&「Windows Vista ベーシック」” という同じ名前で登録されるため、どれがどれなのか見分けづらいので注意。
    (プレビュー画面の ウインドウ枠 / ボタン / スクロールバー 等を見て判断する)
    各「○○.msstyles」が、逆アルファベット順?に並んでいるのかもしれません。
  7. あとは、下部の「OK」ボタンを押すだけ。
    Visual Style の入手&適用( Windows 7 の場合)
  1. deviantART などのサイトで、Windows 7 用のテーマを入手してきます。
  2. 入手したファイルを 解凍 し、
    • 「.theme」という拡張子のファイル
    • 「.msstyles」という拡張子のファイルと、「Shell」というフォルダが入っているフォルダ※3
    を、「C:¥Windows¥Resources¥Themes」内に移します。
    (その他にもファイル / フォルダ が入っている場合があるが、それらは必須なものではない)
    ※3 このフォルダ内には、「en-US」「Wallpaper」「Cursors」などのフォルダが入っていることもある。
    この時、「.theme」ファイル、および 「.msstyles」の入っているフォルダは、
    「C:¥Windows¥Resources¥Themes」直下にくるようにします。
    たとえば、「Soft7」 というテーマを導入する場合、このような状態 になります。
  3. 今一度、「C:¥Windows¥Resources¥Themes¥今持ってきたフォルダ直下に、
    • 「○○.msstyles」
    • 「Shell」(フォルダ)
    の二つがあるかどうか確認します。
    (「en-US」「Wallpaper」「Cursors」等のフォルダがある場合は、あるままでOK )
    先の「Soft7」テーマで言うと、このような感じ です。
  4. 「C:¥Windows¥Resources¥Themes」内にもってきた「.theme」ファイルをダブルクリック。
  5. すると、「個人設定」画面が表示され、テーマの変更が行われます。
    これで、作業は完了です※4
    ※4 「.theme」をクリックしても何も変わらない時は、「.theme」ファイルを テキストエディタ で開き、
      [VisualStyles]
      Path= ~ ¥.msstyles
    の部分が、正しいパスになっているかどうか確認する。
    例えば、msstyles ファイルの名前、msstyles ファイルの入っているフォルダ名 が間違っていたら、正しいものに修正する。
  6. テーマを変更して文字化けが発生したら、次のような手順でフォントの変更を行います。
    1. デスクトップ上で右クリックし、「個人設定」を選択。
    2. 画面下部にある「ウインドウの色」をクリック。
    3. 次の画面の下の方にある「デザインの詳細設定」というリンクをクリックします。
    4. 「ウインドウの色とデザイン」という画面が表示されます。
      この画面の「指定する部分」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、文字化けが発生している箇所を選択します。
    5. 左下の「フォント」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、日本語表示に対応したフォントを選択します。
      (「メイリオ」「MS UI Gothic」など)
    6. あとは、画面下部の「OK」ボタンを押せば作業完了です。
    元の状態に戻す
    単に元のAero やクラシックスタイルに戻したいだけであれば、デスクトップ上で右クリック → 「個人設定」→「テーマ」から、元のテーマを選択すればOK です。
  1. 「VistaGlazz.exe」を実行します。
  2. 一番左の Shows the status of your System DLLs をクリックします。
  3. 「Your system files are patched, use the button to ~ 」という画面が表示されるので、右下の「Unpatch files」ボタンをクリック。
  4. システムの再起動を促すダイアログが表示されます。
    そのまま、右下の「Reboot」ボタンをクリック。
  5. Windows が再起動します。
  6. これで、サードパーティのVisual Style を適用できない状態に戻っています。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
VistaGlazz TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 Quiet on the Set

システム音量に “ 上限値 ” を設定できるようにするソフト

 特に感動した / 気に入ったフリーソフト in 2016

2016 年に紹介したフリーソフトの中から、“ 特に感動した / 気に入った ” ものを 30 本紹介

 おすすめフリーソフト
 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 Screen To Gif

デスクトップ上の動作風景を、GIF アニメ / MP4 / AVI / WMV / WebM として録画

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

スポンサードリンク

VistaGlazz を紹介しているページです