VistaGlazz

VistaGlazz の概要や使い方を紹介しています

VistaGlazz を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows Vista / 7 の Visual Style を変更する!「VistaGlazz」。

VistaGlazz
制作者 CodeGazer
対応 Vista/7

Download (ミラー : US / EU )
Download (ミラー : FreewareFiles )

● VistaGlazz

Windows Vista / 7 上で、非公式のVisual Style(視覚スタイル)を利用できるようにするソフト。
Aero / ベーシック / クラシック / スタンダード / ハイコントラスト... といった標準の Visual Style だけではなく、様々なサイト上で配布されている各種 Visual Style( msstyles ファイル)を、自分のパソコン上でも利用できるようにしてくれます。
変更した Visual Style を、元に戻す復元機能も付いています。

「VistaGlazz」は、Windows Vista / 7 上で任意のVisual Style を利用できるようにするソフトです。
“ Windows クラシック / スタンダード / ベーシック / Aero ” といった、標準の Visual Style だけではなく、各種素材サイト等で配布されているサードパーティのVisual Style も、自由に適用できるようにしてくれます。
操作は超簡単に行うことができ、またいつでも元の状態に戻せるようになっています※1
※1 ただし、システムファイルを変更するソフトなので、不安な人は使用しない方がいいかもしれません。

使い方は以下の通り。
「VistaGlazz」は、Windows XP にも対応しています。
しかし、Visual Style の適用方法が異なるので、ここではVista / 7 についてのみ言及しています。
OS がXP の場合は 「UXTender」 を参照して下さい。

    インストール時の注意
  1. インストールの途中で、外部ツールのインストーラー が立ち上がります。
    これらはインストールする必要ないものなので、すべてのチェックを外して「Decline」ボタンをクリックしてください。
    (おそらく、外部ツールのインストーラーは 2 回立ち上がります)
    導入
  1. 「VistaGlazz.exe」を実行します。
  2. 「自己責任で使用してください」というような内容のダイアログ が表示されるので、右下の「I agree (わかりました)」ボタンをクリック※2
    ※2 このボタンを押した後、上記スクリーンショットのようなメイン画面が表示されず、 パソコンの再起動を促す画面 しか表示されない場合、以下のような処理を行う必要がある.
    1. 「C:¥Windows¥System32」内にある
      • uxtheme.dll.vgorg
      • themeui.dll.vgorg
      • shsvcs.dll.vgorg
      を、一時的に他のフォルダへと移す。
    2. パソコンを再起動させる。
    3. 再度「VistaGlazz.exe」を実行する。
    その後、下記の処理を正常に行えるようになったら、他のフォルダへと移動させておいた
    「uxtheme.dll.vgorg」「themeui.dll.vgorg」「shsvcs.dll.vgorg」を削除する。
  3. 一番左の Shows the status of your System DLLs をクリックします。
  4. 「Your system files are in their original state, ~ 」という画面が表示されるので、右下の「Patch files」ボタンをクリックします。
  5. システムの再起動を促すダイアログが表示されます。
    そのまま、右下の「Reboot」ボタンをクリックします。
  6. Windows が再起動します。
    Visual Style の入手&適用( Vista の場合)
    Windows 7 の場合
  1. deviantART などのサイトで、任意の Visual Style を入手してきます。
  2. 入手したファイルを 解凍 し、「○○.msstyles」という拡張子のファイル(視覚スタイル)が入っているフォルダを、そのまま「C:¥Windows¥Resources¥Themes」内に移します。
  3. 「C:¥Windows¥Resources¥Themes¥今持ってきたフォルダ直下に、
    • 「○○.msstyles」
    • 「Shell」(フォルダ)
    • 「en-US」(フォルダ)
    の三アイテムがくるようにしておきます。
  4. 「C:¥Windows¥Resources¥Themes¥さっき持ってきたフォルダの名前」と
    ここの名前.msstyles」が異なる場合は、同一になるようにどちらかをリネームしておきます。
  5. フォルダ内にある「○○.msstyles」ファイルをダブルクリック。
  6. 「デザインの設定」という画面が表示されます。
    ここの「配色」欄で、変更先の視覚スタイルを選択します※2
    ※2 ほとんど視覚スタイルは、 “「Windows Aero」&「Windows Vista ベーシック」” という同じ名前で登録されるため、どれがどれなのか見分けづらいので注意。
    (プレビュー画面の ウインドウ枠 / ボタン / スクロールバー 等を見て判断する)
    各「○○.msstyles」が、逆アルファベット順?に並んでいるのかもしれません。
  7. あとは、下部の「OK」ボタンを押すだけ。
    Visual Style の入手&適用( Windows 7 の場合)
  1. deviantART などのサイトで、Windows 7 用のテーマを入手してきます。
  2. 入手したファイルを 解凍 し、
    • 「.theme」という拡張子のファイル
    • 「.msstyles」という拡張子のファイルと、「Shell」というフォルダが入っているフォルダ※3
    を、「C:¥Windows¥Resources¥Themes」内に移します。
    (その他にもファイル / フォルダ が入っている場合があるが、それらは必須なものではない)
    ※3 このフォルダ内には、「en-US」「Wallpaper」「Cursors」などのフォルダが入っていることもある。
    この時、「.theme」ファイル、および 「.msstyles」の入っているフォルダは、
    「C:¥Windows¥Resources¥Themes」直下にくるようにします。
    たとえば、「Soft7」 というテーマを導入する場合、このような状態 になります。
  3. 今一度、「C:¥Windows¥Resources¥Themes¥今持ってきたフォルダ直下に、
    • 「○○.msstyles」
    • 「Shell」(フォルダ)
    の二つがあるかどうか確認します。
    (「en-US」「Wallpaper」「Cursors」等のフォルダがある場合は、あるままでOK )
    先の「Soft7」テーマで言うと、このような感じ です。
  4. 「C:¥Windows¥Resources¥Themes」内にもってきた「.theme」ファイルをダブルクリック。
  5. すると、「個人設定」画面が表示され、テーマの変更が行われます。
    これで、作業は完了です※4
    ※4 「.theme」をクリックしても何も変わらない時は、「.theme」ファイルを テキストエディタ で開き、
      [VisualStyles]
      Path= ~ ¥.msstyles
    の部分が、正しいパスになっているかどうか確認する。
    例えば、msstyles ファイルの名前、msstyles ファイルの入っているフォルダ名 が間違っていたら、正しいものに修正する。
  6. テーマを変更して文字化けが発生したら、次のような手順でフォントの変更を行います。
    1. デスクトップ上で右クリックし、「個人設定」を選択。
    2. 画面下部にある「ウインドウの色」をクリック。
    3. 次の画面の下の方にある「デザインの詳細設定」というリンクをクリックします。
    4. 「ウインドウの色とデザイン」という画面が表示されます。
      この画面の「指定する部分」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、文字化けが発生している箇所を選択します。
    5. 左下の「フォント」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、日本語表示に対応したフォントを選択します。
      (「メイリオ」「MS UI Gothic」など)
    6. あとは、画面下部の「OK」ボタンを押せば作業完了です。
    元の状態に戻す
    単に元のAero やクラシックスタイルに戻したいだけであれば、デスクトップ上で右クリック → 「個人設定」→「テーマ」から、元のテーマを選択すればOK です。
  1. 「VistaGlazz.exe」を実行します。
  2. 一番左の Shows the status of your System DLLs をクリックします。
  3. 「Your system files are patched, use the button to ~ 」という画面が表示されるので、右下の「Unpatch files」ボタンをクリック。
  4. システムの再起動を促すダイアログが表示されます。
    そのまま、右下の「Reboot」ボタンをクリック。
  5. Windows が再起動します。
  6. これで、サードパーティのVisual Style を適用できない状態に戻っています。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
VistaGlazz TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 HandBrake

DVD / Blu-ray 等の動画を、MP4 / MKV に変換

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 KillKeys

指定したキーを、無効化してくれるソフト

 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

スポンサードリンク

VistaGlazz を紹介しているページです