CollageIt

CollageIt の概要や使い方を紹介しています

CollageIt を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

ハイクオリティな寄せ集め画像を作る!「CollageIt」。

CollageIt
制作者 PearlMountainSoft.com
対応 2000/XP/Vista/7/8

Download

● CollageIt

複数枚の画像を、バラバラに並べた or 綺麗に敷き詰めた ような感じの寄せ集め画像を作成できるソフト.
素材画像を選択 → 出来上がり内容をプレビューして確認 →「保存」を行う... これだけで、画像が適当に
混ぜ合わされた or ぴったり敷き詰められた ような感じの寄せ集め画像を作成することができます。
出力画像のサイズを指定する機能や、コラージュ画像の背景を設定する機能、素材画像を回転させて
混ぜ合わせる機能、素材の散在率を設定する機能、素材に影 / 枠 を追加する機能 などが付いています.

「CollageIt」は、写真を並べたり敷き詰めたりしたような感じの “ 寄せ集め画像 ” を作成できるソフトです。

  1. テンプレート (画像の並べ方) を選択
  2. 素材画像を選択
  3. 出来上がり内容をプレビュー
  4. 「保存」ボタンを押す
この 4 ステップだけで、クオリティの高いコラージュ画像を生成することができます※1
※1 サンプルページ
見た目も機能も 「Shape Collage」 というソフトに似ていますが、こちらは素材画像が適当に※2 トリミング
された状態で混ぜ合わされるところが特徴的。
※2 どうも、顔判定機能がある?っぽい。
(顔、およびそれに順ずる部分を中心にトリミングされたりする)

機能はほとんど自動化されているため、特に何も考えないでも使えるようになっています。
(その一方、設定を一つ一つ手動で行うこともできる)
記念写真なんかを元にして、思い出コラージュを作ったりすると面白いと思います。
対応しているフォーマットは、入力が BMP / JPG / GIF / PNG / TGA / TIFF で、出力が BMP / GIF /
JPG / PNG / TIFF / PDF / PSD。
尚、フリー版には、
  • 出力画像の最大サイズ = 2000 x 2000 px まで
  • 出力画像の右下に、ウォーターマークが合成される
という機能制限があるので注意。

使い方は以下のとおりです。
ものすごく簡単に使うこともできますが、このページでは各種設定を手動で行う方法を紹介しています。
不要な部分は飛ばしてOK です。
ちなみに、素材画像のサイズは不問です。
(出力画像のサイズに合わせて、自動でリサイズされる)
コラージュ画像の背景に手持ちの画像を使用したい場合は、目的の画像ファイルを
「C:¥Program Files¥CollageIt¥background¥tile」内にコピーしておいて下さい。

  1. 「CollageIt.exe」を実行します。

  2. 画像の並べ方を決める
  3. 最初に 「テンプレートの選択」というダイアログ が表示されます。
    ここで、素材画像をどのようなかたちに並べるのかを選択し、右下の「選択」ボタンをクリックします.

  4. 出力画像のサイズを設定
  5. メイン画面 が表示されます。
    最初に、左下の「ページ設定」ボタンをクリック。
  6. 「コラージュパネル設定」という画面 が表示されます。
    左上の「事前設定」欄にあるプルダウンメニューをクリックし、出力画像のサイズを選択します。
    プリセットは色々と用意されていますが、出力サイズを自分で指定したい場合は「カスタマイズ」を
    選択し、下の「幅」「高さ」欄、および「DPI」欄で画像サイズを設定します。
    (「幅」/「高さ」の単位は、ピクセル / mm / インチ の中から選べる)
    「カスタマイズ」以外のプリセットを選択した場合は、下の「方向」欄で画像の向きを指定して
    おきます。
  7. 設定が終わったら、右下の「OK」ボタンをクリック。

  8. 台紙(背景)を設定
  9. 次に、「ページ設定」ボタンの右側にある「背景」ボタンをクリック。
  10. 「背景」という画面 が表示されます。
    ここで、コラージュ画像の台紙(背景)を設定します。
    背景は、「ソリッド(単色)」、「グラデーション」、「画像」のいずれかを選択できるように
    なっています。
    「ソリッド」や「グラデーション」を選択した場合は、下にあるプルダウンメニューをクリック →
    背景として使う色を選択します。
    「画像」を選択した場合は、隣にある「ロード」ボタンをクリック → 使用する画像を選択して
    「OK」ボタンを押し、適宜オプション設定を行っておきます※4
    ※4 画像の表示方法(タイル / 中央表示 / ストレッチ / 伸縮裁断)、画像の不透明度。
  11. 設定が終わったら、右下の「OK」ボタンをクリック。

  12. 素材画像の読み込み
  13. 画面左下の「追加」ボタンをクリック。
  14. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、素材として使う画像ファイルを選択します。
  15. 画像を選択すると、それらが画面左のリストに追加されます。
    もし画像を間違って読み込んでしまった場合は、該当のものをクリック → 下の「削除」ボタンを
    押します。
    (「クリア」を押すと、全て消去される)

  16. 画像の設定
  17. 画面右側の欄で、画像の配置方法などを設定します。
  18. まず最初に「レイアウト」欄で、素材画像を何枚使用するのか指定します。
    通常は「すべての写真を使う」にチェックを入れればOK ですが、必要に応じてこのチェックを外し、
    下の「○ 写真」欄で画像の使用枚数を設定します※5
    ※5 素材画像の枚数より多い枚数を指定した場合、素材画像はダブッて表示される。
  19. 下の「スペース」「マージン」欄で、素材間のスペース、そして縁のサイズ※6 を設定します。
    ※6 コラージュ画像の端から、素材画像までの空白サイズ。
  20. 中段の「回転」欄で、素材画像の最大回転率を設定します。
    ここで「自動回転」にチェック → 下のスライダーを右にドラッグすると、その分だけ素材画像を
    回転させられるようになっています。
  21. 下の「スパース」欄で、素材のバラつき率を設定します。
    ここの数値が高いほど、素材は散らばって表示されます。
  22. 画面右上の 「写真」タブ を開き、
    • フレームを有効にする - 素材画像に、枠を付ける
      • 色 - フレームの色
      • 幅 - フレームの太さ
    • 影を有効にする - 素材画像に、影を付ける
    といったオプション設定を行います。
  23. 画面右下の「シャッフル」ボタンをクリックし、画像の配置を行います。
    設定内容は同じでも、「シャッフル」ボタンを押す度に出来上がり内容が変わります。
  24. 納得のいく仕上がりになったら「エクスポート」ボタンを押します。
  25. 「エクスポート」という画面 が表示されます。
    ここの「フォーマ」欄で出力画像のフォーマットを選択し、右下の「エクスポート」ボタンをクリック。
  26. プロ版へのアップグレードを促すダイアログ が表示されるので、画面右下の「続行する」ボタンを
    クリックします。
  27. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
    あとは、ファイルの保存先フォルダ&名前 を指定すればOK です。

トップ文書・画像・HP作成画像分割・結合・合成 CollageIt TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Macrium Reflect Free Edition
指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 Everything
超高速なファイル検索ソフト

 TrueCrypt
秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 MDIE
スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 LinuxLive USB Creator
Linux 系OS のライブUSB を作成

 COMODO Firewall
高機能なファイアウォール

 新着フリーソフト
 Wise System Monitor
高機能なシステムモニターツール
 RSS Feed Icon in Navbar
ナビゲーションバー上から、“ フィードの購読 ” を行えるようにする Firefox アドオン
 Firewall App Blocker
指定したアプリケーションの通信を、全自動でブロックできるようにするソフト
 PdfTrick
PDF 内の画像をサムネイル一覧で表示し、その中から任意のものを抽出
 UAC Trust Pal
管理者権限が必要なソフトを、Windows 起動時に警告なしで自動実行させる
 Fake Vedio AD (Firefox )
あらゆるWeb ページ上で、動画や音楽を視聴できるようにする
スポンサード リンク

CollageIt を紹介しているページです