Sqirlz Morph

Sqirlz Morph の概要や使い方を紹介しています

Sqirlz Morph を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

画像が徐々に変形していく特殊なアニメーション動画を作成!「Sqirlz Morph」。

Sqirlz Morph
制作者 Xiberpix
対応 Me/2000/XP/Vista

Download (ミラー)

● Sqirlz Morph

画像、または動画ファイルを元に、“ モーフィングアニメーション ” を生成してくれるソフト。
一枚の画像が、だんだん別の画像へと変化していくアニメーション動画 “ モーフィングアニメ ” を、簡単な操作で作成することができます。
画像内の指定した物体が、他の地点へとワープしていくタイプのアニメも作ることができます。
作成したアニメーション動画は、AVI / SWF / GIF 形式のファイルとして保存することができます。

「Sqirlz Morph」は、モーフィングアニメーション作成ツールです。
2 枚以上のBMP / JPG ファイル、またはAVI 形式の動画ファイルを用いて、画像がフェードイン / アウトしながら、少しずつ他の画像へと変形していく「モーフィングアニメーション」を作成することができるソフトです。
素材には複数枚の画像を使用することができるので、「A からB へ」といった単純なものだけではなく、アイデア次第ではストーリー性を感じさせる大作?も作ることができるかと思います。
ちなみに、単一の画像 / 動画ファイル内にある任意のオブジェクトが、少しずつ他の地点へと移動していく “ ワープタイプ ” のモーフィングアニメを作る機能もあります。

基本的な使い方は以下の通り。

    モーフ 編
  1. まず、素材とする画像ファイルをメインウインドウにドラッグ&ドロップします※1
    (AVI ファイルを読み込む際は、「File」→「AVI Open」から)
    ※1 素材画像 / 動画は、全て同じ縦 × 横サイズである必要がある。
    事前にサイズを揃えておくのが好ましいが、「Image」→「Equalize Sizes」からでも一括リサイズを行うことができる。
    (この場合、「選択状態にないファイル」が、「選択状態にあるファイル」のサイズに統一される)
    読み込んだファイルにAVI が存在する場合は、AVI ファイルが基準ファイルになる。
  2. 「Window」→「Tile/Untile」を選択し、読み込んだファイルをタイル状に並べておきます。
    (必須ではないが、こうしておくと今後操作を進めやすくなる)
  3. 「Image」→「Animation order」を選択し、アニメーションさせる画像の順番を調整します。
  4. メイン画面に戻り、アニメーションの最初に表示させたい画像をクリックします。
  5. 「Control Points」→「Add」を選択し、モーフィングの際に強調したい(=アニメーションの中心にしたい)部分を、マウスクリックでピン止めするような感覚で囲っていきます※2
    ※2 マーク(アンカーポイント)で囲まれた領域を基準にして、画像がアニメーションする。
    後々面倒なので、マークは必要最小限にしておけばよい。

    ここでマークしたアンカーポイントは、読み込んだ画像全てに適用されますが、そのことはあまり意識せずにどんどんポイントしていきます。
  6. マークし終わったら、他の画像にも同じようにしてアンカーポイントを付けていきます。
    が、先述の通り、1 枚目の画像に付けたアンカーポイントが他の画像にも反映されているので、ここでは
    1. 「Control Points」→「Move」を選択
    2. 既存のアンカーポイントをクリック(で選択状態にし)→
    3. “ 強調させたい部分 ” に移動させる...
    という作業を行います。
  7. 画像が3 枚以上ある場合は、同じようにしてアンカーポイントの修正を行います。
  8. 基本的にはこれで完成しています。
    「Morph」→「Run Morph/Warp」を選択し、実際のアニメーションをプレビュー再生してみます。
  9. 必要に応じて、「Morph」からモーフパターンを変更してみます※3
    ※3 モーフパターンには、以下の3 つが用意されている(デフォルトでは「Mix - 1」)。
    • Mix - 1 -(読み込まれている)全ての画像をフェードイン / アウトで表示しつつ、次の画像に切り替える
    • Mix - 2 - 現在の画像と次の画像を少しずつミックスさせながら、次の画像に切り替える
    • Mix - 3 - 画像をランダムに表示しつつ、次の画像に切り替える
  10. アニメーションが速すぎる / 遅すぎる場合は、「Morph」→「Period」をクリックし、全体のフレーム数を調整します※4
    ※4 動きが速すぎる場合は数値を大きくし、遅すぎる場合は数値を小さくする。
    必要があれば、アンカーポイントの修正も行ないます。
  11. ある程度思い通りになったら、アニメーションを「Morph」からAVI / Flash / GIF / 連番画像として保存します※5
    ※5 連番画像で出力する場合は、「File Sequence」→「Save」を選択する。
    (bmp / jpg のどちらかで保存することができる)
    AVI で保存する場合は、ファイルを コーデック で圧縮することも可。

    AVI / Flash / GIF で保存する場合、動画のフレームレート(frame rate)を設定することができるので、出力ファイルのアニメーションが速すぎる / 遅すぎる と感じたら、この値を上下して保存し直してみると良いと思います※6
    ※6 動きが速すぎる場合は数値を小さくし、動きが遅すぎる場合は数値を大きくする。
    ちなみに、Flash で保存する場合は、画質(Image Quality)を指定することも可能。
    ワープ 編
  1. あらかじめ、「Morph」から「Warp Mode」を選択しておきます。
  2. 素材とする(単一の)画像ファイルを、メインウインドウにドラッグ&ドロップします。
    (AVI ファイルを読み込む際は、「File」→「AVI Open」から)
  3. 必要であれば、メニューバーの「View」から画像の大きさを拡大 / 縮小しておきます。
  4. 「Control Points」→「Add」を選択し、ワープさせたい物体をアンカーポイントで囲みます。
  5. マークし終わったら、「Control Points」→「Move」を選択し、入力したアンカーポイントをワープ先の地点まで移動させます。
  6. 基本的にはこれで完成しています。
    あとは、「Morph」→「Run Morph/Warp」を選択して、アニメーションをプレビュー再生 → 思い通りになっていたら、「Morph」から任意のフォーマットで保存すればOK。
    いまいち思い通りになっていなかったら、移動先のアンカーポイントを修正してみるなどしてみます。
そのほか、複数のアンカーポイントを一括して選択状態にし、移動 / 回転 / コピー / 削除する「グループ(Control Point Group)」機能※7 や、出力時にリサイズする機能 などもあります。
※7 物体をワープさせる時などに便利。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の画像変換ソフト
 XnConvert

非常に多くのフォーマットに対応した画像変換&処理ソフト

 G・こんばーちゃ♪

シンプルで使いやすい画像変換ソフト

 Giam

複数の画像ファイルを元に、GIF / MNG アニメ、AVI 動画 を作成することができるソフト

このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 AG-デスクトップレコーダー

シンプルでありながらも高性能なデスクトップ録画ツール

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

スポンサードリンク

Sqirlz Morph を紹介しているページです