Run-Command

Run-Command の概要や使い方を紹介しています

Run-Command を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

“ ファイル名を指定して実行 ” の代替ツール!「Run-Command」。

Run-Command
制作者 SoftwareOK.com
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8

Download

● Run-Command

“ ファイル名を指定して実行 ” を強化したコマンド実行ツール。
入力したコマンドを管理者として実行する機能や、よく使うコマンドを “ お気に入り ” として登録する機能、各種システムツール(タスクマネージャー / レジストリエディタ / コマンドプロンプト 等)を呼び出す機能、ウインドウをホットキーで表示させる機能、ウインドウを隠したりタスクトレイに格納したりする機能... などが付いています。

「Run-Command」は、 “ ファイル名を指定して実行 ” を強化したコマンド実行ツールです。
入力したコマンドを、ただ実行できるだけでなく

  • 入力したコマンドを、管理者として実行することができる
  • 任意のコマンドを、 “ お気に入り ” としてを登録 しておくことができる
  • 各種システムツール※1 を、すぐに呼び出すことができる
といった特徴を持っているところが最大の特徴。
※1 タスクマネージャー / レジストリエディタ / コマンドプロンプト / コンピュータの管理 / システムのプロパティ。
メイン画面のサイズは少し大きいものの、操作感は “ ファイル名を指定して実行 ” とほぼ同じ。
ウインドウはタスクトレイに格納することができ※2、またホットキーで呼び出せるようにもなっているため、完全に “ ファイル名を指定して実行 ” と置き換えて使うことができます。
※2 ウインドウを隠すこともできる。
普段、 “ ファイル名を指定して実行 ” をよく使っている人におすすめ。

使い方は以下の通りです。
デスクトップアイコンを表示しないようにしている場合、起動時にデスクトップアイコンが表示されてしまうバグ?があるようです。

  1. 「Run-Command」を実行します。
  2. メイン画面 が表示されます。
    あとは、中央のフォームに実行コマンドを入力し、「# Run」ボタンを押せばOK です。
    (「Enter」キーを押してもOK )
    コマンドを管理者として実行する時は、「# Run as administrator」ボタンを押して下さい。
    何らかのコマンドを実行すると、ウインドウはタスクトレイに格納されます※3
    ※3 タスクトレイアイコンをクリックするか、ホットキー “「Win」+「R」” を押すと再表示される。
  3. 尚、画面左下にある
    • taskmgr - タスクマネージャー
    • sysdm - システムのプロパティ
    • Regedit - レジストリエディタ
    • cmd - コマンドプロンプト
    • sysdm - コンピュータの管理
    ボタンを使うことで、各種ツールを起動させることも可能となっています。
    お気に入り機能
  1. よく使うコマンドは、 “ お気に入り ” として登録しておくことができます。
    その手順は下記の通り。
  2. まず、 “ お気に入り ” として登録するコマンドを普通に入力します。
  3. 続いて、画面左上の Favorites ボタンをクリック →「Add to Favorites」を選択します。
  4. すると 「Add to Favorites」という画面 が表示されます。
    ここにアイテムの登録名※4 を入力し、「OK」ボタンをクリックします。
    ※4 メニュー内での表示名。
  5. 以後、 Favorites ボタンをクリックすることで、登録コマンドを 即実行できるようになっています

  6. お気に入りの管理
  7. 登録したコマンドは、 Favorites ボタンをクリック →「Manage Favorites」から管理することができます。
    ここでは、
    •  - 選択したコマンドを削除
    •  - 新規フォルダを作成
    •  - 選択コマンドの登録名を変更
    •  - 選択したコマンド / サブフォルダ を、一つ上に移動※5
    といったアクションを 実行することができます
    ※5 このアクションは、フォルダ内のコマンドやサブフォルダに対してしか行うことができない。
    各種設定
  1. 画面右上にある 「# Options」ボタンをクリック することで、各種設定を行えるようになっています。
    ここでは、次のような設定を行えるようになっています。
    • Minimize to tray if Close
      閉じるボタンを押した時に、タスクトレイへ格納する
    • Hide out if close
      閉じるボタンを押した時に、ウインドウを隠す
    • Always start minimized (ToTray)
      起動する時は、タスクトレイに格納した状態で起動する
    • Always start hidden※6
      起動する時は、ウインドウを隠した状態で起動する
    • Start with Windows
      Windows 起動時に、自動で起動する
    • Control Panel menu※7
      コントロールパネル内の各機能を、呼び出せるようにする
    • Hot-Key
      ホットキーを変更する(左の「Win」キー + 任意のキー)
    • Hide, when runnning
      コマンド / お気に入りコマンド を実行した後、ウインドウを閉じる
    • Hide out
      ウインドウを隠す
    ※6 初回のみ、「Hide Info」というダイアログが表示される。
    注意書きのようなものなので、そのまま閉じてよい。
    (ウインドウを再表示する時は、ホットキーを押すか「Run-Command」を再実行する)

    ※7 このオプションにチェックを入れると、メイン画面上部にボタン ( Control Panel ) が追加される。
    これをクリックすると、コントロールパネル内の各機能がリスト表示される。
    (全てのメニューが表示されるので、少し時間がかかる)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Run-Command TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Office の ISO イメージファイル入手を支援

 FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 KillKeys

指定したキーを、無効化してくれるソフト

 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

スポンサードリンク

Run-Command を紹介しているページです