CodySafe

CodySafe の概要や使い方を紹介しています

CodySafe を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

グラフィカルなポータブルランチャー!「CodySafe」。

CodySafe

● CodySafe

Windows Vista / 7 のスタートメニュー風なポータブルランチャー。
普段USB ドライブに入れて使っているアプリケーションを、サッと素早く簡単に呼び出せるようにします。
登録したアプリケーションをグループ分けする機能や、USB ドライブ内にドキュメント / ピクチャ / ミュージック / ビデオ フォルダを自動生成する機能、USB ドライブの空き容量を監視する機能や、Autorun.inf の改変を監視する機能 等々も付いています。

「CodySafe」は、USB メモリに入れて使えるポータブルランチャーです。
Windows Vista / 7 のスタートメニュー風なインターフェースが特徴的な美しいソフトで、USB メモリ内のポータブルアプリケーションを最大限に活用できるようにしてくれます。
機能はスタートメニューとほとんど同じで結構シンプルですが、その分かなり使いやすいです。
指定したアプリケーションやURL をホットキーで開けるようにする機能や、Autorun.inf の改変を監視する機能、USB ドライブを取り外す時に、USB ドライブから起動しているアプリケーションを全て自動で強制終了させる機能、USB ドライブ内に個人情報を保存しておく機能※1 等が付いています。
※1 USB ドライブを紛失してしまった時に、拾ってくれた人が連絡してくれるようにする... という趣旨の機能。

使い方は以下の通りです。

    インストール
  1. インストール中に必要な操作は、「Select Installation drive」という画面で、インストール先のUSB ドライブを指定するだけです。
    そのほかの画面は、基本的に「Next」ボタンを押すだけでOK。
  2. インストール完了の画面で、USB ドライブの名前を変更できるようになっています。
    もし、USB ドライブの名前を変更しておきたいという場合は、下部の「Drive Name」欄に新しいドライブ名を入力しておきます※2
    (名前を変更したくない場合は、空欄にしておく)
    ※2 ドライブ名は、次回USB ドライブ接続時から変更される。
    準備
  1. USB 内の「StartCodySafe.exe」を実行します。
  2. タスクトレイに「CodySafe」のアイコン( )が表示されるので、これをクリック → 右側にある「Options...」ボタンをクリックします。
  3. 「CodySafe Control Panel」が表示されます。
    右上の「Language Settings」を選択。
  4. 「Select Interface Language」という画面が表示されるので、プルダウンメニューをクリック → 「日本語」を選択して「OK」ボタンをクリックします。
    これで、「CodySafe」が日本語化されます。
  5. 「CodySafe」をインストールしたUSB ドライブ内に、好きなポータブルアプリケーションを入れておきます※3
    ※3 USB 内の「PortableApps」フォルダ内に各ソフト名のフォルダを作り、その中にソフトを入れておくと楽です。
    (こうすると、アプリケーションが「CodySafe」に自動で登録される)
    PortableApps.comCodyssey 内のポータブルアプリケーションは、特に何もしなくても上記のような方法でインストールされます。
    アイテムの登録
    先程の注で紹介した方法によりアプリケーションを入れた場合、以下の作業は不要。
    (既にアプリケーションが登録されている)
  1. タスクトレイアイコンをクリックし、「CodySafe」のメインメニューを表示させます。
  2. 右側の「オプション...」ボタンをクリックします。
  3. 「CodySafe コントロールパネル」が表示されます。
    右下にある「アプリケーションの管理」をクリック。
  4. 「アプリケーション マネージャー」が表示されます。
    そのまま「アプリケーションの追加」タブを開きます。
  5. まず、「アプリケーションのパス」欄で、登録したいアプリケーションを選択します。
  6. 次に、「表示用名称」欄に、アプリの表示名を入力します。
  7. 必要であれば、「コマンドラインオプション」欄で、アプリケーションに付ける引数を指定しておきます。
    (必要なければ空欄でOK)
  8. アプリケーションをグループ分けしたい場合は、「グループ」欄で登録グループを指定しておきます。
    デフォルトではグループが何も登録されていないので、グループ欄には適当なグループ名を入力しておきます。
    (必要なければ空欄でOK)
  9. 「説明」欄に、アプリケーションの説明文を入力しておきます。
    ここで指定した説明文は、ツールチップ※4 として表示されます。
    ※4 メインメニュー上で、アプリケーションの上にマウスカーソルを乗せた時に表示される。
  10. 全て設定し終えたら、右下にある「適用」ボタンをクリックします。
  11. 他にも登録したいアプリケーションがある場合は、同じようにして登録処理を行います。
    アイテムの管理
  1. タスクトレイアイコンをクリックし、「CodySafe」のメインメニューを表示させます。
  2. 右下の「オプション」を選択します。
  3. 「CodySafe コントロールパネル」が表示されます。
    左下にある「アプリケーションの管理」をクリック。
  4. 「アプリケーション マネージャー」が表示されます。
    そのまま「アプリケーションの管理」タブを開きます。
  5. すると、「CodySafe」に登録済みのアプリケーションが一覧表示されます。
    ここで任意のフォルダをクリックすると、中に入っているアプリケーションの
    • 説明
    • ホームページ※5
    といった情報を編集できるようになっています。
    ※5 この欄の隣にあるアイコン ( )をクリックすると、 該当URL を既定のブラウザで表示することができる。
    もし、アンインストール(=USB ドライブから削除)したいアプリケーションがある場合は、該当のアプリケーションフォルダを選択して「アプリケーションの完全削除」ボタンを押します※6
    ※6 単に「CodySafe」から削除したいだけの場合は、USB 内の「PortableApps」フォルダ内に入っている各ソフト名のフォルダを削除する。
    また、フォルダ配下に表示されているアプリケーションをクリックすると、アプリケーションの
    • 表示名称
    • コマンドラインオプション
    • グループ
    を編集することができます。
  6. 登録アプリケーションは、自動実行プログラム※7 として登録することもできます。
    ※7 USB 接続時に自動実行されるプログラムではなく、「CodySafe」実行時に自動実行するプログラム。
    もし、自動実行プログラムとして登録したいものがある場合は、「自動実行の管理」タブを開きます。
  7. 登録済みアプリケーションと、自動実行プログラムが2 つの画面に分かれて表示されます。
    (左側が登録済みアプリケーションで、右側が自動実行プログラム)
    操作方法は、自動実行プログラムとして登録したいアプリケーションを選択し、中央の ボタンをクリックするだけ。
    こうすると、選択アプリケーションが自動実行プログラムとして登録されます。
  8. 自動実行を解除する時は、(自動実行プログラム一覧の中から)目的のアプリケーションを選択し、中央の ボタンをクリックします。
  9. 編集が終わったら、右下の「閉じる」ボタンを押します。
    ホットキーの設定
  1. 「CodySafe コントロール パネル」を表示させ、中段の右にある「ホットキー」をクリック。
  2. ホットキーの管理画面が表示されます。
    ここでは、
    • CodySafe の表示 / 非表示
    • CodySafe の終了
    • (USB の) 取り外し
    • (「CodySafe」の) コントロールパネルを開く
    といったアクションのホットキーを設定できるようになっています。
  3. さらに、左下にある「ホットキーの追加」ボタンをクリックすることで、
    • URL を開く※8
    • アプリケーションを実行※9
    といったアクションのホットキーも設定できたりします。
    ※8 ホットキーで開けるようにしたいURL を入力 → ホットキーを設定する。
    ※9 ホットキーで開けるようにしたいアプリを選択 → ホットキーを設定する。
    ドライブ ドクター(オートランの監視)
  1. 「CodySafe コントロールパネル」を表示させ、「ドライブ ドクター」をクリック。
  2. 「ドライブ ドクター」という画面が表示されます。
    ここで、
    • ウイルスの自動検出を有効化 (ViruSense)
    • リアルタイム モニターの有効化
    にチェックを入れておきます。
  3. 以後、Autorun.inf の変更を検知すると、警告画面が表示されるようになります。
    もし変更に身に覚えがなければ、一旦「CodySafe」を終了させてUSB ドライブをウイルススキャンしてみます。
    出先でUSB を利用している場合は、オンラインスキャン を利用するとよいでしょう。
    Autorun.inf の変更を自分で行った場合は、「変更を承認し、続行」ボタンをクリックします。

ランチャーとしての使い方は、特に説明するほどでもないと思います。
基本的に、タスクトレイアイコンをクリック or ホットキー でメインメニューを表示させ、起動させたいアプリケーションをクリックするだけです。
また、メニュー左下にある「すべてのプログラム」というテキストをクリックすることで、アプリケーションをグループ分けして表示させることもできるようになっています※10
※10 「CodySafe コントロールパネル」を開き、左上の「システム設定」をクリック →「デフォルトで全てのプログラムを表示」にチェックを入れておくと、グループ分け表示がデフォルトになる。
尚、メニュー右下の Eject は、 “ USB ドライブの取り外し ” を、 Exit は、 “「CodySafe」の終了 ” を意味しています。

その他、USB ドライブを紛失した時のために、個人情報の書かれたファイルを作成する機能 等も付いています※11
※11 「Find-If-Lost」という機能。
ウィザードに沿って個人情報を入力していくと、このような テキストファイルが生成される。

ちなみに、「CodySafe」を終了する時 / ディスクを取り外す時 に、USB ドライブから起動しているアプリケーションが全て自動で強制終了します。
もしこれを回避したい場合は、「CodySafe」のコントロールパネルから「システム設定」を開き、

  • 終了時に全てのアプリケーションを強制終了
  • 取り外し時に全てのアプリケーションを強制終了
のチェックを外しておきます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 CodySafe アンインストーラー
CodySafe Uninstaller
CodySafe TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Mouse without Borders

マウス / キーボード を、複数のPC 間で共有

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 SpeedyFox

Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 おすすめフリーソフト
 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

スポンサードリンク

CodySafe を紹介しているページです