Personalization Panel for Windows 10

Personalization Panel for Windows 10 の概要や使い方を紹介しています

Personalization Panel for Windows 10 を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows 10 上で、使い慣れた “ 個人設定 ” 画面を呼び出せるようにする!「Personalization Panel for Windows 10」。

Personalization Panel for Windows 10

● Personalization Panel for Windows 10

Windows 10 上で、Windows 8.1 以前の “ 個人設定 ” 画面を呼び出せるようにするソフト。
テーマ / 壁紙 / 色 / サウンド / スクリーンセーバー / デスクトップアイコン / マウスポインタ / ディスプレイ / タスクバー周り の設定を行うことができる旧来の「個人設定」画面を、簡単に呼び出せるようにしてくれます。
デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、従来の「個人設定」画面を呼び出せるようにする機能も付いています。

「Personalization Panel for Windows 10」は、Windows 10 向けの “ 個人設定 ” ツールです。
Windows 10 から、デスクトップ上で右クリック → 「個人設定」を選択すると、「パーソナル設定」という画面が表示されるようになりました。

「設定」画面
この画面からでも、壁紙やカラーテーマの変更を行うことはできるのですが、Windows 8.1 以前の「個人設定」画面に慣れていると、「パーソナル設定」画面はやや使いづらく感じることがあります。
そんな「パーソナル設定」画面の代わりになってくれるのが、この「Personalization Panel for Windows 10」です。
Windows 8.1 以前の「個人設定」と同じインターフェースを持つポータブルアプリケーションで、従来の「個人設定」画面と同等の操作を行うことが可能となっています。
インターフェースが日本語になった
普段、“ 「パーソナル設定」画面は使いづらいな... ” と感じたりすることがある人におすすめです。
ちなみに、デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、上記「個人設定」画面を開けるようにする機能や、デスクトップの右クリックメニュー「ディスプレイ設定」から、従来の「画面の解像度」画面を開けるようにする機能 も付いています。
画面の解像度

使い方は以下の通り。
ダウンロード先のページでは、「Download Personalization Panel for Windows 10」というリンクをクリックして下さい。

「Download Personalization Panel for Windows 10」をクリック
  1. 「personalization10.exe」を実行します。
  2. 初回のみ利用規約画面が表示されるので、左下の「I AGREE」ボタンをクリックします。
    利用規約画面
  3. 「Personalization」画面が表示されます。
    Personalization
    まず、画面左下の「Options」というリンクをクリックします。
  4. オプション画面が表示されます。
    Settings
    この画面の一番上にある「Language」欄で、「Japanese」を選択します。
    デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、従来の「個人設定」画面を呼び出せるようにしたい場合は、「Integrate with Desktop context menu」ボタンもクリックしておきます※1
    ※1 このボタンをクリックすると、デスクトップの右クリックメニュー「ディスプレイ設定」から、従来の「画面の解像度」画面を開けるようにもなる。
    (解除する時は、「Disable integration」ボタンを押して下さい)
  5. 「Personalization」画面を一旦閉じ、再度「personalization10.exe」を実行します。
  6. すると、インターフェースが日本語になっています。
    インターフェースが日本語になった
    オプション画面で「Integrate with Desktop context menu」ボタンをクリックしておいた場合、デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、この画面を呼び出せるようになっています。
    (「「ディスプレイ設定」からは、従来の「画面の解像度」画面が開くようになっている)
    デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」を置き換えていない場合でも、「personalization10.exe」をランチャーに登録したり、ショートカットを作成したりしておくと、便利に使えると思います。
    尚、この「個人設定」画面からは、
    • デスクトップアイコンの変更
      デスクトップアイコンの変更
    • マウスポインターの変更
      マウスポインターの変更
    • ディスプレイ
      ディスプレイ
    • タスクバーとナビゲーション
      タスクバーとナビゲーション
    • コンピュータの(簡単操作センター)
      コンピュータの簡単操作センター
    • デスクトップの背景
      デスクトップの背景
    • 色
    • サウンド
      サウンド
    • スクリーンセーバー
      スクリーンセーバー
    といった設定画面にアクセスすることができます。
  7. デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」を置き換えていた場合、「パーソナル設定」画面には、「設定」画面からアクセスすることができます。
    「設定」画面

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Personalization Panel for Windows 10 TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Argente Autorun

不要アイテム自動検出機能も備えたスタートアッププログラム管理ツール

 Zoom for Microsoft Edge

ウェブページの拡大率(表示倍率)を、詳細に調整できるようにする Microsoft Edge 拡張機能

 Dark Skin for Youtube / Dark Theme for YouTube

YouTube の " ダークモード " を、面倒な設定なしで実装できるようにする(ChromeFirefox

 Magical Jelly Bean Wi-Fi password revealer

パソコン内に保存されている Wi-Fi ネットワークのパスワードを、リストに一覧表示

 リボンの君とHTM

選択したセルの内容を、テーブルレイアウトな HTML に変換できるようにする Excel アドイン

 DriverStore Explorer

デバイスドライバーのインストール&削除 を行うことができるドライバー管理ツール

 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

スポンサードリンク

Personalization Panel for Windows 10 を紹介しているページです