Personalization Panel for Windows 10

Personalization Panel for Windows 10 の概要や使い方を紹介しています

Personalization Panel for Windows 10 を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows 10 上で、使い慣れた “ 個人設定 ” 画面を呼び出せるようにする!「Personalization Panel for Windows 10」。

Personalization Panel for Windows 10

● Personalization Panel for Windows 10

Windows 10 上で、Windows 8.1 以前の “ 個人設定 ” 画面を呼び出せるようにするソフト。
テーマ / 壁紙 / 色 / サウンド / スクリーンセーバー / デスクトップアイコン / マウスポインタ / ディスプレイ / タスクバー周り の設定を行うことができる旧来の「個人設定」画面を、簡単に呼び出せるようにしてくれます。
デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、従来の「個人設定」画面を呼び出せるようにする機能も付いています。

「Personalization Panel for Windows 10」は、Windows 10 向けの “ 個人設定 ” ツールです。
Windows 10 から、デスクトップ上で右クリック → 「個人設定」を選択すると、「パーソナル設定」という画面が表示されるようになりました。

「設定」画面
この画面からでも、壁紙やカラーテーマの変更を行うことはできるのですが、Windows 8.1 以前の「個人設定」画面に慣れていると、「パーソナル設定」画面はやや使いづらく感じることがあります。
そんな「パーソナル設定」画面の代わりになってくれるのが、この「Personalization Panel for Windows 10」です。
Windows 8.1 以前の「個人設定」と同じインターフェースを持つポータブルアプリケーションで、従来の「個人設定」画面と同等の操作を行うことが可能となっています。
インターフェースが日本語になった
普段、“ 「パーソナル設定」画面は使いづらいな... ” と感じたりすることがある人におすすめです。
ちなみに、デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、上記「個人設定」画面を開けるようにする機能や、デスクトップの右クリックメニュー「ディスプレイ設定」から、従来の「画面の解像度」画面を開けるようにする機能 も付いています。
画面の解像度

使い方は以下の通り。
ダウンロード先のページでは、「Download Personalization Panel for Windows 10」というリンクをクリックして下さい。

「Download Personalization Panel for Windows 10」をクリック
  1. 「personalization10.exe」を実行します。
  2. 初回のみ利用規約画面が表示されるので、左下の「I AGREE」ボタンをクリックします。
    利用規約画面
  3. 「Personalization」画面が表示されます。
    Personalization
    まず、画面左下の「Options」というリンクをクリックします。
  4. オプション画面が表示されます。
    Settings
    この画面の一番上にある「Language」欄で、「Japanese」を選択します。
    デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、従来の「個人設定」画面を呼び出せるようにしたい場合は、「Integrate with Desktop context menu」ボタンもクリックしておきます※1
    ※1 このボタンをクリックすると、デスクトップの右クリックメニュー「ディスプレイ設定」から、従来の「画面の解像度」画面を開けるようにもなる。
    (解除する時は、「Disable integration」ボタンを押して下さい)
  5. 「Personalization」画面を一旦閉じ、再度「personalization10.exe」を実行します。
  6. すると、インターフェースが日本語になっています。
    インターフェースが日本語になった
    オプション画面で「Integrate with Desktop context menu」ボタンをクリックしておいた場合、デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、この画面を呼び出せるようになっています。
    (「「ディスプレイ設定」からは、従来の「画面の解像度」画面が開くようになっている)
    デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」を置き換えていない場合でも、「personalization10.exe」をランチャーに登録したり、ショートカットを作成したりしておくと、便利に使えると思います。
    尚、この「個人設定」画面からは、
    • デスクトップアイコンの変更
      デスクトップアイコンの変更
    • マウスポインターの変更
      マウスポインターの変更
    • ディスプレイ
      ディスプレイ
    • タスクバーとナビゲーション
      タスクバーとナビゲーション
    • コンピュータの(簡単操作センター)
      コンピュータの簡単操作センター
    • デスクトップの背景
      デスクトップの背景
    • 色
    • サウンド
      サウンド
    • スクリーンセーバー
      スクリーンセーバー
    といった設定画面にアクセスすることができます。
  7. デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」を置き換えていた場合、「パーソナル設定」画面には、「設定」画面からアクセスすることができます。
    「設定」画面

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Personalization Panel for Windows 10 TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 CCCP

定番のコーデックパック

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 Mute Tab

現在開いているすべてのタブを、一括してミュートできるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 FolderTimeUpdate

フォルダの更新日時を、フォルダ内にある最新ファイルの更新日時に合わせることができるソフト

 Moly Cropping SearchChrome

画像・動画 等に写っている物体を、マウスドラッグで画像検索にかけられるようにする

 Snipaste

画面内の特定領域をキャプチャし、キャプチャ結果を付箋のように貼り付けておけるようにする

 TimeZonesView

世界各地の時刻を、リストに並べて一覧表示することができるソフト

 PerspectiveImageCorrection

斜めになったり遠近感が狂ったりした画像を、まっすぐ自然な感じに補正してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

スポンサードリンク

Personalization Panel for Windows 10 を紹介しているページです