Personalization Panel for Windows 10

Personalization Panel for Windows 10 の概要や使い方を紹介しています

Personalization Panel for Windows 10 を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows 10 上で、使い慣れた “ 個人設定 ” 画面を呼び出せるようにする!「Personalization Panel for Windows 10」。

Personalization Panel for Windows 10

● Personalization Panel for Windows 10

Windows 10 上で、Windows 8.1 以前の “ 個人設定 ” 画面を呼び出せるようにするソフト。
テーマ / 壁紙 / 色 / サウンド / スクリーンセーバー / デスクトップアイコン / マウスポインタ / ディスプレイ / タスクバー周り の設定を行うことができる旧来の「個人設定」画面を、簡単に呼び出せるようにしてくれます。
デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、従来の「個人設定」画面を呼び出せるようにする機能も付いています。

「Personalization Panel for Windows 10」は、Windows 10 向けの “ 個人設定 ” ツールです。
Windows 10 から、デスクトップ上で右クリック → 「個人設定」を選択すると、「パーソナル設定」という画面が表示されるようになりました。

「設定」画面
この画面からでも、壁紙やカラーテーマの変更を行うことはできるのですが、Windows 8.1 以前の「個人設定」画面に慣れていると、「パーソナル設定」画面はやや使いづらく感じることがあります。
そんな「パーソナル設定」画面の代わりになってくれるのが、この「Personalization Panel for Windows 10」です。
Windows 8.1 以前の「個人設定」と同じインターフェースを持つポータブルアプリケーションで、従来の「個人設定」画面と同等の操作を行うことが可能となっています。
インターフェースが日本語になった
普段、“ 「パーソナル設定」画面は使いづらいな... ” と感じたりすることがある人におすすめです。
ちなみに、デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、上記「個人設定」画面を開けるようにする機能や、デスクトップの右クリックメニュー「ディスプレイ設定」から、従来の「画面の解像度」画面を開けるようにする機能 も付いています。
画面の解像度

使い方は以下の通り。
ダウンロード先のページでは、「Download Personalization Panel for Windows 10」というリンクをクリックして下さい。

「Download Personalization Panel for Windows 10」をクリック
  1. 「personalization10.exe」を実行します。
  2. 初回のみ利用規約画面が表示されるので、左下の「I AGREE」ボタンをクリックします。
    利用規約画面
  3. 「Personalization」画面が表示されます。
    Personalization
    まず、画面左下の「Options」というリンクをクリックします。
  4. オプション画面が表示されます。
    Settings
    この画面の一番上にある「Language」欄で、「Japanese」を選択します。
    デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、従来の「個人設定」画面を呼び出せるようにしたい場合は、「Integrate with Desktop context menu」ボタンもクリックしておきます※1
    ※1 このボタンをクリックすると、デスクトップの右クリックメニュー「ディスプレイ設定」から、従来の「画面の解像度」画面を開けるようにもなる。
    (解除する時は、「Disable integration」ボタンを押して下さい)
  5. 「Personalization」画面を一旦閉じ、再度「personalization10.exe」を実行します。
  6. すると、インターフェースが日本語になっています。
    インターフェースが日本語になった
    オプション画面で「Integrate with Desktop context menu」ボタンをクリックしておいた場合、デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」から、この画面を呼び出せるようになっています。
    (「「ディスプレイ設定」からは、従来の「画面の解像度」画面が開くようになっている)
    デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」を置き換えていない場合でも、「personalization10.exe」をランチャーに登録したり、ショートカットを作成したりしておくと、便利に使えると思います。
    尚、この「個人設定」画面からは、
    • デスクトップアイコンの変更
      デスクトップアイコンの変更
    • マウスポインターの変更
      マウスポインターの変更
    • ディスプレイ
      ディスプレイ
    • タスクバーとナビゲーション
      タスクバーとナビゲーション
    • コンピュータの(簡単操作センター)
      コンピュータの簡単操作センター
    • デスクトップの背景
      デスクトップの背景
    • 色
    • サウンド
      サウンド
    • スクリーンセーバー
      スクリーンセーバー
    といった設定画面にアクセスすることができます。
  7. デスクトップの右クリックメニュー「個人設定」を置き換えていた場合、「パーソナル設定」画面には、「設定」画面からアクセスすることができます。
    「設定」画面

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Personalization Panel for Windows 10 TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 Mouse without Borders

マウス / キーボード を、複数のPC 間で共有

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 おすすめフリーソフト
 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト

 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

スポンサードリンク

Personalization Panel for Windows 10 を紹介しているページです