QOpen

QOpen の概要や使い方を紹介しています

QOpen を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

コマンド入力でもホットキーでも使えるランチャー!「QOpen」。

QOpen
制作者 Kensoft
対応 2000/XP/Vista

Download

● QOpen

シンプルなコマンドライン&ホットキーランチャー。
普段良く使っているファイル / フォルダ / サイト(URL)を、簡単なコマンド入力 or ホットキー で開けるようにしてくれます。
登録アイテムのウインドウサイズ / 引数 / 作業フォルダ を指定する機能や、アイテム実行時に、任意の説明文をディスプレイ上に表示させる「OSD」機能 等も付いています。

「QOpen」は、シンプルなランチャーツールです。
ホットキーを押したり、専用の入力ウインドウにコマンドを入力したりすることで、あらかじめ登録しておいたファイル / フォルダ / URL 等を一発で開けるようにしてくれます。
(URL は、既定のブラウザで表示される)
登録アイテムを、ホットキーでもコマンド入力でも開くことができる ” ところが最大の特徴で、割と柔軟な使い方をすることができると思います。
ちなみに、登録アイテムには、任意のパラメータ、作業フォルダ、ウインドウサイズ、説明文 を関連付けられるようになっています※1
※1 説明文を関連付けておくと、アイテム実行時にその説明文がディスプレイ上に表示される。
(OSD 機能)

使い方は以下の通り。

    設定
  1. 「QOpen.exe」を実行します。
  2. タスクトレイにアイコンが表示されるので、これを右クリック →「Setup」を選択します。
    (単にタスクトレイアイコンをクリックするだけでもよい)
  3. 設定画面が表示されます。
    まず、右側の「Open Hotkey」欄で、「QOpen」のコマンド入力ウインドウを表示するためのホットキーを設定しておきます。
    ホットキーは、Alt / Win / Ctrl / Shift のうちいずれか一つと、その他任意のキー一つ... という組み合わせになります。
  4. ホットキーを設定したら、すぐ下にある「Apply」ボタンを押しておきます。
  5. 次に、「QOpen」から呼び出せるようにしたいファイル / フォルダ / URL を登録します。
    右上の「Add」ボタンをクリック。
  6. 「Edit Files」というウインドウが表示されます。
    ここの
    • 「Filename」欄で、登録するファイル / フォルダ / URL のパスを、
    • 「Alias」欄で、このアイテムに関連付けるコマンドを※2
    • 「Hotkey」欄で、このアイテムに関連付けるホットキーを※3
    • 「Parameters」欄で、このアイテムに付けるパラメータを※4
    • 「Working Directory」欄で、このアイテムの作業フォルダを※4
    • 「State」欄で、起動時のウインドウサイズを※5
    • 「Description」欄で、このアイテムの説明文を
    それぞれ設定しておきます。
    ※2 ここで設定した「Alias」を、「QOpen」のコマンド入力ウインドウにタイプすることで、登録アイテムを呼び出すことができる。
    (「Alias」とは、「別名」の意味)

    ※3 ホットキーを設定しておくと、「QOpen」のコマンド入力ウインドウを表示させなくても、登録アイテムを一発で呼び出すことができる。
    ※4 必要な場合のみ指定する。
    ※5 「Hide」= 隠す | 「Normal」= 標準の大きさ | 「Minimize」= 最小化 | 「Maximize」= 最大化。
    登録するアイテムによっては、ここの設定が反映されないものもある模様。
    (私の環境では、ここの設定がほとんどのアプリケーションで反映されませんでした...)
  7. 設定したら、「OK」ボタンを押します。
  8. 他にも登録したいアイテムがある場合は、同じような手順で登録処理を行います。
    既存のアイテムを編集する時は、リスト上で目的のアイテムを選択 → 右上の「Edit」ボタン を押します※6
    登録アイテムを削除する時は、リスト上で目的のアイテムを選択 → 「Remove」ボタンを押します※6
    ※6 リストを開いた状態で任意のキーを押すと、該当のキーを「Alias」に持つアイテムへとジャンプすることもできる。
    アイテムの実行
    以下のような手順を踏まなくても、登録アイテムのホットキーを押すだけでもOK
  1. 設定画面の「Open Hotkey」欄で設定しておいたホットキーを押します。
  2. 「QOpen」のコマンド入力ウインドウが表示されます。
    そのまま、開きたいアイテムの「Alias」を入力します。
  3. すると、該当の「Alias」と関連付いているアイテムが表示されます。

尚、アイテム実行時には、該当アイテムの説明文が画面上部に赤字で表示されます。
(OSD 機能)
もし、この機能を無効化したい、あるいは、文字のフォント / 色 / サイズ 等を変更したい という場合は、以下のような設定を行っておきます。

  1. タスクトレイアイコンを右クリックし、「Setup」を選択。
  2. 画面右下の方にある「Option」をクリック。
  3. オプション画面が表示されます。
    OSD 機能を無効化したい場合は、「Enable OSD tip」のチェックを外しておきます。
    OSD の設定変更を行う場合は、下部の ... ボタンをクリックし、説明文のフォント / スタイル / サイズ / 文字セット などを変更しておきます。
    フォントによっては、日本語の説明文が文字化けして表示されることもあるため、「日本語」の文字セットがあるフォントを指定しておくとよいでしょう。
  4. すぐ下の「Timeout」欄で、OSD の表示時間を設定しておきます。
    (単位は秒)
  5. 設定が済んだら、「OK」ボタンを押してオプション画面を閉じます。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
QOpen TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト(スクリプト)

 Windows Update MiniTool

「設定」や「コントロールパネル」に代わり、Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 Argente Autorun

不要アイテム自動検出機能も備えたスタートアッププログラム管理ツール

 Zoom for Microsoft Edge

ウェブページの拡大率(表示倍率)を、詳細に調整できるようにする Microsoft Edge 拡張機能

 Dark Skin for Youtube / Dark Theme for YouTube

YouTube の " ダークモード " を、面倒な設定なしで実装できるようにする(ChromeFirefox

 Magical Jelly Bean Wi-Fi password revealer

パソコン内に保存されている Wi-Fi ネットワークのパスワードを、リストに一覧表示

 おすすめフリーソフト
 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

スポンサードリンク

QOpen を紹介しているページです