DAEMON Tools Lite

DAEMON Tools Lite の概要や使い方を紹介しています

DAEMON Tools Lite を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

イメージファイルをマウントするなら「DAEMON Tools Lite」。

DAEMON Tools Lite
制作者 DAEMON's Home
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download (公式)
Download (ミラー)

● DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、同時に 4 つまでマウントできるようにするCD / DVD エミュレータ。
イメージファイル をシステムにマウントできるようにし、イメージを仮想的に “ ドライブ ” として扱えるようにしてくれます。
対応している入力フォーマットは、mds / mdx / b5t / b6t / bwt / ccd / cue / isz / nrg / cdi / iso / ape / flac / wav / vhd / tc / iscsi / vmdk / vdi / zip。
ディスクの内容を、iso / mdx / mds 形式のイメージファイルとしてコピーする機能や、よく使うイメージをデータベース化して管理する機能 等が付いています。

「DAEMON Tools Lite」は、シンプルなCD / DVD エミュレータです。
各種イメージファイルを、システムに “ ディスク ” として認識させられるようにする※1 CD / DVD エミュレータで、 一般的なイメージファイルを普通のドライブと同じようにして扱えるようにしてくれます。
※1 イメージファイルを “ ディスク ” として認識させる処理のことを、「マウント」と呼ぶ。
逆に、認識解除処理のことを「アンマウント」という。

対応している入力フォーマットは、mds / mdx / b5t / b6t / bwt / ccd / cue / isz / nrg / cdi / iso / ape / flac / wav / vhd / tc / iscsi / vmdk / vdi / zip※2 で、これらのイメージを同時に 4 つまでマウントさせることが可能となります。
※2 ape / flac / wav は、CUE シート付属のものに限る。
普段、上記のようなイメージファイルを取り扱っている人におすすめです。
その他、イメージファイルをデータベース化して管理する機能や、指定したドライブ内にあるディスクの内容を、iso / mdx / mds + mdf 形式のイメージファイルとしてコピーする機能※3 なども付いていたりします。
※3 コピー時には、圧縮 / パスワード保護 といったオプションを指定することもできる。
(mdx / mds でコピーする場合のみ)
出力するイメージをパスワードで保護しておくと、該当イメージをマウントする際にパスワード入力が必須になる。

使い方は以下の通り。

    フリー版を使用する際の注意
  1. メイン画面内にはいくつかメニューがありますが、フリー版で使えるのは
    • Images - イメージカタログ
    • New Images > Grab a Disc - ディスクコピー
    くらいなので注意して下さい。
    その他のメニューを選択しても、グレーアウトして使うことはできません。
    インストール時の注意
  1. インストールの途中で、ライセンスタイプの選択画面 が表示されます。
    ここでは、一番下の「Free License」を選択します。
  2. 次に、インストールするコンポーネントの選択画面 が表示されます。
    必要なければ全てのチェックを外してもOK ですが、SPTD ドライバーをインストールしない場合、高度なエミュレーションが行えないようです。
    しかし、SPTD ドライバーと競合するソフトウェアもあるようなので、心配なようであれば SPTD のチェックも外しておくとよいでしょう。
  3. 続いて、 外部ツールのインストールを促す画面 が表示されます。
    複数回表示されます
    こういったツールのインストールは必要ないので、「カスタムインストール」を選択し、すべてのチェックを外すなどしておいて下さい。
    ただし、「このデバイスソフトウェアをインストールしますか?」という画面 では、「インストール」する方を選択して下さい。
    イメージカタログの作成
  1. インストールが完了すると、自動的に「Scan This PC」という画面が表示されます。
    「Scan This PC」
    これは、パソコン内に存在するイメージファイルをデータベース化する機能です。
    (イメージファイルのショートカットリストを作成するような機能)
    データベースを作成する場合は、下部の「Image types」欄でデータベースに登録するイメージファイルのフォーマットにチェックを入れ、右下の「Scan」ボタンをクリックします。
    (データベースは、後からいつでも作成することができます)
  2. イメージファイルのスキャンが開始されるので、しばらく待ちます。
  3. 少し待ち、「Finished successfully」と表示されたらスキャン完了です。
    右下の「OK」ボタンをクリックします。
  4. メイン画面に戻り、見つかったイメージファイルがカタログ化されています。
    イメージファイルがカタログ化される
    カタログ化されたイメージファイルを右クリック することで、
    • Mount - マウント
    • Rename - リネーム
    • Delete - 削除
    • Open file location - ファイルの存在するフォルダを開く
    • Properties - プロパティを表示
    といったコマンドを実行することができます。
    右クリックメニュー
    (その他のコマンドは、有料版でのみ使える機能)
  5. 尚、画面右上の + ボタンをクリックすることで、任意のイメージファイルを手動でカタログに登録することができます。
    加えて、 Scan ボタンをクリックすることにより、「Scan This PC」画面 を呼び出すこともできたりします。
    イメージのマウント
  1. イメージカタログを作成しておいた場合は、カタログ内でマウントしたいイメージファイルをダブルクリックすればOK です。
    イメージを右クリック → 「Mount」を選択しても同じ)
    カタログを作成しなかった場合は、画面左下の「Quick Mount」ボタンをクリックし、マウントしたいイメージファイルを選択します。
  2. 以降、「マイ コンピュータ」等から、マウントしたイメージファイル(仮想ドライブ)を普通のディスクと同じようにして開けるようになります。
    このようにして、イメージファイルを最大で 4 つまで同時にマウントすることができます。
    イメージのアンマウント
  1. マウント中のイメージは、メイン画面の下部にアイコン形式で一覧表示されます。
    アンマウントする時は、目的のイメージにマウスカーソルを合わせて × をクリックすればOK です。
    目的のイメージにマウスカーソルを合わせて × をクリック
    ちなみに、エクスプローラ上でアンマウントしたいドライブを右クリックし、「取り出し」を選択しても同じです。
  2. メイン画面の左メニュー内にある「Images」から「Unmount all」を選択することで、マウント中のイメージを一括してアンマウントすることもできたりします。
    ディスクコピー
  1. 左メニュー内の「New Image」を選択します。
    New Image
  2. 右側のペイン内で、「Grab a Disc」を選択します。
  3. 「Grab a Disc」という画面が表示されます。
    「Grab a Disc」
    まず、一番上の「Device」欄で、コピーしたいディスクが入っているドライブを選択します。
  4. 続いて、「Save as」欄の右端にある ... をクリックし、コピーされたイメージの出力先フォルダを選択します。
    (拡張子は自動で設定されるので、特に気にしなくてよい)
  5. その下の「Format」欄で、イメージの出力フォーマットを選択。
  6. 必要であれば、コピーしたイメージをパスワードで保護することもできます※4
    ※4 MDX / MDS 形式でコピーする場合のみ。
    出力イメージをパスワードで保護したい場合は、「Protect」にチェック → 「Password」「Confirm」欄に同じパスワードを入力します。
  7. イメージを圧縮してコピーしたい場合は、一番下の「Compress」にもチェック※4
  8. 準備が整ったら、画面右下の「Start」ボタンをクリックします。
  9. ディスクのコピーが開始されるので、じっくりと待ちます。
  10. しばらく待ち、「Finished successfully」と表示されたらコピー完了です。
    オプション
  1. メイン画面の左下にある Preferences.png ボタンをクリックすることで、オプション画面を呼び出すことができます。
    オプション画面
    ここでは、次のようなオプションの設定を行うことができます。
    • Automount
      イメージをマウントしたままWindows を終了した時に、該当のイメージを次回起動時に自動で再マウントする
    • Check for update
      アップデートを自動でチェックする
    • Add images to catalog automatically※5
      ディスクからコピーしたイメージを、自動でイメージカタログに登録する
    • Send anonymous statics
      「DAEMON Tools Lite」の使用統計を、DAEMON Tools に送信する
    ※5 このオプションの変更は、「DAEMON Tools Lite」再起動後に反映される。
  2. また、左メニューの「Integration」では、各種イメージファイルとの関連付け設定を行うこともできたりします。

 DAEMON Tools 解説サイト
AZO's krafts page

BackupStreet - DVDコピー総合情報サイト
トップユーティリティ総合仮想ドライブ作成 DAEMON Tools Lite TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 Google Chrome

軽快に動作するタブブラウザ

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 けんおき

シンプルで使いやすい文字列検索&一括置換 ツール

 タイトルバーに色が付いたWindows 10 用のテーマ

タイトルバーへの配色を可能にしたWindows 10 用のテーマ

 Pure APK Install

手持ちの APK / XAPK ファイルを、Android 端末に直接インストールしてくれるソフト

 Bookmark Toolbar Menu ButtonFirefox

“ ブックマークツールバー ” 内のアイテムを、ツールバー上から開けるようにする

 Wise Memory Optimizer

自動最適化機能を備えたメモリ解放ソフト

 Shairport4w

iPhone / iPad / iPod / 別PC の iTunes 上で再生中の曲を、ストリーム再生できるようにする

スポンサード リンク

DAEMON Tools Lite を紹介しているページです