Swift Selection Search

Swift Selection Search の概要や使い方を紹介しています

Swift Selection Search を紹介しているページです

選択中のテキストを、任意の検索エンジンで即検索できるようにする!「Swift Selection Search」。

Swift Selection Search

Swift Selection Search

ウェブページ上で選択したテキストを、任意の検索エンジンで即検索できるようにする Firefox アドオン。
ウェブページ上のテキストを選択した時に、任意の検索エンジンが登録されたポップアップメニューが自動で表示されるようにし、ここから流れるようにウェブ検索を実行できるようにしてくれます。
テキスト選択後、ショートカットキーを押す / ミドルクリックする ことにでポップアップメニューを表示できるようにする機能や、選択したテキストを自動でコピーできるようにする機能、テキスト選択時の右クリックメニューから検索エンジン一覧を呼び出せるようにする機能... 等々も付いています。

「Swift Selection Search」は、選択したテキストを素早く検索できるようにする Firefox アドオンです。
ウェブページ上でテキストを選択した時に、あらかじめ登録しておいた検索エンジン(のアイコン)が登録されたポップアップメニューが自動で表示されるようにし、ここから選択中のテキストを流れるように検索できるようにしてくれます。
ポップアップメニュー表示のトリガーは、

  • 「Alt」キーを押しながらテキストを選択する
  • テキスト選択後、ショートカットキー( “ 「Ctrl」+「Shift」+「Space」 ” )を押す※1
  • テキスト選択後、選択したテキスト上でミドルクリックする
のいずれかに変更することもでき、検索エンジンの一覧に関しても、もちろん自由にカスタマイズすることが可能となっています。
1 ショートカットキーは、自由に変更することができる。
また、ポップアップメニュー内には、
  • 選択中のテキストをコピー
  • 選択中のテキストをリンクとして開く(リンクになっていない URL など)
機能を組み込むこともできるので、“ テキストを選択 → コピー ” などの操作も、少ない手数で実行できるようになります。
普段、ウェブページ上のテキストを検索にかける機会が多い人におすすめです。
その他、
  • 選択したテキストを自動でコピーできるようにする機能
  • テキスト選択時の右クリックメニュー内に、検索エンジン一覧をサブメニューとして登録する機能
等も付いていたりします。

使い方は以下の通り。

インストールと設定
  1. Swift Selection Search」をインストールします。
  2. アドオンマネージャーを開き、「Swift Selection Search」欄の右側にある … ボタンをクリック → 「オプション」を選択します。
    メニューボタンをクリック → 「オプション」を選択する
  3. 設定画面が表示されます。
    設定画面
    まず、「Search engines」メニューを展開し※2、使用する検索エンジンにチェックを入れ、使用しない検索エンジンのチェックを外します※3
    (不要な検索エンジンがある場合は、右端の × ボタンをクリックして削除しても OK)
    使用する検索エンジンにチェックを入れ、使用しない検索エンジンのチェックを外す
    2 各メニューは、クリックすることで展開したり閉じたりすることができる。
    3 「P」欄のチェックボックスは “ ポップアップメニュー内に表示するかどうか ” を、「C」欄のチェックボックスは “ 右クリックメニュー内に表示するかどうか ” を意味している。
    一番上にある「Copy to clipboard」は “ 選択中のテキストを、クリップボードにコピーする ” コマンドを意味していて、「Open as link」は、“ 選択中のテキストを、リンクとして開く ” コマンド(リンクになっていない URL など)を、「Separator」はセパレーターを意味しています。
  4. リストにない検索エンジンを使いたい時は、リスト下部の「Add engine」ボタンをクリックし、
    • Name - 検索エンジンの登録名
    • Search URL - 検索 URL
    • Icon URL - アイコンの URL(検索 URL を入力すると、自動で入力される)
    をそれぞれ設定します。
    (既存の検索エンジンの欄に、名前や検索 URL を上書き入力しても OK です)
    検索エンジンの設定例
    下記に、よく使われそうな検索エンジンの URL を記載しておきます。
    (もしかしたら古いものもあるかも...)
    • Google ウェブ検索
      https://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&q={searchTerms}
    • Twitter
      https://twitter.com/search?q={searchTerms}
    • Yahoo! Japan
      https://search.yahoo.co.jp/search?p={searchTerms}
    • リアルタイム検索
      https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p={searchTerms}
    • Yahoo! 知恵袋
      https://chiebukuro.search.yahoo.co.jp/search?p={searchTerms}
    • Yahoo! ニュース
      https://news.yahoo.co.jp/search/?p={searchTerms}
    • 教えて!goo
      https://oshiete.goo.ne.jp/search_goo/result/?MT={searchTerms}&code=utf8
    • YouTube
      https://www.youtube.com/results?search_query={searchTerms}
    • Gmail
      https://mail.google.com/mail/u/0/#search/{searchTerms}
    • Google マップ
      https://www.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF-8&q={searchTerms}
    • Google 画像検索
      https://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&tbm=isch&q={searchTerms}
    • Google 動画検索
      https://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&tbm=vid&q={searchTerms}
    • Google ニュース
      https://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&tbm=nws&q={searchTerms}
    • 楽天
      https://search.rakuten.co.jp/search/mall/{searchTerms}
    • Amazon
      https://www.amazon.co.jp/s?k={searchTerms}
    • ウィキペディア
      https://ja.wikipedia.org/wiki/{searchTerms}
    • DuckDuckGo
      https://duckduckgo.com/?q={searchTerms}
  5. 登録した検索エンジンは、先頭にある ハンバーガーメニュー をドラッグすることで並べ替えることもできます。
    検索エンジンは、並べ替えることもできる
  6. 続いて、「Popup/icons behaviour」メニューをクリックして展開します。
    Popup/icons behaviour
    Popup/icons behaviour 2
  7. 設定できるオプションは多数ありますが、基本的には下記のようなオプションを設定しておけばよいでしょう。
    • Opening behaviour - ポップアップの表示方法
      • Off (never) - ポップアップを使用しない
      • Auto (opens on text selection) - テキスト選択時に自動で表示する
        • Minimum selected characters 〇
          選択したテキストが 〇 文字以下の時は、ポップアップを表示しない
      • Hold Alt (hold the Alt key [Option on Mac] when selecting)
        Alt キーを押しながらテキストを選択した時に表示する
      • Keyboard-only (press the keyboard shortcut after text is selected)
        ホットキーを押した時のみ表示する
      • Middle mouse button (press the middle button on the selected text)
        テキスト選択後にミドルクリックで表示する
      Opening behaviour
    • Popup location ‐ ポップアップの表示位置
      • At cursor location - マウスカーソルの位置
      • Bottom right corner of selection "rectangle - 選択テキストの右下
    • Left mouse button click / Right mouse button click / Middle mouse button click
      検索結果の開き方(検索エンジンを左クリック / 右クリック / ミドルクリック した時)
      • Open in this tab - 現在のタブに開く
      • Open in new tab - 新しいタブに開く
      • Open in new background tab - 新しいバックグラウンドなタブに開く
      • Open in new tab (next to current tab) - 新しいタブに開く(現在のタブの右側)
      • Open in new background tab (next to current tab)
        新しいバックグラウンドなタブに開く(現在のタブの右側)
      • Open in new window - 新しいウインドウに開く
      • (unsupported in Firefox) Open in new background window
        新しいバックグラウンドなタブに開く(実際には、バックグラウンドで開けない)
      Left mouse button click / Right mouse button click / Middle mouse button click
    • Allow popup on editable fields - テキスト編集領域でもポップアップを有効にする
    • Hide popup on page scroll - ページをスクロールした時に、ポップアップを自動で隠す
    • Hide popup on right click - 右クリックした時に、ポップアップを隠す
    • Hide popup on search engine click - 検索エンジン選択後に、ポップアップを隠す
    • Shortcut to open popup - ポップアップを表示するホットキー
    • Auto copy to clipboard - テキスト選択時に、選択したテキストを自動でコピーする
  8. 次に、「Popup/icons look」メニューをクリックして展開します。
    (ポップアップを無効化している場合は設定不要)
    Popup/icons look
    LPopup/icons look
    やはりオプションは豊富に用意されていますが、最低限次のようなオプションを設定しておけばよいでしょう。
    • Display text box - 選択中のテキストを表示したボックスを表示する
      • Text box location - テキストボックスの表示位置
        • Top - 上
          Top
        • Bottom - 下
          Bottom
    • Display in a single row - 検索エンジンのアイコンを、多段表示ではなく一行で表示する
    • Icon size - アイコンのサイズ
    • Icon hover behaviour - アイコンの上にマウスカーソルを乗せた時の挙動
      • Nothing (no hover effect) - 何もしない
      • Highlight-only - ハイライトする
      • Highlight & Move - ハイライトして動かす
      • Scale - 拡大する
  9. 最後に、「Context menu」メニューをクリックして展開し、右クリックメニューの設定を行います。
    Context menu
    ここでは、次のようなオプションを設定することができます。
    • Is the context menu enabled? - 右クリックメニューから検索を実行できるようにする
    • Context menu left / Right / Middle click behaviour
      検索結果の開き方(検索エンジンを左 / 右 / ミドル クリックした時)
      • Open in this tab - 現在のタブに開く
      • Open in new tab - 新しいタブに開く
      • Open in new background tab - 新しいバックグラウンドなタブに開く
      • Open in new tab (next to current tab) - 新しいタブに開く(現在のタブの右側)
      • Open in new background tab (next to current tab)
        新しいバックグラウンドなタブに開く(現在のタブの右側)
      • Open in new window - 新しいウインドウに開く
      • (unsupported in Firefox) Open in new background window
        新しいバックグラウンドなタブに開く(実際には、バックグラウンドで開けない)
      Context menu left click behaviour
    • Context menu title - 右クリックメニュー内に組み込むコマンドの表記
  10. 設定が終わったら、設定画面のタブは閉じてしまって OK です。
    ちなみに、「Storage & backup」メニューを展開 → 「Export to file」ボタンを押すことにより、設定内容を JSON ファイルとしてエクスポートすることもできます。
    (保存した JSON ファイルは、「Import from file」ボタンから読み込むことができる)
    「Storage & backup」メニュー
    加えて、「Reset」メニューを展開 → 「Reset options」ボタンを押すことで、設定内容をリセットすることもできたりします。
目次へ戻る
テキスト選択時に表示されるポップアップから検索を実行する
  1. テキストを選択します。
    設定により、「Alt」キーを押しながらテキストを選択したり、テキスト選択後にホイールクリックしたりします。
    (あるいは、ホットキーを押す)
  2. 検索エンジンのアイコンが登録されたポップアップが表示されます。
    ポップアップが表示される
    あとは、この中から、利用したい検索エンジンのアイコンを選択すれば OK です。
    選択中のテキストをキーワードにして、ウェブ検索が実行されます。
目次へ戻る
テキスト選択時の右クリックメニューから検索を実行する
  1. テキストを選択 → 右クリックし、「Search for 〇〇(選択中のテキスト)」というコマンドを選択します。
    設定画面の「Context menu」→「Context menu title」でコマンド名を変更しておいた場合は、その変更しておいたコマンド名を選択してください。
  2. 設定しておいた検索エンジンが、サブメニューとして一覧表示されます。
    設定しておいた検索エンジンが、サブメニューとして表示される
    あとは、この中から、利用したい検索エンジンを選択すれば OK です。
    選択中のテキストをキーワードにして、ウェブ検索が実行されます。

Swift Selection Search TOPへ

Swift Selection Search を紹介しているページです