PopTray

PopTray の概要や使い方を紹介しています

PopTray を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

高機能メールチェッカー「PopTray」。

PopTray
制作者 Renier Crause
対応 98/NT/2000/XP

Download

● PopTray

マルチアカウント対応の高機能メールチェッカー。
指定したメールサーバーに、新しいメッセージが届いていないか自動でチェックしてくれます。
メール受信時に音を鳴らす機能や、受信メールをリスト表示する機能、届いたメールをプレビュー / 削除 する機能や、メールチェックの間隔を指定する機能、スパムフィルタ... 等々の機能も付いています。

「PopTray」は、マルチアカウントに対応したメールチェッカーです。
メールサーバー上にメールが届いていないか定期的にチェックしてくれるソフトで、複数のアカウントをタブ形式で管理できるところが大きな特徴。
インターフェースは中々分かりやすく、またスパムフィルタやメッセージルール機能※1 も付いているなど機能はそこそこ充実しています。
※1 特定の条件に一致するメールを、自動で削除したりする機能。
尚、マウスボタンやホットキーの機能割り当てを変更できたり、メールチェックの間隔をアカウント毎に設定できたりするなど、カスタマイズ性もそこそこ高いです。

使い方は以下の通り。
このページでは、「PopTray Ver.3.1.0 beta6 日本語化」を例にしています。

    PopTray の日本語化
  1. まず、PopTray 日本語化 をダウンロードし、解凍 しておきます。
  2. 「PopTray.exe」を実行します。
  3. 画面右側にある「Options」タブを開き、左メニューの「Default」を選択。
  4. 右下にある「English」というプルダウンメニューをクリックし、「Japanese」を選択 → 下部の「Save Options」ボタンをクリック。
  5. これで日本語化完了です。
    アカウントの追加
  1. 右にある「アカウント」タブを開きます。
  2. アカウント画面が表示されます。
    ここの左上にある「アカウントの追加」ボタンをクリック。
  3. 下の欄で、
    • 名前 - アカウント名
    • サーバ - 受信サーバーのアドレス
    • プロトコルの種類
    • ポート番号
    • ログイン -(プロバイダ等で使用している)ユーザー名
    • パスワード - アカウントのパスワード
    • 色 - このアカウントに関連付ける色
    • メーラー - このアカウントに関連付けるメーラー
    • サウンド - このアカウントに関連付ける通知音
    をそれぞれ設定しておきます。
  4. アカウント情報を入力したら、下にある「アカウントを保存」ボタンをクリック。
  5. すると、即座にメールチェックが行われます。
    画面右側の「メール」タブ (=メイン画面) を開くと、受信サーバー上にあるメッセージがリスト表示されます。
    リスト上のメールは、
    • 差出人
    • 宛先
    • 件名
    • 日付
    • サイズ
    といった項目ごとにカラム分けして表示され、各カラムごとにソートできるようになっています。
    また、この「メール」画面上では、選択メールに対して
    • プレビュー
    • 削除
    • 返信
    といった処理を実行できるようにもなっています。
    加えて、新規メールの作成、メールチェック、メーラー起動... 等のアクションも実行可能だったりします。
    その他設定
  1. 各種設定は、画面右にある「オプション」タブから行います。
    ここでは、下記のようなオプション設定を行えるようになっています。
      チェック間隔
    • 新着メールのチェック間隔(単位は分)
      一般オプション
    • トレイアイコンのアニメーションON / OFF
    • 情報バルーンの表示ON / OFF
      拡張オプション - ユーザーインターフェース
    • 未読メールを太文字で表示するかどうか
    • 常に最前面に表示させるかどうか(要再起動)
      マウスボタン
    • マウスボタンの機能割り当て
      ホットキー
    • ホットキーの機能割り当て

その他、 “ メッセージルール ” 機能を使い、特定の条件に一致するメールに対して

  • サーバーから削除
  • spam としてマーク
  • 無視(通知しない)
  • ログを取る
  • 音を鳴らす
  • ファイルを実行
  • トレイの色を変える
  • バルーンを表示
  • 自動削除から保護
といったアクションを実行するように設定することもできたりします。
以下に、この “ メッセージルール ” の作成方法を紹介します。
  1. まず、画面右にある「ルール」タブを開きます。
  2. 左上の「ルールを追加」ボタンをクリック。
  3. 画面左のリストに、「ルール 1 」というルールが追加されます。
    これをクリック。
  4. 右側の欄で、ルールの名前 / 適用するアカウント / 条件 といったオプションを設定しておきます。
  5. 次に、中段にあるリストの「領域」欄で、
      “ トリガーとなる文字列が、どこにある場合にルールを適用するのか ”
    ということを指定します。
    ここでは、その “ 場所 ” を、ヘッダ / 差出人 / 件名 / 宛先 / CC / 名前 / アドレス / メールの状態 の中から選択できるようになっています。
  6. 続いて、「比較」欄のプルダウンメニューをクリックし、
      トリガーとなる文字列が、どのような状態の時にルールを適用するのか ”
    ということを指定します。
    その “ 状態 ” は、含む / 等しい / ワイルドカードに一致 / 空 / 正規表現に一致 の中から選べるようになっています。
  7. 続いて「テキスト」欄をクリックし、実際のトリガーとなる文字列を入力します。
  8. あとは、下の「アクション」欄で、実行するアクションにチェック → 右下の「ルールを保存」ボタンをクリックすればOK。

このメッセージルールに似た機能として、アドレスごとに受信 / 削除 の設定を行うことができる「ホワイトリスト」「ブラックリスト」という機能も付いています※2
(ワイルドカードに対応)
※2 「オプション」タブ内の左メニュー「ホワイト / ブラックリスト」から設定を行う。
上段がホワイトリスト(保護するメールアドレス)で、下段がブラックリスト(削除するメールアドレス)。
それぞれの欄に、メールアドレスを一行ずつ書いていけばよい。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
PopTray TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 SoundEngine

高機能かつ使いやすい音楽編集ソフト

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 Steam Mover

Steam でインストールしたゲームを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 Artweaver

アートな質感のブラシを多数揃えたペイント・お絵かきソフト

 おすすめフリーソフト
 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 AdwCleaner

非常駐型のアドウェア対策ソフト

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

スポンサードリンク

PopTray を紹介しているページです。