FLV MetaData Injector

FLV MetaData Injector の概要や使い方を紹介しています

FLV MetaData Injector を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

FLV ファイルにメタデータを追加!「FLV MetaData Injector」。

FLV MetaData Injector
制作者 Manitu Group
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download

● FLV MetaData Injector

FLV ファイル内に、 “ メタデータ ” を埋め込んでくれるソフト。
指定したFLV ファイルの中に、そのファイル自身のメディア情報 “ メタデータ ” を埋め込んでくれます。
メタデータとして実際に書き込まれる情報には、ビデオ&オーディオコーデック のID、フレームの幅&高さ、フレームレート、映像&音声のビットレート、ビデオサイズ、オーディオサイズ、時間... 等のものがあります。
フォルダ内のファイルをまとめて処理する機能や、FLV からメタデータを抽出する機能 も付いています。

「FLV MetaData Injector」は、FLV ファイルにメタデータを埋め込んでくれるソフトです。
メタデータとは、FLV ファイルの “ プロパティ ” のようなもので、たとえば ビットレート、フレームレート、 コーデック ID、画面解像度... などの情報がそれにあたります。
このメタデータを持たないFLV ファイルは、各種ツール上で正常に扱えないことがあります。
そのような時に必要になるのが、この「FLV MetaData Injector」です。
メタデータのないFLV ファイルにメタデータを追加し、ファイルを正常に扱える状態にしてくれます。
設定という設定は特になく、誰でも簡単に使える仕様になっています。
ちなみに、FLV ファイルのメタデータを、XML ファイルとして抽出する機能も付いていたりします。

使い方は以下の通り。
ダウンロード先のページでは、ページ中段にある 「Downloads」という欄 でファイルのダウンロードを行って下さい。

    準備
  1. まず、ダウンロードページの下段にある
    • FLVMDI
    • FLVMDIGUI
    の両方をダウンロードします。
    (「Downloads」という欄にあります)
  2. 両方のファイルを 解凍 します。
  3. 「flvmdi.exe」を、「flvmdigui.exe」のあるフォルダ内に置きます。
    実際に使う
  1. 「flvmdigui.exe」を実行します。
  2. フォルダ内に入っているFLV ファイルをまとめて処理したい場合は、「All files in a folder」タブを開き、単一のファイルを処理したい場合は「Single file」タブを開きます。
  3. Input FLV file」欄で、処理したいFLV ファイルを選択します。
    ... ボタンをクリックし、ファイルを指定する)
    「All files in a folder」タブを開いている場合は、「Input FLV files folder」欄で、処理するFLV が入っているフォルダを指定します。
  4. Output FLV file」欄で、処理したファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を設定します※1
    ※1 フォルダ内のファイルをまとめて処理する場合は、「Output FLV files folder」欄で出力先フォルダを指定する。
  5. 下の「Options」欄は、通常そのままでよいと思いますが、
    • 任意のデータを追加したい場合は「Add extra string data 'xtradata'」に、
    • キーフレーム情報も追加したい場合は「Include ' keyframes' object」に
    • メタデータが書かれたXML ファイルも出力したい場合は「Create XML file(s)」に、
    チェックをいれておきます。
    「Add extra string data 'xtradata'」にチェックを入れた場合は、その下の欄にデータを記入しておきます。
    FLV にメタデータを書き込むのではなく、FLV からメタデータを抽出したい場合は、左下にある「Extract MetaData as XML(s), no injection.」にチェックを入れておきます。
    ( “ 埋め込みモード ” としてではなく、 “ 抽出モード ” として動作するようになります)
  6. 最後に、画面右下の「Run FLVMDI」ボタンをクリックすればOK。
  7. メタデータの追加処理が実行されます。
    (もしくは、抽出処理)
    次に表示されたウインドウ に、「complete」と表示されれば処理完了です。
    (処理は一瞬で終わります)


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
FLV MetaData Injector TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Windows Update MiniTool

Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 CPUBalance

アプリの CPU バランスを自動で調整し、システムを安定した状態で稼働できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 Textify

選択&コピーできない場所のテキストを、選択&コピー可能な状態にしてくれる

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

FLV MetaData Injector を紹介しているページです