Spybot Search and Destroy

Spybot の概要や使い方を紹介しています

Spybot を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

スパイウェアに対する免疫機能も付いているアンチスパイウェア!「Spybot Search and Destroy」。

Spybot Search and Destroy
制作者 Patrick M. Kolla
日本語言語ファイル制作者 ミルク王子
対応 XP/Vista/7/8

Download (バージョン 2 )
Download (ポータブル)
Download ( 1.6.2 )

● Spybot Search and Destroy

スパイウェアに対する “ 免疫化 ” 機能も備えたアンチスパイウェア。
システムスキャン、ファイル / フォルダの 個別スキャン、ルートキットスキャン、右クリックメニューからのスパイウェアスキャン、既知のスパイウェアを自動でブロックできるようにする “ 免疫化 ” 機能、危険なWeb サイト / 不要なクッキー を自動で排除してくれる “ Spybot プロキシー ”、不要なファイルを完全に削除することができる “ シュレッダー ” 、自動再生デバイスの自動スキャン... 等々の機能が付いています。

「Spybot Search and Destroy」は、多機能なスパイウェア対策ソフトです。
パソコン内部に潜伏しているトロイの木馬、キーロガー、ハイジャッカー、バックドアプログラム 等々の各種マルウェア&スパイウェア を、検出して駆除することができる... というセキュリティソフトで、見た目はシンプルながらも意外と多機能なところが最大の特徴。
システムをリアルタイムに監視する機能は付いていないものの、

  • Web ページからのスパイウェア侵入を、自動でブロックできるようにする “ 免疫 ” 機能※1
  • 危険なWeb サイトや不要なクッキーを、自動で排除してくれる “ Spybot プロキシー ” ※2
といった機能も付いているため、結構しっかりパソコンを守ってくれます。
※1 危険なWeb サイトの情報を、一括してブラウザに登録する。
※2 やや重かったり、見れないサイトが出てきたりもするので注意。
フリー版は、有償版と比べてかなり機能が限定されていますが、それでも一応
  • スタートアッププログラム
  • サービスアプリケーション
  • タスク
  • エクスプローラ・プラグイン
  • インストール済みアプリケーション
  • ブラウザのスタートページ
  • hosts ファイル
  • 実行中のプロセス
を管理する機能も付いていたりします※3
※3 ただし、これらの機能はそれほど使いやすくはない。
(これらに関しては、他のツールを使った方が簡単かも)

その他、ファイルの右クリックメニューから、“ スパイウェアスキャン&ファイル完全削除 ” を行えるようにする機能も付いています。

基本的な使い方は以下の通り。
Spybot のインストール&日本語化
(下記は、「高度なユーザーモード」にチェックを入れていることを想定しています)

    アップデート
  1. 「SDWelcome.exe」を実行します。
    (アップデーターを直接起動させたい時は、「SDUpdate.exe」を実行する)
  2. 「Spybot」のメイン画面※4 が表示されます。
    Spybot
    ※4 メイン画面内のグレーアウトしているボタンは、有償版のみの機能。
    まず最初に、スパイウェアのデータベースをアップデートします。
    これをアップデートしておかないと、最新のスパイウェアをスルーしてしまいます。
    スパイウェアは毎日異常な勢いで増え続けているので、必ず毎回アップデートすることをお勧めします。
    メイン画面上部の「基本的なツール」内にある「アップデート」ボタンをクリック。
    (もしくは、タスクトレイアイコンを右クリック →「アップデート」を選択)
  3. アップデーターが立ち上がり、利用可能なアップデートのチェックが行われます。
    アップデーター
    (おそらく、初回はチェックが行われません)
    チェックが完了したら、右上にある「アップデート」ボタンをクリック。
  4. アップデートが行われるので、少し待ちます。
    (初回はものすごく時間がかかります)
  5. アップデートが完了したら、アップデーターは閉じてしまってOK です。
    ちなみに、右下の「詳細を表示」というリンクをクリックすることで、アップデートされたデータの内容を確認することもできます。
    アップデートの内容を確認
    免疫化
  1. 現在何らかのブラウザを開いているようであれば、それを閉じておきます※5
    (免疫化を行わないブラウザに関しては、そのままでOK です)
    ※5 Firefox portable / Google Chrome Portable を使用している場合は、先に設定画面の「ポータブルブラウザ」タブでそれぞれのインストールフォルダを指定しておく。
    「ポータブルブラウザ」タブ
  2. メイン画面上部の「免疫化」ボタンを右クリック →「管理者として実行」を選択します。
    (もしくは、インストールフォルダ内にある「SDImmunize.exe」を管理者として実行する)
  3. 「免疫化」画面が表示されます。
    免疫化
    ここで、「免疫化」欄内にある「システムをチェック」ボタンをクリック。
  4. 「管理者として実行する必要があります」というような内容のダイアログが表示された場合は、「OK」ボタンをクリックします。
    管理者として実行する必要があります
  5. チェックが終了したら、「免疫化の適用」ボタンをクリックします。
  6. しばらく待ち、「システムは免疫化されています」と表示されたら免疫化完了。
    システムは免疫化されています
    右下の「詳細を表示」というリンクをクリックすることで、免疫の状態をブラウザごとに確認することもできます。
    免疫の状態を確認
    システムスキャン
  1. コンピュータ内のスキャンを行う時は、メイン画面上部の「システムスキャン」ボタンをクリック。
  2. 「システムスキャン」という画面が表示されるので、「スキャンを開始」ボタンをクリックします。
    システムスキャン
  3. コンピュータのスキャンが開始されるので、じっくりと待ちます。
    (数十分程度時間がかかります)
  4. スキャンが終了したら、「スキャン結果を表示」ボタンをクリック。
  5. すると、スキャン結果の画面に切り替わります。
    スキャン結果の画面
    スキャンの結果検出されたアイテムは、大まかなジャンルごとに分類され、さらに
    • 説明
    • 場所
    • 脅威レベル
    • タイプ
    • カテゴリー
    • ルール#
    といった情報ごとにカラム分けして表示されます。
    また、アイテムを右クリックすることにより、
    • (リスト上のアイテムを) 全選択
    • 全ての選択を解除
    • 製品からすべてを選択 - 同じ製品のアイテムだけを選択
    • 製品から全ての選択を解除 - 同じ製品のアイテムだけ選択解除
    • 将来的に選択した項目を除外
    • 場所にアクセス
    といったコマンドを実行することもできたりします。
  6. あとは、削除したいアイテムにチェック → 画面右下にある「選択項目の修正」ボタンをクリックすれば操作完了です。
    (修正されたアイテムは、隔離室に送られます)
    基本的に、脅威レベルが高いもののみを重点的に考えればOK ですが、「Tracking cookie」は全て削除しても問題ありません。
    削除するのが心配な場合は、
    • 検出されたファイルの名前※6 Spybot
    • 検出されたファイルの名前 誤検出
    • 検出されたファイルの名前 スパイウェア
    などのキーワードでWeb 検索してみてもよいでしょう。
    ※6 「場所」欄で確認する。
    また、
    • Open with list -  “ プログラムから開く ” のリスト
    • Typed URL list - アドレスバー上に入力したテキスト
    • Most recent application - 最近使ったアプリケーション
    • Recent file list - 最近使ったファイルのリスト
    等は、必要であれば残しておいてもよいでしょう。
  7. 修正の際には、「管理者として実行しますか?」というダイアログが表示されることもあります。
    管理者として実行しますか?
    これが表示されたら、適宜「はい」を選択して下さい。

次のページでは、

  • ファイル / フォルダ を個別にスキャンする方法
  • 検疫(隔離)したファイルの管理方法
  • Spybot の設定変更方法
を紹介します。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のスパイウェア対策ソフト
 Malwarebytes Anti-Malware Free

高速スキャンと高い検出力が特徴的な、非常駐監視型のアンチスパイウェア

 AdwCleaner

各種アドウェアの検出に特化した、非常駐型のシンプルなセキュリティソフト

Spybot Search and Destroy TOPへ
 おすすめフリーソフト
 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 PinClipBoard

よく使うテキスト / フォルダ / 画像 を “ ピン留め ” する機能を備えたクリップボード拡張ソフト

 Falcon10

タスクバー上にあるタスクバーボタンを、“ 中央寄せ ” して表示できるようにするソフト

 myResources

CPU / メモリ / ディスク / ネットワーク の使用率・使用量 を、リアルタイムに表示してくれるソフト

 SmartTaskbar

何らかのウインドウが最大化表示になった時に、タスクバーを自動で隠せるようにするソフト

 Soft Organizer

アプリケーションのインストール情報を、詳細に解析することができるアンインストールマネージャー

 Bluetooth Version finder

現在使用中のパソコンが、どのバージョンの Bluetooth に対応しているのかを調べてくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト

 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

スポンサードリンク

Spybot を紹介しているページです