Safe Mode Launcher

Safe Mode Launcher の概要や使い方を紹介しています

Safe Mode Launcher を紹介しているページです

セーフモードを簡単に実行できるようにする!「Safe Mode Launcher」。

Safe Mode Launcher
制作者 sordum.org
対応 Vista/7/8/10
バージョン 1.0
更新日時 2020-09-03
ファイルサイズ 941 KB

Safe Mode Launcher

Windows をセーフモードで起動したり、「F8」キー押しのブートメニューを有効化したりするソフト。
Windows を “ セーフモード / ネットワーク設定が有効なセーフモード / コマンドプロンプトのみのセーフモード ” で実行したり、Windows 起動時にクラシックタイプのブートメニューが表示されるようにしたりすることができます。
Windows を修復モードで起動させる機能や、Msconfig、Bcdedit 等を実行する機能も付いています。

「Safe Mode Launcher」は、セーフモードを簡単に実行できるようにするソフトです。
トラブルなどが発生した時に、Windows を簡単な操作で

  • セーフモード
  • ネットワーク設定が有効なセーフモード
  • コマンドプロンプトのみのセーフモード
で実行できるようにしてくれます。
また、クラシックタイプのブートメニューを有効化する機能もあり、これにより PC 起動時の F8 キー連打からセーフモードを実行できるようになったりもします※1
クラシックタイプのブートメニュー
クラシックタイプのブートメニュー
1 F8 キーを押さなくても、Windows 起動時に自動でブートメニューが表示されるようにすることもできる。
普段、セーフモードを実行するのに苦労していたりする人におすすめです。
ちなみに、 を実行する機能も付いています。

使い方は以下の通り。

ダウンロード時の注意
  1. ダウンロード先のページでは、「Related Posts」欄の少し上にある「Download」ボタンをクリックします。
    (「Download」ボタンをクリックした後、数秒間待つ)
    Windows 10 がセーフモードで起動した
目次へ戻る
セーフモードを実行する
  1. 「SafeMode_x64.exe」を実行します。
    (32bit 版の OS を使用している場合は、「SafeMode.exe」を実行する)
  2. メイン画面が表示されます。
    Safe Mode Launcher
    セーフモードを実行したい時は、画面中央の欄で
    • Safe Mode - セーフモード
    • Safe Mode with Networking - ネットワーク設定が有効なセーフモード
    • Safe Mode with Command Prompt Only - コマンドプロンプトのみのセーフモード
    のいずれかを選択し、左下にある「Apply Options」ボタンをクリックします。
  3. 「You must restart the Windows to switch to the selected mode. Do you want to restart Windows now?」というダイアログが表示されます。
    You must restart the Windows to switch to the selected mode. Do you want to restart Windows now?
    ここで「はい」を選択すると、Windows がセーフモードで再起動します。
    Windows 10 がセーフモードで起動した
    セーフモードを今すぐは実行したくない場合は、「いいえ」を選択します。
    (「いいえ」を選択した場合、次回起動時 に Windows がセーフモードで起動します)
目次へ戻る
クラシックタイプのブートメニューを有効化する
  1. 画面下部にある「Display the boot menu on Windows Startup」にチェックを入れると、Windows 起動時に毎回自動で「Windows ブートマネージャー」が表示されるようになります※2
    Safe Mode Launcher
    Windows ブートマネージャー
    2 「Windows ブートマネージャー」画面で F8 キーを押すと、「スタートアップ設定」画面を表示することができる。
    スタートアップ設定
    後述する「Enable F8 Startup Key (Classic boot menu)」にチェックを入れておくと、F8 キー押しで「スタートアップ設定」画面ではなく下記の「詳細ブートオプション」が表示される。

    一方、「Enable F8 Startup Key (Classic boot menu)」にチェックを入れると、パソコン起動時の F8 キー押しで「詳細ブート オプション」を表示できるようになります。
    クラシックタイプのブートメニュー
  2. 各項目にチェックを入れたら、画面左下にある「Apply Options」ボタンをクリックします。
  3. 「The selected boot menu settings have been applied.」というダイアログが表示されます。
    The selected boot menu settings have been applied.
    これで設定完了です。
    Display the boot menu on Windows Startup」にチェックを入れておいた場合は、PC 起動時に毎回「Windows ブート マネージャー」が表示されるようになります。
    Enable F8 Startup Key (Classic boot menu)」にチェックを入れておいた場合、PC 起動時に F8 キーを連打することにより、「詳細ブートオプション」を表示できるようになります。
目次へ戻る
修復モード、および、Msconfig や Bcdedit を実行する
  1. その他、メイン画面の右下にある「Menu」ボタンをクリックすることにより、
    • Start Repair Mode※3 - 修復モードを実行する
      修復モード
    • Start Msconfig - Msconfig を実行する
      Msconfig
    • Start Bcdedit Console - Bcdedit を実行する
      Bcdedit
    といったコマンドを実行することもできたりします。
    メニュー
    3 「Start Repair Mode」を選択すると「Windows needs to restart to start repair mode. Do you want to restart Windows now?」というダイアログが表示される。
    Windows needs to restart to start repair mode. Do you want to restart Windows now?
    ここで「はい」を選択すると、Windows が修復モードで再起動する。

Safe Mode Launcher TOPへ

Safe Mode Launcher を紹介しているページです