WebP Codec

WebP Codec の概要や使い方を紹介しています

WebP Codec を紹介しているページです

WebP 形式の画像ファイルを、Windows OS 上で表示できるようにする!「WebP Codec」。

WebP Codec
WebpCodecSetup.exe

WebP Codec

WebP 形式の画像ファイルを、Windows 上で普通に表示できるようにするソフト。
最近ウェブ上でチラホラ見かけるようになった WebP 形式の画像ファイルを、エクスプローラ上でサムネイル表示できるようにしたり、「Windows フォトビューアー」で普通に開けるようにしたりしてくれます。

「WebP Codec」は、Windows 上で WebP 画像を表示できるようにするソフトです。
Google によって開発されたウェブ用の画像 “ WebP ” ファイルを、「Windows フォトビューアー」で普通に開けるようにしたり、エクスプローラ上でサムネイル表示できるようにしたりしてくれます。
基本的にインストールするだけで使えるソフトで、特に設定を行ったりソフトを常駐させたりする必要はありません。
(環境によっては、少々設定が必要な場合もある)
普段、ウェブサイト用に WebP 画像を使用したりしている人や、ネット上で WebP 画像を入手したりする機会が多い人におすすめです。
ちなみに、画像ビューア「XnView」は、最初から WebP 画像の表示や編集に対応していたりします。
(同作者の画像変換ソフト「XnConvert」は、WebP 画像の入出力に対応している)

使い方は以下の通り。

    インストール
  1. 「WebpCodecSetup.exe」を実行し、インストールを行います。
    インストールを行う
    インストール途中の「Choose Setup Type」という画面で「Custom」を選択するとインストールするコンポーネントの選択を行うことができますが、通常は「Typical」を選択しておきます。
    Choose Setup Type
    インストールするコンポーネントの選択を行うことも可能
    インストール後の設定
  1. インストールが完了すると、WebP 形式の画像ファイルを「Windows フォトビューアー」で普通に開けるようになっています。
    ファイルの種類を「すべてのファイル (*.*)」にする
    また、エクスプローラでファイルの表示形式を “ 中アイコン ” 以上にした時に、画像の内容がサムネイル表示されるようにもなったりします。
    ファイルの種類を「すべてのファイル (*.*)」にする
    もし、WebP 画像をダブルクリックした時に「このファイルは読み取れません」というダイアログが表示された場合は、下記のような操作を行ってください。
    このファイルは読み取れません
    1. WebP 画像を右クリックし、「プログラムから開く」 → 「別のプログラムを選択」を選択します。
      WEBP 画像を右クリックし、「プログラムから開く」 → 「別のプログラムを選択」を選択
    2. 「このファイルを開く方法を選択してください」というダイアログが表示されます。
      このファイルを開く方法を選択してください
      ここで、下部にある「常にこのアプリを使って .webp ファイルを開く」にチェック → 「Windows フォト ビューアー」を選択して「OK」ボタンをクリックすれば設定完了です。
      一覧の中に「Windows フォト ビューアー」がない場合は、「その他のアプリ」を選択 → 一番下までスクロールし、「この PC で別のアプリを探す」を選択します。
      「この PC で別のアプリを探す」を選択
    3. 「プログラムを開く」ダイアログが表示されるので、「C:\Program Files\Windows Photo Viewer」内にある「PhotoViewer.dll」を選択して「開く」ボタンをクリックします。
      「PhotoViewer.dll」を選択して「開く」ボタンをクリック
      「PhotoViewer.dll」が表示されない場合は、右下にあるファイルの種類を「すべてのファイル (*.*)」にしてください。
      ファイルの種類を「すべてのファイル (*.*)」にする
  2. エクスプローラ上で WebP 画像の内容がサムネイル表示されない時は、「WebP Codec」を再インストールしてみてください。

WebP Codec TOPへ

WebP Codec を紹介しているページです