twitter2excel

twitter2excel の概要や使い方を紹介しています

twitter2excel を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

“ Twitter のつぶやき ” を、CSV&TXT 形式で一括保存!「twitter2excel」。

twitter2excel

● twitter2excel

“ Twitter のつぶやき ” を、CSV &TXT 形式で一括ダウンロードしてくれるソフト。
自分のつぶやきデータ / 自分のタイムラインデータ / 他ユーザーのつぶやきデータ を、超簡単な操作で保存できるようにしてくれます。

「twitter2excel」は、 “ Twitter のつぶやき ” 専用のダウンロードツールです。

  • 自分のツイート
  • (自分の) タイムライン上のデータ
  • 他ユーザーのツイート
を、CSV&TXT 形式で一括ダウンロードしてきてくれる... というツイートダウンローダーで、超シンプルで使いやすいところが最大の特徴。
面倒な事前設定は一切不要で、基本的にTwitter のユーザー名&パスワード、ダウンロードしたデータの保存先フォルダ を指定するだけで使えるようになっています※1
(データのダウンロードは、途中で中断することもできる)
※1 他ユーザーのツイートをダウンロードする時は、該当ユーザーの名前&データの保存先フォルダ を指定するだけでよい。
また、出力されるファイルも実質的にプレーンテキストなので、特に環境を問わずに使えると思います。
ちなみに、各ツイートの投稿時間は、
  • 日時 + 時刻
というフォーマットではなく、
  • ○○ hours (あるいはmonths / years ) ago
というフォーマットになる ので、その点だけ注意してください。

使い方は以下のとおりです。

  1. 「twitter2excel.exe」を実行します。
  2. 左上の「Your user name」欄に、Twitter のユーザー名を入力します※2
    ※2 自分のつぶやきデータ or 自分のタイムライン をダウンロードしたい時のみ入力する。
    (他ユーザーのつぶやきデータをダウンロードする時は、入力しないでもよい)
  3. その下にある「Password」欄に、Twitter のログインパスワードを入力します※2
  4. さらにその下にある「Save to」欄で、ダウンロードしたデータの保存先フォルダを指定します。
    指定方法は、
    1. プルダウンメニューをクリックし、目的とするフォルダが存在するドライブを選択
    2. 下にあるフォルダツリーを使い、目的のフォルダを選択する
    という感じになっています。
  5. 右上にある「Save」欄で、保存するデータの内容を指定します。
    保存するデータは、
    • my tweets - 自分のツイート
    • timeline - 自分のタイムラインデータ
    • another user※3 - 特定ユーザーのつぶやき
    の中から選べるようになっています。
    ※3 「another user」を選択した場合は、目的とするユーザーの名前をすぐ下のフォームに入力する。
  6. 設定が済んだら、左下の「Start」ボタンをクリック。
  7. 確認ダイアログ※4 が立ち上がるので、「OK」ボタンをクリックします。
    ※4 「同名のファイルが存在する場合、上書きされます」という内容。
  8. コマンドプロンプト が立ち上がり、データのダウンロードが開始されます。
  9. データのダウンロードは、通常 14 件ごとに行われるようになっています※5
    ※5 1 回のダウンロードごとに、
      [○○ tweets downloaded]
      If you wish to stop, please close this window.
    というテキストが表示される。
    ダウンロードを途中で停止させたい場合は、頃合いを見てコマンドプロンプトを閉じます。
  10. ダウンロードが完了すると、「Finished downloading.」というダイアログ が表示されます。

処理が完了すると、設定しておいたフォルダ内に「twt2exel」という名前のフォルダが作成されます。
つぶやきデータは、その中に

  • twitter.csv
  • twitter.txt
というファイル名で出力されています。
どちらも、文字コードが “ UTF-8N ” になっているので、必要であればメモ帳などを使って “ Shift_JIS ” や “ Unicode ” に変換しておくとよいでしょう※6
※6 メモ帳で言うと、ファイルを開く → そのままメニューバー上の「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択し、下部の「文字コード」欄で、「ANSI(Shift_JIS)」か「Unicode」を選択 する。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
twitter2excel TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Jerboa

マウスカーソルの移動や表示、ウインドウの切り替えやスクロール 等々の操作を補助してくれる

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 おすすめフリーソフト
 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

スポンサードリンク

twitter2excel を紹介しているページです。