SmartTaskbar

SmartTaskbar の概要や使い方を紹介しています

SmartTaskbar を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

何らかのウインドウが最大化表示になっている時に、タスクバーを自動で隠せるようにする!「SmartTaskbar」。

SmartTaskbar

● SmartTaskbar

何らかのウインドウが最大化表示になった時に、タスクバーを自動で隠せるようにするソフト。
ウインドウの最大化を検知した時にタスクバーを自動で隠し、最大化ウインドウがなくなると自動でタスクバーを再表示できるようにしてくれます。
(マウスカーソルをタスクバー付近に移動させると、非表示中でもその間タスクバーは表示される)
マウスカーソルがタスクバー付近にある時以外は、タスクバーを常時非表示にする機能も付いています。

「SmartTaskbar」は、タスクバーの表示 / 非表示 を半自動で切り替えられるようにするソフトです。
“ 何らかのウインドウが、最大化表示になっている時 ” にタスクバーを自動で隠せるようにするタスクバー表示切り替えツールで、タスクバーの表示をウインドウの状態に応じて自動で切り替えられるようにしてくれます。
ウインドウの最大化表示を検知すると自動でタスクバーが非表示になり、最大化表示から戻ると自動でタスクバーが再表示されるようにしてくれます※1

ウインドウの最大化表示を検知すると、自動でタスクバーが非表示になる
※1 ウインドウが最大化表示になっていてタスクバーが隠れている時でも、マウスカーソルをタスクバー付近に移動させると、その間だけタスクバーは再表示される。
タスクバーが隠れている時でも、マウスカーソルをタスクバー付近に移動させると再表示される

機能の ON / OFF はタスクトレイアイコンから手軽に切り替えられるようになっていて、またこのトレイアイコンから Windows 標準の「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」と同じようなモード※2 に切り替えることも可能となっています。
※2 マウスカーソルがタスクバー付近にある時以外は、タスクバーを非表示にするモード。
マウスカーソルがタスクバー付近にある時以外は、タスクバーを非表示にすることもできる
普段、それほど大きくはないディスプレイを使っている人や、そもそもタスクバーを邪魔に感じたりすることがある人におすすめです。
尚、マルチディスプレイ環境では正しく動作しないようなので注意が必要です。
加えて、Steam や Dell Display Manager 等々、一部相性の悪いアプリケーションも存在するようです。

使い方は以下の通り。

    インストール時の注意
  1. インストールの際に、「Windows によって PC が保護されました」という画面が表示される場合があります。
    Windows によって PC が保護されました
    この画面が表示されたら、左上にある「詳細情報」というリンクをクリックし、それから右下の「実行」ボタンをクリックしてください。
    「実行」ボタンをクリックする
    実際に使う
  1. 「SmartTaskbar.exe」を実行します。
    (インストールが完了すると、自動で「SmartTaskbar.exe」が起動します)
  2. タスクバー上に、アイコンが表示されます。
    タスクトレイアイコン
    デフォルトでは、おそらく自動モード(Auto Mode)が有効になっています。
    自動モードが有効になっている時は、タスクバーの表示 / 非表示 状態が、下記のように変わります。
    • 何らかのウインドウが最大化表示になると、タスクバーが自動で隠れる
    • デスクトップ上から最大化ウインドウがなくなると、タスクバーが自動で再表示される
    ウインドウの最大化表示を検知すると、自動でタスクバーが非表示になる
    タスクバーが隠れている時でも、マウスカーソルをタスクバー付近に移動させると、その間だけタスクバーが再表示されます。
    タスクバーが隠れている時でも、マウスカーソルをタスクバー付近に移動させると再表示される
    タスクバーが表示 / 非表示 される時のアニメーションが鬱陶しい場合は、トレイアイコンを右クリック → 「Animation」のチェックを外しておきます。
    トレイアイコンの右クリックメニュー
    アニメーションを無効化した例
    アニメーションを無効化した例
  3. 自動モードを無効化したい時は、タスクトレイアイコンを右クリックして「Show」を選択します※3
    トレイアイコンの右クリックメニュー
    ※3 タスクトレイアイコンをダブルクリックしてもよい。
    (「Auto」モードの時にダブルクリックすると、モードが「Show」になる)

    「Show」モードは、タスクバーを表示したままにする通常モードのことを意味しています。
    Windows 標準の「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」と同じようなモードにしたい時は、タスクトレイアイコンを右クリックして「Hide」を選択します※4
    ※4 「Show」モードの時に、タスクトレイアイコンをダブルクリックするだけでもよい。
    ちなみに、「Hide」モードの時にトレイアイコンをダブルクリックすると、モードが「Show」に切り替わる。

    「Hide」モードの時は、マウスカーソルがタスクバー付近にある時のみ、タスクバーが表示されます。
    マウスカーソルがタスクバー付近にある時以外は、タスクバーを非表示にすることもできる

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
SmartTaskbar TOPへ
 おすすめフリーソフト
 MPC-BE

高機能なマルチメディアプレイヤー

 CCCP

定番のコーデックパック

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 PinClipBoard

よく使うテキスト / フォルダ / 画像 を “ ピン留め ” する機能を備えたクリップボード拡張ソフト

 Falcon10

タスクバー上にあるタスクバーボタンを、“ 中央寄せ ” して表示できるようにするソフト

 myResources

CPU / メモリ / ディスク / ネットワーク の使用率・使用量 を、リアルタイムに表示してくれるソフト

 SmartTaskbar

何らかのウインドウが最大化表示になった時に、タスクバーを自動で隠せるようにするソフト

 Soft Organizer

アプリケーションのインストール情報を、詳細に解析することができるアンインストールマネージャー

 Bluetooth Version finder

現在使用中のパソコンが、どのバージョンの Bluetooth に対応しているのかを調べてくれるソフト

スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

スポンサードリンク

SmartTaskbar を紹介しているページです