Auto Private

Auto Private の概要や使い方を紹介しています

Auto Private を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

秘密のウェブサイトを、いつもプライベートタブで開けるようにする!「Auto Private」。

Auto Private
制作者 pintassilgo
対応 -

Download

● Auto Private

あらかじめ登録しておいたウェブサイトを、いつも “ プライベートタブ ” で開けるようにする Firefox アドオン。
特定のドメイン / 文字列 を含む URL へアクセスした時に、該当のページがプライベートブラウジング機能付きのタブで開かれるようにしてくれます。
URL は、ワイルドカードで指定することもできたりします。

「Auto Private」は、指定したURL を常にプライベートタブ※1 で開けるようにするFirefox アドオンです。
※1 プライベートブラウジング 機能を持ったタブ。
タブ名の下に、赤い下線が表示される

事前に登録しておいたURL へアクセスした時に、該当のURL が自動で “ プライベートタブ ” で表示されるようにしてくれる... というブラックリスト型のプライベートブラウジング支援ツールです。
“ プライベートタブ ” は現在開いているウインドウ内に表示されるため、いちいちプライベートウインドウを開かなくてもプライベートブラウジングを行えるようになります。
URL は ドメイン 単位で指定することができ、また ワイルドカード を使って登録することも可能となっています。
いつも必ずプライベートウインドウで開きたいサイトがある ” という人におすすめです。
ちなみに、プライベートタブから開かれたリンクも、プライベートタブとして開かれるようになっています。

使い方は以下の通り。
  似たような機能を持ったGoogle Chrome 拡張機能「Incognito-Filter

  1. Auto Private」をインストールします。
    (再起動は不要)
  2. アドレスバー上に
      about:config
    と入力して「Enter」キーを押します。
  3. 「動作保証対象外になります!」という画面 が表示されるので、「細心の注意を払って使用する」ボタンをクリック。
  4. 「about:config」画面 が表示されます。
    この画面の上部にある「検索」欄に、
      extensions.autoprivate.domains
    と入力します。
  5. 「extensions.autoprivate.domains」という項目がフィルタして表示されます
    これをダブルクリック。
  6. 「文字列を入力してください」というダイアログ が表示されます。
    ここに、“ 常にプライベートタブで開きたいサイトのドメイン ” を入力します※2
    ※2 ドメインを複数指定する時は、それぞれのドメインをセミコロンで区切る
    セミコロン = ;

    ドメインは、下記のような形式で指定できるようになっています。
      www.google.com
      • www.google.com 以下のすべてのURL が、プライベートタブで表示されます。
        ( translate.google.com drive.google.com などは、普通のタブで表示される)
      .google.com
      • www.google.com translate.google.com drive.google.com など、google.com のサブドメイン以下のページがプライベートタブで表示されます。
      www.google.tld
      • www.google.com www.google.co.jp www.google.co.uk など、www.google の トップレベルドメイン すべてがプライベートタブで表示されます。
  7. URL の登録が終わったら、「about:config」画面は閉じます。
    尚、URL をワイルドカードやパターンで指定したい場合は、「about:config」画面の検索フォームに
      extensions.autoprivate.parts
    と入力し、表示された「extensions.autoprivate.parts」をダブルクリックします。
  8. 「文字列を入力してください」というダイアログ が表示されます。
    ここに、プライベートタブで開きたいURL を、ワイルドカードやパターンで入力します。
    (URL を複数指定する時は、それぞれのURL をセミコロンで区切ります)
    実際には、次のような感じで入力することになります。
      *yahoo*
      • URL の中に yahoo を含むページが、プライベートタブで表示されます。
      https://twitter.com/(funassyi|meigenbot|ghibli_bot_)
      • https://twitter.com/funassyi https://twitter.com/meigenbot
        https://twitter.com/ghibli_bot_ がプライベートタブで表示されます。
  9. これで設定完了です。
    以後、登録しておいたURL が、自動的にプライベートタブで表示されるようになります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Auto Private TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 GIMP

超高機能なペイントソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 KillKeys

指定したキーを、無効化してくれるソフト

 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

スポンサードリンク

Auto Private を紹介しているページです