Save File to

Save File to の概要や使い方を紹介しています

Save File to を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ファイルや画像を、右クリックメニューからダイレクトに保存できるようにする!「Save File to」。

Save File to

● Save File to

Web ページ上での右クリックメニューから、ファイルをダイレクトに保存できるようにする Firefox アドオン。
Web ページ / 画像 / リンク の右クリックメニューから、選択アイテムを設定済みのフォルダ内に直接保存できるようにしてくれます。
ファイル保存ダイアログ 上でも、設定済みのフォルダを選択できるようにする機能や、設定したフォルダのサブフォルダも、サブメニューから選択できるようにする機能... 等が付いています。

「Save File to」は、ファイルや画像をダイレクトに保存できるようにするFirefox アドオンです。

の右クリックメニューから、選択中のアイテムを設定しておいたフォルダに直接保存できるようにする... というアドオンで、「名前を付けて保存」ダイアログを省いてダイレクトに保存を行えるようにしてくれます。
保存先のフォルダは複数設定することができ、必要であれば “ 設定しておいたフォルダのサブフォルダ ” もサブメニュー内に表示させられるようになっています。
また、保存先として過去に選択したフォルダを “ 最近使ったフォルダ ” として表示させたり、ファイルの保存ダイアログ上でも、設定しておいたフォルダを選択できるようにしたりする機能も付いています。
普段、ファイルや画像を頻繁にダウンロードしている... という人におすすめ。

使い方は以下のとおりです。

  1. Save File to」 をインストールし、Firefox を再起動させます。
  2. アドオンマネージャーを開き、「Save File to」の欄内にある「設定」ボタンをクリック。
  3. 設定画面 が表示されます。
    まず最初の「メイン」タブ内で、次のような設定を行っておきます。
    (必要な場合のみ)
    • 記憶させる最近のフォルダ数※1
    • メニュー毎のフォルダ数
    • サブメニューを左右交互に開く 
    • 中身が空のフォルダは、サブメニューを表示しない
    • 保存ダイアログを常に開く※2
    • フォルダがファイル保存ダイアログで選択されている場合に、ダウンロードを開始しない
    • Firefox を閉じたら、最近使ったフォルダ履歴を消去する
    ※1 最近使ったフォルダを、右クリックメニュー内に何件まで表示させるか... という設定。
    ※2 右クリックメニューから選択したフォルダを開いた状態で、「名前を付けて保存」ダイアログを表示する。
    尚、 の付いたオプションは、画面左下の「詳細」ボタンをクリックした時のみ表示されるものとなっています。

  4. フォルダの登録
  5. 画面上部の「ページ」タブをクリックします。
  6. すると、Web ページ上での右クリックメニュー専用の設定画面 が表示されます。
    Web ページ上での右クリックメニューから、現在のページを特定フォルダ内に保存できるようにしたい場合は、
    • コンテキストメニューの「次のフォルダにページを保存」を有効にする
    にチェックを入れておきます。
  7. 続いて、画面右上にある「追加」ボタンをクリック →「フォルダ」を選択します。
  8. 「新しいフォルダ」という画面 が表示されるので、右側にある「参照」ボタンをクリックし、右クリックメニュー内に組み込むフォルダを選択します。
    選択フォルダ以下のサブフォルダもメニュー内に表示させたい時は、「サブフォルダを表示」にもチェックを入れておきます。
  9. フォルダを選択すると、左側のリストに該当のフォルダが登録されます。
    同様にして、右クリックメニュー内に組み込むフォルダの登録を行っていきます。
    フォルダを間違って登録してしまった時は、該当のフォルダを選択 → 右側にある「除去」ボタンをクリックします。
    (最初から登録されているフォルダも、必要なければ削除してよい)
    登録したフォルダの表示名やパスを変更したい時は、該当のフォルダを選択 →「編集」ボタンをクリックします。
  10. 組み込みたいフォルダを全て登録したら、右側にある「上へ移動」「下へ移動」ボタンを使い、(右クリックメニュー内での) フォルダの並び順を調整しておきます。
  11. ちなみに、「追加」ボタンからは、「区切り線」や「最近の利用」※3、「名前を付けて保存」※4、そしてオプション画面へのリンク も組み込めるようになっています。
    ※3 最近利用したフォルダの名前が表示されるようになる。
    ※4 「名前を付けて保存」ダイアログを呼び出すためのメニュー。
  12. その他、画面左下の「詳細」ボタンをクリックすることで、右クリックした時のアクセスキー※5 を編集できるようになります。
    ※5 右クリックメニュー内に登録した「次のフォルダにページを保存」コマンドを選択する際のキー。
    アクセスキーを編集する時は、次のような操作を行います。
    1. 画面左下の「詳細」ボタンをクリック。
    2. 右上に「P」というボタンが表示されるので、これをクリック。
    3. 「Accesskey を編集」画面 が表示されるので、適宜アクセスキーを設定します。
    以後、Web ページ上で右クリック → 設定したキーを押すことで、「次のフォルダにページを保存」を選択できるようになります。
  13. このようにして、「リンク」 「画像」 「ファイル」タブを開き、それぞれの右クリックメニュー内に登録するフォルダ等の設定を行っていきます。
    「リンク」タブでは、リンクの右クリックメニュー内に登録するフォルダを、「画像」タブでは、画像の右クリックメニュー内に登録するフォルダを、「ファイル」タブでは、ファイル保存ダイアログ 内に登録するフォルダを設定することができます。

  14. 実際に使う - 右クリックメニューから
  15. Web ページや画像 / リンク を右クリックし、 “ 次のフォルダに ○○ を保存 ” を選択 します。
  16. すると、設定しておいたフォルダがサブメニューとして表示されます。
    あとは、この中から目的のフォルダを選択すればOK です。

  17. 実際に使う - ファイル保存ダイアログから
  18. ファイル保存ダイアログ が表示されたら、「Save File to」欄にあるプルダウンメニューをクリック。
  19. すると、設定しておいたフォルダがプルダウン表示されます。
    あとは、この中から目的のフォルダを選択すればOK です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Save File to TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト(スクリプト)

 Windows Update MiniTool

「設定」や「コントロールパネル」に代わり、Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 Argente Autorun

不要アイテム自動検出機能も備えたスタートアッププログラム管理ツール

 Zoom for Microsoft Edge

ウェブページの拡大率(表示倍率)を、詳細に調整できるようにする Microsoft Edge 拡張機能

 Dark Skin for Youtube / Dark Theme for YouTube

YouTube の " ダークモード " を、面倒な設定なしで実装できるようにする(ChromeFirefox

 Magical Jelly Bean Wi-Fi password revealer

パソコン内に保存されている Wi-Fi ネットワークのパスワードを、リストに一覧表示

 おすすめフリーソフト
 エクセルde2ch画像収集

2 ちゃんねる等の特定スレッド内に貼られている画像を、全自動でダウンロード

 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

Save File to を紹介しているページです