History Search

History Search の概要や使い方を紹介しています

History Search を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Omnibox 上から、直接履歴検索!「History Search」。

History Search

● History Search

Omnibox(アドレスバー)上から、履歴検索を行えるようにする Google Chrome 拡張機能。
Omnibox 上に “ h + 半角スペース ” と入力することで、Omnibox を一時的に履歴検索バーとして使えるようにしてくれます。
検索結果は、現在のタブ or 新しいタブ に表示されるようになっています。

「History Search」は、Omnibox(アドレスバー)から履歴検索を行えるようにするChrome 拡張です。
Omnibox の先頭に

    h ( h + 半角スペース)
と入力した時だけ、Web ページではなく履歴内のページをサーチできるようにしてくれます。
検索結果の画面は、普通の履歴検索と全く同じもので、これは現在のタブ or 新規タブ に表示させられるようになっています。
普段、ブラウザの閲覧履歴からサイトを探すことがよくある... という人におすすめ。

使い方は以下のとおりです。

  1. 「History Search」をインストールします。
  2. 履歴検索を行いたい場面で、Omnibox 上に h と入力します。
  3. そのまま続けて、半角スペースを入力します。
  4. すると、入力された “ h + 半角スペース ” が、 History Search ボタンに置き換わります。
    これで準備完了。
    あとは、目的とする履歴のキーワードを入力 →「Enter」キーを押すだけ。

尚、検索結果はデフォルトで現在のタブに表示されるようになっています。
検索結果を新しいタブに表示させたい場合は、拡張機能の管理画面を開き、「History Search」欄内にある「オプション」というリンクをクリック → 設定画面の中段にある「Search in a new tab」にチェックを入れておきます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
History Search TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Free Hide Folder

シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

スポンサードリンク

History Search を紹介しているページです