BitAnalyzer

BitAnalyzer の概要や使い方を紹介しています


違法にアップロードされた動画 / 音楽 のダウンロードは違法になります。

BitAnalyzer を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

軽くて使いやすいネットワークトラフィック解析ソフト!「BitAnalyzer」。

BitAnalyzer
制作者 BitAnalyzer.com
対応 -

Download (公式)
Download (ミラー)

● BitAnalyzer

シンプルかつ軽量なストリーミングメディアのURL 解析ソフト。
ネットワークから受信しているファイル(URL)をリアルタイムにリスト表示し、その中から目的のURL をクリップボードにコピーすることができます。
対応しているプロトコルは、HTTP / MMS / RTSP。
リストに表示するURL を、拡張子でフィルタリングする機能などがあります。

「BitAnalyzer」は、ストリーミングファイルの本体URL を解析することができるソフトです。
ブラウザ 等で再生しているWindows media ストリーミング、Realmedia ストリーミング、フラッシュビデオ、 MP3 などのストリーミングファイルの “ 本体URL ” を、簡単に解析することができます。
インターフェースはシンプルで分かりやすく、設定という設定もほとんどないので、とにかく簡単に使えるところが大きな特徴※1
(また、ファイルサイズも66.5KB と非常に軽量)
※1 「BitAnalyzer」でできるのは “ ストリーミングファイルのURL 解析 ” までで、ファイルを実際にダウンロードすることはできない。
ストリーミングファイルをダウンロードするには、「GetASFStream」 などのダウンローダーが必要。

解析したURL を一発でコピーする機能や、URL を拡張子でフィルタリングする機能、ウインドウを常に最前面に表示する機能 などがあります。

使い方は以下のとおり。

  1. 「BitAnalyzer.exe」を実行します。
  2. ツールバー上の「Options」ボタンをクリック。
  3. ここの「Analyze All URLs」のチェックを外しておきます。
  4. 下部の「Do not analyze the file types below」欄に、
      受信したデータのうち、リストに表示させないもの
    を入力します。
    デフォルトで、HTML / JS / CSS などのテキストファイル、JPG / GIF / ICO 等の画像ファイルが登録されているので、通常はそのままでよいでしょう。
  5. 「OK」をクリックし、メイン画面に戻ります。
  6. ブラウザを起動し、URL の解析を行いたいストリーミングメディアのあるページを開きます。
    この時、極力 “ 解析を行うストリーミングメディアのページだけ ” を開くようにします※2
    ※2 複数のページを開いてしまうと、それだけ受信するデータの数が多くなり、収拾がつかなくなる。
  7. ツールバー上の「Start」ボタンをクリック。
  8. 「Adapter Information」というウインドウが開きます。
    この中から、アクティブなネットワークアダプタを選択 →「OK」をクリックします。
    どれがアクティブなアダプタか分からない場合、「Adress」欄にプライベートIP アドレスが表示されているものを選択します※3
    ※3 「Win」+「R」を押して「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、「cmd」と入力 →「ipconfig」と入力して「Enter」キーを押すと、IP アドレスを確認できる。
  9. ストリーミングファイルを再生します。
  10. しばらく待つと、ネットワークから受信しているデータ(ファイル)が随時リストに一覧表示されます。
    この中から目的のものを選択し、ツールバー上の「Copy」ボタンをクリックします。
    目的のものがどれか分からない場合は、
    • URL が、「rtsp://」で始まるもの
    • URL が、「mms://」で始まるもの
    • 先頭カラムに、「WMV」と表示されているもの
    • 先頭カラムに、「RM」と表示されているもの
    • 先頭カラムに、「FLV」と表示されているもの
    のいずれかの情報を目安にして下さい。
  11. 目的とするファイルのURL が解析できたら、「Stop」ボタンをクリックします。
    URL が中々解析されない場合、「Options」ボタンをクリック →「Analyze All URLs」にチェックを入れ、再度解析してみます。
  12. あとは、コピーしたURL を「GetASFStream」などのソフトに送ればOK※4
    ※4 URL が「http://」で始まるものは、そのままブラウザのアドレスバーに貼り付ければよい。
ほかにも、解析結果をクリアする機能、ウインドウを常に最前面に表示させる機能 もあります。

このソフトを使用するには、「WinPcap」 をインストールしている必要があります。

BitAnalyzer TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 foobar2000 で、VST プラグインを利用できるようにする

音楽プレイヤー「foobar2000」上で、VST プラグインを利用できるようにする方法

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 Quiet on the Set

システム音量に “ 上限値 ” を設定できるようにするソフト

BitAnalyzer を紹介しているページです